黒い砂漠

cc_banner_728x90

黒い砂漠について

黒い砂漠は基本プレイ無料のパソコン用のゲーム(MMORPG)です。MMORPGですが、紹介動画のとおり戦闘スタイルは無双ゲームと格闘ゲームの良さを組み合わせたような感じです。レベルを上げると各キャラクター固有のスキル(技)を習得でき、その技を組み合わせてコンボを組み、フィールド上の敵モンスターや他のプレイヤーと戦います。MMORPGなので、広いワールドマップ上で様々なクエスト(依頼)をこなしながら物語を先に進めていきます。より強い敵モンスターと戦うために、最大5人のパーティーを組んで共同でゲームを進めることもできます。

さらに行く先々の村や町で労働者を雇い、料理・錬金術・釣り・貿易といった生産活動を通じてゲーム内通貨(シルバー)を稼ぐことができます。目的はゲーム内のアイテム取引所を通じて他のプレイヤーが出品する強力な装備(武器や防具)を購入することで、キャラクターを強化することです。強力な装備は生産活動を通じて自分で作ることもでき、それらを取引所で売ってより強力な武器を入手することもできます。自分で料理を作って食べることで(一時的に)戦闘力をアップすることも可能です。

『黒い砂漠』は無料MMORPGの中でも最も出来が良いと評されています。数年間かけて拡張されたワールドマップは広大で、移動には馬・ラクダ・ロバ・象・馬車を利用することができ、それらの搭乗物もレベルを上げたり装備を強化することが出来ます。また、馬は交配することで世代を上げ、最終的には空を飛ぶペガサスにすることもできます。2018年8月にはリマスター版が発表され、対応するグラフィックカードを搭載するパソコンで高画質のプレイを楽しむことができます。

ゲーム内では『ギルド』と呼ばれるチームを作ることができます。ギルドの目的はギルド間の戦争(対人戦)です。つまり、このゲームには PvE(対モンスター)、PvP(対人戦)の他に GvG(グループ間の戦争)という重要なゲーム要素が組み込まれています。ギルドに参加することでプレイヤーはギルドからスキルや搭乗物などの恩恵を受けることも出来ます。

そして最も重要なことは、このゲームは無課金でも何の支障もなくプレイすることが出来るほどゲームバランスが良いということです。アバターなどの課金アイテムも取引所を介してゲーム内通貨で購入でき、他のMMORPGで課金要素となる倉庫スペースも同様にゲーム内通貨で拡張できるため、あえて課金しなければいけない要素はありません。また、課金をしたからキャラが強くなるということはありません。費用対効果で課金をするか、ゲームをプレイして入手するかの選択となるものが殆どです。

サーバー

リップラー専用のギルド『りっぷらー』を作って暇なときにリップラー同士で遊んでいます。狩りには主に次のチャンネルを利用していますが、サーバーの混雑状況によっては他のチャンネルも利用します。情報交換は Discord のチャット部屋で随時行っています。

  • Olvia[新規&復活]-4ch
  • Balenos-4ch

まとめサイト

PCの要求スペック

意外と5年前のノートPCでも画質を落とせば普通に遊べます。ただし、ノートPCの場合は高負荷で長時間ファンが回り続けると故障の原因にもなるのであまりお勧めはしません。CPUはCore i5以上であれば、CPUの性能がボトルネックになることはありません。グラフィックはどこまでの品質を求めるかによりますが、フルHDで1秒間に60フレームを表示できる一般的なリフレッシュレートのモニターを使っている場合は、通常モードで最も画質が高い「Very High」の設定でも GeForce GTX 1050Ti で60FPS前後のフレームレートが出ます。ただし、ビデオメモリ(VRAM)は4GB以上ないと辛いです。これから購入するのであれば GeForce GTX 1060 6GB以上がお勧めです(既に後継のRTX 2060が発表されています)。このあたりの検証は以下のブログが参考になります。

リマスターモードやウルトラモードでプレイする場合は別次元のスペックが要求されます。2019年1月時点では、最低でも5万円前後の比較的高価なグラフィックボードが必要になるでしょう。

GeForce GTXシリーズと後継のRTXシリーズの違いは次の情報が参考になります。

少し古いグラボの情報は次のブログが参考になります。が、古いチップは消費電力が高く、電気代を考慮すると今からわざわざ古いチップを選択するメリットは無いかもしれません。

クラス紹介

プレイガイド

マップ

装備

ワールドボス

用語集

cc_banner_728x90