Miguel Viasからリップラーにエール

chris-larsen-pow2

Miguel Vias「すべてのサポートに感謝している。」

リップル社のMiguel Vias(XRPマーケティング部門のトップ)からリップラーにエールが届きました。これには、私たちリップラーがこれまでRippleとXRPのために団結して取り組んできたことに対する同氏からの感謝と、たくさんの雑音(ノイズ)によってナーバスになっているリップラーを同氏が応援するメッセージが含まれています。

miguel-forgone-conclusion

和訳:
気まぐれなみんな。多くのノイズがあるので、それがイライラや混乱に繋がることはわかります。私たちの道のりは決して短いものではありませんでした。私たちは企業とともに仕事をしているためペースは遅いですが、その報酬はそれに値するものになります。何が言いたいかというと、それがあたかも単なる金持ちになるための即席のスキームであるかのように、XRPが十分に早く値上がりしないという不満を聞くのは少々残念だということです。私(の言うこと)がナイーブだとは思われたくないですが、リップル社の私と他の人達がXRPについてどのように考えているかは全くそのようなものではありません。私たちのビジョンは文字通り世界を変えることであり、私たちは価格の上昇については微塵も心配していません。私たちがその仕事にフォーカスし続けるならば、それは分かりきった結論です。

miguel-about-ripplers

和訳:
小さい人も大きい人もいません。大胆な行動をし、かつて行われたことがない何かをしようと頑張っているクレイジーな連中です。このコミュニティはRippleの成功にとって信じられないほど重要で、リップル社の多くの人にとっての真のモチベーターです。あなた達のすべてのサポートに感謝しています。

結果だけを求めていません?

Miguelの言ったことを簡単に言うと、「私たちは世界を変えるための仕事をしていて、それが実現すればXRPの価格が上がるのは当然の結果です。でも、私たちが日々の仕事の中でフォーカスしているのは、その部分(価格)ではありません。」ということでしょう。当たり前ですが、Miguelや他の社員が毎日チャートを見ながら四六時中ホラを吹いてXRPの買い煽りをしていたら大変なことになります。

Miguel「あなた達のすべてのサポートに感謝しています。」

この言葉を聞いて一瞬ドキッとしました。私たちはRippleのためにプラスになることを何かしているでしょうか?

Miguel「リップル社の多くの人にとっての真のモチベーターです。」

これは私たちに本当にそうなって欲しいという願いを込めてMiguelが言ったことではないでしょうか。何もせずに一生懸命に頑張っている人達(社員)に対して文句を言っている連中が、本当に彼らのモチベーターになるのでしょうか。私が逆の立場だったら、モチベーターになるどころかそんな連中を見ていたらやる気が無くなります。彼らが儲かれば良いだけなら、それこそ四六時中ホラを吹いてXRPの買い煽りをしていれば良いだけです。でも、彼らのビジョンは本当に世界を変えることで、そのために毎日全力で取り組んでいるのです。チャートを見て買い煽りをしていれば良いだけの情けない人達(ホラッチョ)と彼らを同じように扱うのは、いかにも失礼なことだと思います。いつしかMiguelのこうした発言すら、XRPの買い材料や売り材料にすら見えなくなってしまうのではないかと私は心配しています。