TechCrunchの創業者が完全XRP建てのヘッジファンドを設立

cc_banner_728x90

Michael Arringtonが完全XRP建てのヘッジファンドを設立

TechCrunchの創業者マイケル・アーリントンが2017年11月28日にニューヨークで行われた Consensus Invest 2017 において、完全XRP建てのヘッジファンドを設立たと発表しました。ファンドの規模は1億ドルからスタートします。このニュースは Fortune などのメディアにより大きく取り上げられています。

 

世界最大のデジタルカレンシー・ヘッジファンドが誕生

創業者のマイケル・アーリントン氏はこのヘッジファンドを Arrington XRP Capital と名付け、1億ドルをブロックチェーン技術及び資産を有する組織に投資するとしています。また、同氏はファンドの購入・配当・従業員への給与の支払いなどの全てにXRPを使用し、このファンドで同氏の残りのキャリアのすべてを仮想通貨に費やすと表明しました。

リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウスは、XRPを採用した世界最大のデジタルカレンシー・ヘッジファンドの誕生を歓迎しています。

マイケル・アーリントン氏は発表の中で、決済システムとしてのRippleの有用性がXRPを選択した理由であると答えています。

 

cc_banner_728x90