XRPとは

XRPとは

XRP(リップル/エックスアールピー)とは、Rippleネットワークのネイティブな通貨です。ドルやユーロとは違い、XRP は生来の電子的な資産(Digital Asset)であり、Ripple内にのみ存在します。1000億XRPがRipple Ledger内にプログラムされ、Rippleプロトコルのルール上、それ以上は発行されることがありません。Ripple内の他の全ての通貨が IOU(つまりゲートウェイが発行する負債)として存在するのに対し、XRP はRipple内で唯一の資産となる通貨です。この仕組みは、バランスシート上に記載される資産と負債の関係として説明することができます。この性質を利用してユーザーが第三者のカウンターパーティーリスクを負うことを承諾することなく、インターネット上で価値の交換を実現するのが XRP の目的です。

出典: Ripple Labs, Inc.

出典: Ripple Labs, Inc.

発行数量と最小単位

XRPの最小単位は1 XRPの100万分の1(0.000001)で、この最小単位を”drop”と呼びます。つまり 1 XRP = 1,000,000 drops です。総発行量の1000億という数字は人的要因により決定されました。dropsの64ビットの精度のうち1ビットをXRPフォーマットを表すフラグ、1ビットを符号、3ビットを未使用領域として合計5ビットがフラグとして割り当てられています。1000億XRPは100,000,000,000,000,000 dropsであり、これは64ビットから前述の5ビットを差し引いた59ビットの符号無し整数(unsigned integer)に収まります。

100,000,000,000,000,000 = 10^17 = 10^11 * 10^6
576,460,752,303,423,488 = 2^59

ブリッジ通貨としての役割

XRP はブリッジ通貨としてRippleプロトコルを利用した両替と送金を媒介します。この仕組みを実現するために、リップルはオートブリッジという機能を提供します。例えば 1JPY=1XRP と 0.01USD=1XRP の注文が同時に出された場合、オートブリッジは2つのオーダーブックを合成し、1JPY=0.01USD の取引を可能にします。

Offer Autobridging

XRP によってオーダーブックが合成されている様子はリップルチャートで確認することができます。例えば、USD/JPY のオーダーブックを開き BID/ASK の注文の上にマウスカーソルをあわせると AUTOBRIDGED と表示されることがわかります。これは該当するオーダーブックがリップルのオートブリッジ機能により合成されていることを意味します。

Autobridging

手数料

Rippleネットワークにアクセスするには、微小な額ながらも、いくらかのXRPが必要となります。これらはトランザクションに対する手数料と永続性を維持するための担保として利用されます。この設計の目的は、攻撃者をすばやく破産させ、ネットワークがスムーズに機能し続けるようにすることです。Rippleネットワークに対する攻撃はすぐに高価になりますが、一般ユーザーにとっての費用は実質的に「無料」のままであり続けるようになっています。詳しくは、『手数料(曖昧さ回避)』を参照してください。

エスクロー

エスクローとは、互いに信用ができない2者間で取引が行われる際に、取引の橋渡しを行う仲介人です。例えば Yahoo!オークションでは、出品者と落札者との代金のやりとりを安全に行なうためのエスクローサービスが提供されています。これにより、商品を送ったのに入金されない、入金したのに商品が送られてこないといったトラブルを防いでいます。リップルでは XRP に実装された Suspended Payments の機能(SusPay)によりエスクローを実現します。通常、エスクローサービスを利用するには、第三者であるエスクローを信用する必要がありますが、リップルは XRP にこの機能を持たせることでその必要性を排除しています。SusPay は支払いを途中で保留する機能で、Suspended Payment が完了して送金先が XRP を受け取るまで、または Suspended Payment がキャンセルされるまで、それ自身のレジャーエントリーの中に指定された数量の XRP を一時的に隔離します。もし、Suspended Payment がキャンセルされた場合には、SusPay を作成したアカウントに XRP が返金されます。この機能は、リップルがインターレジャー・プロトコル(ILP)を利用する上では欠かせない機能の一つです。

Suspay は Escrow に統合されました。

ペイメントチャネル

ペイメントチャネル(Payment channels)は、単一の送金先に対する XRP の取引をオフレジャー(台帳の外)で行う機能です。この機能はマルチサインを利用することで実現されます。チャネルはそれ自身のレジャーエントリーの中に、その所有者のXRPを隔離します。所有者は署名されたオフレジャーのメッセージを受取人に渡すことで、所有者がチャネルに預け入れた残高まで受取人が請求することを許可できます。オフレジャーで取引を行うことで、取引を行う金融機関はRippleネットワークに手数料を支払う必要がなくなり、取引のプライバシーも完全に保護されます。また、取引が毎回レジャーに書き込まれないため、RCLの性能に依存しない高速な取引を実現します。チャネルは、ILPトラストラインの断続的なオフレジャー決済を可能にすることを目的としています。

XRPの配布

XRP の配布はリップル社とその子会社によって計画的に行われています。配布量はXRPポータルで公表されており、2016年9月4日現在、約353億XRPが配布済みです。内訳は当サイトのXRP配布の内訳を参照してください。リップル社は、2016年8月に総発行量のうち500億XRPを2021年末まで同社が保有することを発表しました。これにより、今後配布されるXRPの数量は非常に限られたものとなりました。XRPポータルによれば、リップル社は金融機関やヘッジファンドなどの大口の投資家に対して直接販売する窓口を設けている他、XRPの報酬プログラムによるプログラム的な配布が計画されています。

XRPの価格

XRP の価格は2014年初頭に大きく下落しました。これはリップル社の共同創業者である Jed McCaleb が会社の運営方針について他の創業者と折り合いが付かなくなり、自身が保有する90億XRPを市場で売却することを宣言したのが原因です。その後、リップル社と Jed McCaleb は和解をし、自身と家族が保有するXRPのうち約53億XRP をリップル社の管理の元で契約に従って売却し、20億XRPはドナー・アドバイズド・ファンドに寄付することが決定しました。この時点で Jed McCaleb が市場で売却を行ったのは約17億XRPであることがわかっています。このような経緯もあり、この記事を書いている2016年9月10日現在のXRPの価格はビットコインの価格の10万分の1以下です。