SBI FXトレードがXRPのCFD取引サービスを開始

- Category - Ripple

SBI FXトレードが暗号資産CFD取引サービスを開始

リップル社の大株主であるSBIグループ傘下のSBI FXトレードが、8月31日午前7時から日本のFX専業会社として初めて暗号資産CFC取引サービスを開始すると発表しました。同社が取扱う暗号資産はBTC、XRP、ETHの3種類で、24時間365日の取引が可能となります。

CFDとは:
CFDとは差金決済取引(Contract for Difference)のことで、有価証券の受渡しを行わずに売買価格差等に相当する金銭の授受のみにより差金決済する取引です。証拠金を預けてレバレッジ取引を行うFXもCFDの一種ですが、一般には外国為替を取り扱うものをFXと呼び、それ以外の株式や株価指数や債券等のものがCFDと呼ばれます。

今年5月1日の金融商品取引法の改正法施行により暗号資産の法的な取り扱いが明確になったことで、これまで投資家に対して株取引や外国為替取引(FX)などのサービスを提供してきた金融商品取引業者(証券会社、FX会社など)が暗号資産デリバティブのサービスを正式に提供できるようになりました。今年7月8日にはネット証券大手のマネックス証券が先行して暗号資産のCFD取引サービスを開始していました。

SBI FXトレードの参入で国内ネット証券大手2社が暗号資産CFD取引サービスを開始したことになりますが、SBIグループが同グループのFX事業者でサービスを開始したのは暗号資産を為替取引に応用しようという戦略からであると思われます。今後も他の金融商品取引業者が暗号資産の取り扱いを開始することで、一般投資家にとって暗号資産取引がより身近なものになるでしょう。

 

cc_banner_728x90