量的緩和の仕組み【和訳】

ヤクブーツはやめろのSHOさんが仮想通貨投資をラップで解説!

量的緩和の仕組み

イングランド銀行の金融政策委員会は、銀行が電子的に作成した新しいお金を財源とする資産の購入を行っています。

この政策は「量的緩和」とも呼ばれ、経済に直接お金を投入することを目的としています。これは、企業や消費者が支出を減らし、需要が急激に減少したことに対応したものです。つまり、経済にはお金が足りないのです。

その目的は、インフレ率を2%の目標達成に向けて維持するために、支出を増やすことです。金融政策委員会は、資産購入に関する決定と並行して、毎月、銀行金利を決定しています。

銀行は、保険会社、年金基金、大手銀行、非金融企業などの民間企業から資産を購入します。

購入資産のほとんどは国債です。市場の規模が大きいので、銀行はかなりの量の資産を迅速に購入することができます。

イングランド銀行による経済へのお金の投入は、さまざまな経路で行われ、さまざまな潜在的効果をもたらします。

イングランド銀行が資産を購入すると、資産の価格が上昇し、利回りが低下します。つまり、資産の収益率が下がります。

このため、資産の売り手は、銀行から受け取ったお金を使って、株式や債券などの他の金融資産に乗り換えようとします。

他の金融資産の購入が増えると、その価格が上昇し、一般的に利回りが低下します。

利回りが下がると、企業や家計の借入コストが下がります。

その結果、個人消費や投資が活発化します。

もちろん、資産価格の上昇は、一部の人々の生活を豊かにし、商品やサービスへの支出をさらに押し上げることになります。

また、イングランド銀行は、社債などの民間債権を少額ずつ購入しています。

これらの購入は、資本市場の状況を改善し、企業がお金を調達して事業に投資しやすくすることを目的としています。

また、イングランド銀行による資産の購入は、経済にお金を供給する別の方法でもあります。

イングランド銀行に資産を売却した人は、より多くのお金を銀行口座に入金します。

そのため、商業銀行はより多くの資金を得て、新たな融資に充てることができます。

そして、銀行の貸し出しが増えることで、消費や投資が促進されます。

しかし、金融危機の後、銀行は彼らの財務の修復を続けているため、このチャンネルは比較的弱くなっていると思われます。

そのため、イングランド銀行は、銀行以外の企業から資産の大半を購入しています。

イングランド銀行が経済に注入している余分な資金は、政府が目標としている2%のインフレ率を維持するために、消費を増加させるはずです。

この後押しがないと、経済のお金の量が少なくなり、消費が弱くなり、インフレ率が目標値を下回る可能性があります。

しかし、経済が改善しているという認識が広がり始めると、企業や消費者の信頼感が高まります。

これにより、政策が機能し始めているという期待感が高まり、それが支出の増加を促し、インフレ率を目標に沿った水準に保つことができます。

金融政策委員会は、毎月政策を決定する際に、2%の目標に対するインフレ率の見通しを引き続き参考にします。

金融政策委員会がインフレ率が目標値を超えそうだと考えた場合、銀行金利を引き上げ、経済に投入した余分な資金を取り除くために資産を売却することができます。

 

コインチェック