リップル社が暗号通貨とデジタル資産の規制フレームワークを発表

- Category - Ripple

ヤクブーツはやめろのSHOさんが仮想通貨投資をラップで解説!

リップル社が暗号通貨とデジタル資産の規制フレームワークを発表

11月16日、リップル社から『A Real Approach to Cryptocurrency Regulation』(暗号通貨規制への真のアプローチ)と呼ばれる暗号通貨とデジタル資産の規制のためのフレームワークが発表されました。

このフレームワークは、米国における将来の暗号通貨規制とリップル社とSECの和解に重大な影響を与える可能性があるものなので、以下に発表の全文を和訳したものを掲載します。

本日、リップル社は、暗号通貨とデジタル資産の規制のためのフレームワーク『A Real Approach to Cryptocurrency Regulation』(暗号通貨規制への真のアプローチ)を発表します。このアプローチは、暗号通貨とデジタル資産のダイナミックな能力を考慮した、迅速かつ実用的な方法を提供するためのものです。私たちは、官民連携、既存の規制フレームワークの適応、暗号通貨イノベーションのサンドボックスの育成によって、最良の公共政策の成果が得られると考えています。

リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は、「暗号通貨とブロックチェーン技術には、我々の業界に特有の課題に対処し、改善するために設計された明確な規制とライセンスのフレームワークが必要です。このフレームワークで議論されているすべての提案された措置は、業界、市場、そして消費者に法的な明確さを提供することを目的としています」と述べています。

政策立案者は、暗号通貨とデジタル資産の複雑さと多様性を理解し、より多くのことを学びたいと考えるようになっています。リップル社は、専門知識を共有し、暗号通貨を対象とした初期の公共政策をより良く伝えるためのリソースとしての役割を果たす機会を歓迎しています。

リップル社のパブリック・ポリシー責任者であるスーザン・フリードマンは「暗号通貨のための効果的な政策フレームワークを開発することは、民間と公共の関係者の間で明確なコミュニケーションと協力があって初めて可能になります」と述べ、「このような話し合いにより、業界と広範なエコシステムが規制当局から求めている規制の明確化、および規制当局が業界に要求すべき要件の種類について、私たちの見解が形成されました」と述べています。

今回の提案は、暗号通貨とブロックチェーン技術の解き放たれた可能性を活用する規制フレームワークに対する我々の希望を反映したものです。

立法案の核は官民連携であるべき

暗号通貨の規制を目的とした法律や政策のフレームワークは、規制当局と市場参加者との活発な対話を促進するものでなければなりません。官民協働により、業界と消費者のために、よりカスタマイズされた効果的な政策結果が得られます。

このようなオープンな対話を促進することは、まさに「Eliminate Barriers to Innovation Act」の目的でもあります。この法案は、証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)の任命者と、フィンテック企業、金融会社、中小企業の代表者で構成される共同作業グループの設置を義務付けるもので、下院を通過し、現在は上院で審議中です。

既存の金融規制案を暗号通貨の規制に適応させることができる

米国の金融市場はトップクラスと言われていますが、それは既存の規制のフレームワークのおかげでもあります。私たちは、このフレームワークが、暗号通貨に固有の特性を考慮したものであれば、イノベーターが求める透明性と、消費者が求める市場保護を提供することができると考えています。これを実現するために、2つの立法案があります。

Securities Clarity Act(SCA)は、「Investment Contract Asset」(投資契約資産)という新しい用語を提案し、そのような資産は、その資産が含まれていたかもしれない有価証券の募集とは別個のものとみなされるべきであることを明確にしています。Digital Commodity Exchange Act(DCEA)は、SCAを補完するもので、「デジタル商品取引所」の定義を連邦政府が定め、商品デリバティブ市場と同様の登録・監督権限をCFTCに課すことを目的としています。SCAとDCEAは、よく理解されている既存の金融規制のフレームワークの中で、暗号通貨とブロックチェーンが表すイノベーションに適応させようとするものです。

暗号通貨のイノベーションのためのサンドボックスを育成し、奨励すべきである

イノベーションを促進し、暗号通貨の一貫した規制フレームワークを開発するためには、我々はイノベーション・サンドボックスを育成し、検討する必要があると考えています。米国の金融規制当局は、ネットワーク開発者が一定の条件を満たせば、連邦証券法を遵守する必要なく、限られた期間内に製品を発売し、ネットワークを開発することができる「セーフハーバー」体制の構築を奨励すべきです。イノベーション・サンドボックスは、官民の協力によって合理的な規制の基礎を形成することができる典型的な例です。

リップル社は、上記の各提案が規制の明確化をもたらし、米国内のイノベーションと産業の成長を促進すると考えています。これは、米国が誇る強力な消費者・投資家保護を維持しつつ実現できるものです。

リップル社から発表された『A Real Approach to Cryptocurrency Regulation』の和訳は次のページに掲載しました。

コインチェック