XRPについて知っておくべき10の重要な事柄

BITPOINT

XRPについて知っておくべき10の重要な事柄

XRPについての混乱、謎、憶測を払拭するために、リップル社がXRPについて知っておくべき10の重要な事柄を説明しています。

以下は和訳です。

XRPは金融機関や決済プロバイダー向けに設計された唯一のデジタルアセットです。

多くのデジタルアセットは明確な目的を有していません。価値を貯蔵するためや、商品を買ったり、個人間の取引に使うなどできるかもしれませんが、一つの明確なアプリケーションを念頭に設計されていないことが多いです。それに対して、XRPは価値移転のためのデジタルアセットであり、法人向けに設計されました。つまり現実的なクリアなユースケースをもつ数少ないデジタルアセットの一つです。

XRPは最もスケーラブルなデジタル資産です。

XRPは、最も高速でスケーラブルなデジタル資産です。 信頼できる技術とガバナンスの5年間の実績は、金融機関と企業による利用を実現します。稼働以来、すべてのレジャーが問題なくクローズされています。さらに、XRP Ledgerは、毎日止まることなく毎秒1,500トランザクションを処理し、Visaと同じスループットまでスケール可能です。他のデジタル資産は強力なユースケースを構築することに苦労しましたが、XRPは支払いのためのベストなデジタル資産であり、究極的には価値のインターネットを実現します。

XRPは法定通貨の間のブリッジ通貨として機能する。

ビットコインなどの一部のデジタルアセットは既存の政府が保証する通貨を代替することを目的としています。XRPは10以上のデジタル取引所において法定通貨と取引されており、国境を越えて価値が速く効率的に移動することを可能とします。例えば、韓国のサプライヤーに支払いをしなければならないメキシコの会社は、現在は韓国の銀行口座に事前に払い込みをしておくか、または銀行などの外国為替プロバイダーを通して送金する必要があります。どちらの方法もコストと時間がかかります。XRPを使えば、会社が使用するメキシコの銀行または決済プロバイダーが即時にオンデマンドで支払いをすることができます。銀行口座への事前の払い込みや外国為替手数料を不要とするXRPは、より素早い低コストな決済を可能とします。

XRPはより速く、低コストで、信頼性の高い国際送金を可能とする。

XRPは国際送金を行う銀行と決済プロバイダーに対して信頼性が高いオンデマンドの流動性を提供します。今日、一つの国から別の国に銀行を通して送金を行うにはおよそ3〜5日かかり、通常高い手数料と送金が遅延する(または失敗に終わる)リスクがつきものです。代替手段として、相手の国にある銀行口座に事前に払い込みをしておくこともできますが、これには貴重な運転資金が捕らわれてしまうことになります。XRPは、非常に小さいコストで平均決済時間が4秒での決済を可能とし、これらの既存の問題点を解決するソリューションの構成要素となります。金融機関はリアルタイムでオンデマンドの流動性を調達することが可能となり、外国為替手数料を支払うことなく、またノストロ口座への事前振込も不必要となります。XRPによって金融機関に新たな市場に進出することができ、外国為替コストを下げ、顧客に対してより速い決算手段を提供します。

XRPはより速い国際送金を実現する全体的なネットワークソリューションの一要素である。

Rippleは国際送金における問題を解決し、情報と同じように価値が効率的に移動することができる「価値のインターネット」を実現することにコミットしています。私たちのソリューションには、送金の共通スタンダードを作り、現在接続されていない台帳やブロックチェーンを繋げるデジタルアセットとしてのXRPの役割を想定しています。

XRPはビットコインよりもスケール拡大が可能で決済時間はより速い。

ビットコインは1秒あたり7件の取引を処理することができ、取引が決済されるには2時間以上かかります。Visaなどの伝統的な決済サービスが1秒あたり2,000件の取引を処理できることを考えると、ビットコインは典型的な顧客のデマンドに応えるためのスケーラビリティは有していないということは明確です。XRP Ledgerは1秒あたり1,000件の取引をリアルタイムで処理することができ、Visaと同等のスループットにまでスケールアップすることが可能です。

XRPは安全である。

XRP LedgerはXRPの取引が発生し記録される台帳です。これはオープンソースのコードベースであり、信頼されるバリデーターのコミュニティとアクティブにソフトウェアを開発し維持するフルタイムのエンジニアによってサポートされています。開発当初から、XRP Ledgerは分散化によって、より堅牢で単一障害点に耐性を有するネットワークになっており、この分散化のプロセスは今日も継続しています。

XRPはビットコインのようなマイニングを必要とするデジタルアセットよりもよりサステイナブルである。

ビットコインはマイニングを必要とするデジタルアセットです。つまり、”proof of work”と呼ばれる複雑な数学問題を処理する巨大なデーターセンターによって継続的に新たなコインがマイニングされています。この非効率なシステムは多大な電力を必要とします。1つのコインを生産するのには 米国の3.67軒の家庭が1日に消費する電力が必要となり、そのため、持続可能でないと言われています。それに対して、XRPはマイニングを必要としないデジタルアセットです。つまり、現在存在するXRPの1つ1つはすでに作られたものです。その多くはRipple社が保有し(550億単位はエスクローに預託されています)、残りは企業や個人によって保有されています。

XRPはまさに未来である。

銀行やその他の金融機関がデジタルアセットを日々の業務で使用するのは、「するかどうか」の問題ではなく、「いつするか」の問題です。今後、デジタルアセットの分野において誰が勝者となり、誰が敗者となるかは見ものとなるでしょう。私達はXRPが成功することに絶対的な自信を持っています。何故ならば、XRPは金融機関が国境を跨いで素速く低コストで簡単に送金できるようにするという目的を持っており、これはどの国のビジネスや消費者にとっても非常に重要なことだからです。

XRPは簡単に購入することができる。

投資家の分類によってXRPの購入の仕方は異なります。金融機関はRippleに直接コンタクトするのが最も良いでしょう。個人の投資家には様々な購入の仕方があります。XRPを取り扱っているデジタル取引所のサイトを訪ね、そこから購入することができます。

BITPOINT