Rippleを利用した日韓の国際送金が来春開始!?

cc_banner_728x90

37の金融機関が日韓の国際送金実験をスタート

日本経済新聞によると、12月15日から邦銀37行が参加する Ripple を利用した日本ー韓国間の国際送金実験が開始されます。

韓国の銀行2行が参加するこの実験は、SBI Ripple Asia の内外為替一元化コンソーシアムによって主導されます。

記事では、早ければ来春にも日本ー韓国間で実送金が開始されるとしています。

また、最終的に Ripple を利用した国際送金には XRP を活用すると述べられています。

テレビ朝日の報道

 

XRPを利用した国際送金とは

リップル社は11月に行われたXRPミートアップ東京で xRapid/XRP を利用した国際送金の仕組みを説明しました。

図1.リップル社によるxRapidの説明 出典:XRPミートアップ東京

これによれば、XRPを利用した国際送金は次の3つステップで行われます。

  1. 金融機関が法定通貨をXRPに変換される
  2. XRPが送付される
  3. XRPが受取現地の法定通貨に変換される

また、リップル社の日本人スタッフの Emi Yoshikawaさんは、現在、米国ーメキシコ間で行われている XRP を利用した実送金の仕組みを次のように説明しています。

例えば100万円を送金する場合には、送金元側の取引所で100万円分のXRPに両替が行われ、受取人側の取引所で XRP がドルに両替されます。

この仕組みが本格的に動き始めるのが今から楽しみです。

 

関連記事

Ripple/ILP勉強会資料

cc_banner_728x90