Ripple共同創業者によるXRPの売却が終了

- Category - Ripple

ヤクブーツはやめろのSHOさんが仮想通貨投資をラップで解説!

ジェド売りが終了

先週末、リップル社共同創業者のジェド・マケーレブによるXRPの売却『ジェド売り』が終了しました。これについて、リップル社から声明が出ているので、以下に和訳を掲載します。

先週末、ジェド・マケーレブは彼の “tacostand” ウォレットにある最後の XRP を売却しました。彼は、XRP Ledger が作成された2012年に、もともと90億単位の XRP を所有していました。

多くの皆さんがジェドの XRP 保有を注意深く観察し、興味を持っているので、私たちはこの機会を利用して、ジェドの XRP 保有の背景と、そのデジタル資産の最大の個人保有の1つの分配について説明したいと思います。

XRP Ledger の簡単な歴史

2011年、ビットコインのブロックチェーンのコードを書いていた3人のエンジニア、デイビッド・シュワルツ、ジェド・マケーレブ、アーサー・ブリットは、より効率的な価値の移動に適した、取引速度と拡張性に焦点を当てたブロックチェーンを作ることを目的にXRP Ledgerの開発を開始しました。その後まもなくXRP Ledgerがローンチされると、XRP Ledgerのコードによって1000億XRPが自動的に生成され、コードベースで新たなXRPの生成はできないことが決まりました。

2012年9月、ジェド、アーサー、クリス・ラーセンはリップル社を設立し(当時の社名はニューコイン社)、XRP Ledgerの創設者たちは800億XRPを同社に寄贈しました。残りの200億XRPは、ジェド、アーサー、クリスの3人が保有しました。

ジェドのリップル社退社&偶然の億万長者の誕生

数ヶ月後、ジェドのビジョンと会社のビジョンが一致しないことが明らかになり、最終的に彼は2013年6月に退社することになりました。彼の役割は限定的で、会社の戦略や運営に影響を与えることはありませんでしたが、彼は保有しているXRPの大部分を可及的速やかに売却する意向を表明しました。

ジェドの退社後、ジェド氏は2013年から先週末まで、定期的にXRPを市場に売却していました。

オンゴーイング・サーガ

最終的に、2016年の合意で、次のような骨子が示されました:

・ジェドとその子供たちの残りのXRP、約53億はすべてエスクローに預けられ、XRPは和解契約と一致する方法で放出される。

・ジェドは、XRP市場の一日の取引量に基づき、残りのXRPを売却することが許可される。

・ジェドは、20億XRPを自分の選んだ慈善基金に寄付することが要求される。

また、ジェドはリップル社の全株式を売却することに同意しました。

XRPコミュニティとの連携

このような騒動にもかかわらず、リップル社から独立した開発者や起業家は、XRP Ledger のネイティブな属性とユニークな機能を活用して、価値を動かすための開発を続けてきました。今日、XRP Ledger はクロスボーダー決済やカストディからマーケットプレイスやNFTに至るまで、何百ものユースケースをサポートしています。私たちはXRPコミュニティからインスピレーションを受け続け、畏敬の念を抱き、共に新しい未来を築き続けることを楽しみにしています。

 

出典:The Stand is Finally Out of Tacos

以上です。

コインチェック