風説に対するリップル社の声明

BITPOINT

このページでは、XRPに関する風説を払拭するためにリップル社が発した声明をまとめています。


XRPに関する6つの迷信 (日本語原文)
日本で出回っている XRP に関する風説に対し、リップル社が公式に発した日本語の声明です。コミュニティの要望により英語にも翻訳されました。

この声明には、次の6つの風説に対するリップル社の声明が含まれます。

  1. Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。
  2. Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。
  3. RippleがXRPの価格をコントロールしている。
  4. 銀行はXRPを使わない。
  5. 流動性提供者がXRPを使うのはリスキーである。
  6. XRPの価値はRipple社の会社としての価値に反比例する。Ripple社のプロダクトが銀行に採用されることは、XRPのデジタル資産としての成功には無関係である。

XRPについて知っておくべき10の重要な事柄(和訳)

XRPについての混乱、謎、憶測を払拭するために、リップル社がXRPについて知っておくべき10の重要な事柄を説明しています。

RippleとXRPに関する9つのFAQ(和訳)

Ripple/XRPに関する問い合わせの急増を受けてリップル社が2018年1月に出した9つのFAQです。

BITPOINT