【和訳】RippleNetを利用した中小企業の支払い

- Category - Ripple
BITPOINT

和訳:
国際的なサプライヤーに支払いを行う中小企業にとって、日常はシンプルとは掛け離れています。彼らの支払いのニーズは益々複雑になっています。しかし、世界の決済インフラは1970年代以来ほぼ同じ水準にとどまっています。そして、あなたが中小企業の支払勘定チームに所属している場合には、あなたはいくつかの重大な障害を抱えています。

  1. 支払いに請求書を添付することができません。
  2. 支払いの総費用とタイミングの可視性は限られています。
  3. おまけに、支払いが実際にいつ到着するのかを確かめることができません。そして、それが到着しなければ、調査は面倒で高い費用がかかります。

私たちは RippleNet を利用してこれらの障害を解決します。それは中小企業顧客にグローバルな送金をするための摩擦のない体験を、今日提供できる銀行と決済プロバイダーのネットワークです。

ここに見本があります。私たちはアルファ社の支払い履歴のダッシュボードを見ています。これは金融機関から提供されたもので、現在それは銀行から提供されます。アルファ社はタイのKC工場からの請求書を受け取りたいとします。現在、銀行には工場の請求書を簡単にアップロードしてスキャンし、彼らの ERP に支払い情報が自動入力される機能が提供されています。xCurrent のバックエンドでの機能を利用することで、アルファ社の問題は完全に解消されました。

  1. 彼らは受取人のアカウント情報を即座に検証して、失敗を避けることができます。
  2. 彼らは支払いの総費用についてリアルタイムで見積もりを受け取ります。
  3. そして、彼らは正確な支払額と納期を知ることができます。

彼らが送信ボタンをクリックすると、支払いは請求書とともにリアルタイムで受取人に送付されます。タイのサプライヤーには、支払いの決済記録が請求書番号とともに送付されます。これにより、アルファ社は手動で行っていたプロセスを自動化されたものに置き換え、ゼロかそれに近い労力でリコンサイルを行うことができます。

アルファ社にとってのメリットを要約しましょう。

  • すべての支払いへのリッチデータの添付を通じた簡単なリコンサイル。
  • 総費用と納期に関するエンドツーエンドの透明性を通じたカスタマーエクスペリエンスの向上。
  • そして、支払いのリアルタイム決済によって提供される完全な確実性を通じた心の安らぎ。

詳細については、ripple.com までお問い合わせください。

BITPOINT