【和訳】企業の支払い

- Category - Ripple
BITPOINT

和訳:
銀行は新しいタイプの法人顧客の出現を目の当たりにしています。

UberやAirbnb、Amazonのことを考えてみましょう。彼らは設立当初からグローバル企業です。

そして、消費者とサプライヤーを直接繋ぐビジネスを運営しています。

Rippleと協業することで、銀行はリアルタイムでオンデマンドに異なる支払いネットワークを横断して少額の送金をする必要がある、これらの新しいタイプの顧客にサービスを提供することが出来るようになります。

ここに、これらの新しい法人の1つのために銀行から提供される仮想の財務管理システムがあります。

彼らのビジネスは、世界各地の卸売業者に対する大量の少額支払いを処理することを彼らに求めています。

財務担当者は、彼らの預金残高をリアルタイムに把握し、ファイルをインポートすることで一括払い取引の処理を選択します。

インポートが終わると、Ripple はコンプライアンス・スクリーニングのための主要な取引情報を検証します。

Rippleに対応した銀行が、支払い額、総費用、納期の見積もりの通知を返していることに注目してください。

他の銀行は、このレベルの詳細を提供することができません。

重要なことは、この情報は事前に開示することができ、ドッド=フランク法1073条およびバーゼルIIIガイドラインの遵守要件を満たします。

これは決済前に行われるため、関連するすべての銀行に対して高いSTPレートと安い運用コストを確実にします。

インポートが完了すると、財務担当者はバッチファイルに別の支払いを追加します。

この支払いの受取人はRippleに対応した銀行を利用しています。

そのため、Rippleは口座と受取人の情報を検証し、支払総額を提示します。

支払いが送信されると、Ripple決済のステータスが表示され、数秒以内に支払いが行われます。

これとは対照的に、Ripple決済ではない取引では、決済が完了するまで待たなければなりません。

Ripple決済には重要な取引の明細が含まれます。

例えば、アリスの支払いには、FXレート、送金機関および受取機関の手数料、および請求書などの関連するリッチデータが表示されます。

Rippleを使用することで、銀行は小額のグローバルな支払いをリアルタイムに確実に提供できます。

ripple.com/contact からグローバルなリアルタイム決済ネットワークに今日参加しましょう。

BITPOINT