ジェシー・ハインズ弁護士のコラム【和訳】

このページでは、ジェシー・ハインズ弁護士のコラムとツイートの和訳を掲載しています。


SEC対リップル社訴訟:分析

この訴訟の分析を始める前に、このブログは法的助言ではないことを述べなければ、私の不注意になるでしょう。私はあなたやリップル社の弁護士ではありません。私は証券弁護士ではありません。私はXRPを保持していますが、それは私が保持している唯一の暗号通貨ではありません。なるべく客観的な視点で書いていきたいと思いますので、多くの方がきっかけになると思います。

ステップ1:SECは何のために訴えているのか?

どの弁護士にもそれぞれのやり方があります。私の戦略は、Prayer for Relief(求める救済)に行き、この行動の原因が何であるかを正確に判断することです。以下はそのイメージです。

I

被告、およびそれらの代理人、使用人、従業員、弁護士、およびそれらの者と積極的に協力または参加しているその他の者に対し、直接または間接を問わず、証券法第 5 条(a)項および第 5 条(c)項に違反すること(XRP を誰かに引き渡すこと、または XRP の未登録の募集または販売を行うためのその他の措置をとることを含む)を永久に差し止めること。

II

取引所法第21条(d)(5)(合衆国法典第15編第78u条(d)(5))に基づき、時効期間内に得られたすべての不正利得を、判決前利息とともに処分するよう被告に命じる。

III

取引所法第21条(d)(5)(合衆国法典第15編第78u条(d)(5))に基づき、被告がデジタル資産証券の募集に参加することを禁止すること。

IV

証券法第 20 条(d)(合衆国法典第15編第77t条(d))に基づく民事課徴金の支払いを被告に命じること。そして、

V

当裁判所が投資家の利益のために正当かつ適切と認めるその他の救済を与えること。

これを見ると、SECは次のように求めています。

  1. XRPを最初に登録せずに販売することで、リップル社などが証券法に違反するのを阻止する。
  2. リップル社などに、不正に得た利益を処分するように命令する – すなわち、返済する。
  3. リップル社のデジタル資産証券の募集への参加を停止する。
  4. リップル社にSECのお金を払わせる。そして、
  5. 裁判官が適切と考えるその他の救済(これは標準的なもの)

含まれないもの – 証券詐欺や市場操作の主張

TLDR – SECは、XRPが証券であると主張して訴えているだけで、他の金銭的損害賠償も探しています – 彼らと投資家のために。

ステップ2:事実と重要でないものを見極める

そうする前に、2つのことに注意することが重要です。(1) これはSECの側の話であり、事実は間違っていたり、不完全であったりする可能性があり、(2) ステップ1の観点から提示された事実を分析することが重要です。

私は別の投稿をして、何が重要で何が重要でないかで訴状をマークアップしようと思っていましたが、じつは、それを読むのは皆の時間の無駄です。そこには明らかに感情をかき立てるために含まれている多くの「事実」があります。例えば、訴状が主張しなければならなかったのは、リップル社などが有価証券を販売していたことと、その期間だけです。ブラッドとクリスによって販売された金額に関するすべての詳細は、疑わしい市場操作、および提供されたすべての取引は、XRPが証券であるかどうかを証明するために必要ではありません。それらは感情と怒りのために含まれています。XRPコミュニティの多くの反応を見ると、それらは成功しました。

ステップ3:法的主張は何か?

さて、どのような事実が重要なのかが分かったところで、法的な議論の概要を説明しましょう。

リップル社などが訴えられているのは、以下の通りです。

  1. 証券法第5条(a)および第5条(c)の違反
  2. 証券法第5条(a)および第5条(c)違反の幇助

これらの主張を行うにあたり、SEC は、XRP がHoweyテストの要素を満たしていることから、XRP は投資契約であり、したがって有価証券であると主張しています。

  1. XRPを購入することはお金の投資である – この要件が適用されないという合理的な議論がありますが、私はこれらの細々したことに立ち入らず、(個人的には望んでいませんが)譲歩します。
  2. リップル社は、リップル社とその職員の起業家的・経営的努力がXRPの成否を左右すると投資家に合理的に期待させた – この主張をするにあたり、SECは、リップル社がXRPのエコシステムにおいて最大かつ最も重要なプレーヤーであるという事実を利用しています。SECはその後、リップル社の関係者の多くの引用を使用して、彼らの目標はXRPのエコシステムを構築し、XRPのための安定したエコシステムを作り、維持することであり、リップル社がいなければ、現実的にはXRPは生き残ることができても、繁栄することはできないだろうと述べています。
  3. XRPの購入者は共同事業に投資している – この議論は、XRPは互換性があるので、すべての投資家が結びついているとSECが主張していることに集約されます。SECは、リップル社の働きがXRPの価値を高めると考えているため、基本的にすべての投資家は、リップル社が価格を押し上げるのを待っているということになります。
  4. リップル社が投資家にXRPの利益を合理的に期待させたのは、リップル社の努力があったから – 上記1-3を盛り込み、SECは、リップル社がXRPの主役であり、XRP市場を保護し、XRPの需要を増やすことを使命としているため、結果的に利益が合理的に期待されると主張している。また、SECは、内部の電子メールなどを使って、リップル社がXRPの価格を上げるために私的な目的を持っていたとされることにも依拠しています。

ステップ4:法的主張の分析

私は証券弁護士ではありませんし、これは私の意見に過ぎませんが、SEC は負け戦をしていると思います。しかし、私がここで概説するように、SECは地方裁判所で勝つことができます。

この記事で述べたポイント(政治的、経済的、シェブロンの行き過ぎ)以外は、以外に、私はSECが負ける理由は論理的なものだと考えています。SECは非論理的な方法でHoweyテストを適用しています。そして、これは事実に基づいた分析なので、論理は実際には法廷でも通用します。

ここに SEC の論理があります。SECは、リップル社が市場を作っているアイテムをリップル社が販売していると主張しており、リップル社の行動/行為が主にアイテムの価格を動かしており、そのようなものとして、利益の合理的な期待があるので、XRPは証券である。SECは、これに勝利することになった場合:

  1. あなたは、トッ プス社が野球カードを作成して販売するときに、証券を販売していると主張することができます。多くの購入者は、カードを購入する際に、そのカードの価値が上がる可能性のためだけに購入しています。野球選手のパフォーマンスは重要ですが、トップス社は限られた枚数しか作らないことを保証しています。例えば、トップス社がベーブ・ルースのカードを作ったとしても、そのうちの1,000万枚を作ったとしたら、ベーブ・ルースがどれだけ優秀かは関係なく、そのカードの価値はゼロになってしまいます。今、ベーブ・ルースが殿堂入りしているから、彼らがそのカードを10枚作ったとしたら、そのカードの価値はかなりのものになるでしょう。しかし、トップス社の行動、あるいは不作為がなければ、そのカードは何の価値もありません。さらに、トップス社はカードの供給やその他の特性をコントロールすることで、そのカードの市場を創造しています(彼らはさらに、カードの価値を高める選手やチームとの独占契約を結んでいます)。トップス社のベーブ・ルースカードを買った人は誰でも、トップス社の行動、主にトップス社の行動だけで利益を期待することができます。同様に、最も価値のあるポケモンカードは、最高のポケモンや最も成功したポケモンではなく、最もレアなカードです。
  2. もしデイビッド・シュワルツが中古のジムショーツを売って、二度とジムショーツを使ったり履いたりしない事を保証するとしたら、デイビッド・シュワルツは証券を売っていると主張できるでしょう。デイビッド・シュワルツの行動と偉大さへの上昇こそが、そのジムショーツに何かの価値を与える唯一のものであり、これ以上売らないという彼の約束は、彼が市場をコントロールし、有利な需要と供給の比率を作り出していることに他なりません。誰がそのショートパンツを買ったとしても、デイビッドの行動に基づいた利益を合理的に期待することができます。
  3. 人々がビーニーベイビー(または他の類似のコレクション)を購入するとき、ビーニーベイビーには本質的な価値はありません。むしろ、マーケティング、および限定版のステータスは、人々が長期的に期待される利益があると信じるように導くものです。この期待される利益は、ビーニーベイビーとその会社がビジネスにとどまり、人気を維持し、限定版に追加されないことだけに依存しています。会社の行動は、各ビーニーベイビーの価格の主な原動力です。
  4. このリストは延々と続くかもしれません。

SECの議論は、リップル社がXRPの市場の唯一の創造者ではないという事実を無視しています。リップル社がXRPの牽引役になっているからといって、リップル社なしではXRPの価格が上昇しないということではありません。それは、より遅いかもしれませんし、異なるペースかもしれませんが、そのポテンシャルは常に存在していました。仮にリップル社がXRPの価格の唯一の原動力であったとしても、それはXRPを(上記の例のように)証券にはしません。皮肉なことに、資産の比例所有権は問題ではないので、その議論には成功の見込みはないでしょう。

さらにSECは、合理的な利益の期待について話すときに、Howeyの使用を「発起人または第三者の努力のみによって」から「ほとんど/主に発起人の努力によって」に拡大しようとしています。

Howeyテストが作られたときに、このようなテストの応用を予見できたはずがありません。暗号通貨は本質的には証券ではありませんが、証券である場合もあります。これはそのような時の一つではありません。

我々にはより良い法律が必要です。

原文:SEC v. Ripple Labs, et. al: An Analysis

 

「Chevron Deference」(シェブロン尊重)

ストーリータイム – ここでは、SEC(とほとんどの機関)が何をしているのか、何年も前から何をしてきたのか、そして彼らが法定の権限を乱用してきたと私が考えることについて、単純化しすぎた説明をします。

動物が猫だけの世界に住んでいると想像してみてください。今、議会がSECに猫を規制する権限を与えたと想像してみてください。 しかし、議会は猫の定義を完全に与えていませんでした。 すべての動物は猫なのに、なぜ定義する必要があるのでしょうか? 少し後に、裁判所が、明確ではない法律の下で与えられた権限については、SECとすべての機関が合理的な判断を下すことができると判断したと想像してみてください。

さて、想像してみてください。ある朝、どこからともなくウサギが現れたとします。 SECはウサギを見て、

「これは猫によく似ている。4本の足があって、高くジャンプして、しっぽがある、猫に違いない」

と言いました。 合理的な判断ができるからこそ、このようにしたのです。

他の選択肢としては、議会に行って、

「ちょっと、とても厄介なことになりました。猫を規制しろと言ったのを覚えていますか。そして、世界で猫だけが唯一の動物でした。 猫と似たようなものがいますが、本当は猫ではないのですが、助けてもらえますか?」

と言うでしょう。 議会は振り返って、

「愚かなジェイ・クレイトン、それは猫ではありません! それは新しい動物だ、ウサギだ!」

と言うことになるでしょう。

代わりに、SECは、前者のアプローチを取ることにしました。そして、ウサギを猫と一括りにすることにしました。 しかし、最悪なのは、ウサギたちに8年間、自分たちは猫ではないと信じ込ませてしまったことです。 SECはまた、何が猫であり、何がそうではないかのガイダンスを与えることを選択した可能性がありますが、彼らはそれが彼らのためにあまりにも多くの仕事だったことを決定しました。

現実的には、猫は投資契約であり、ウサギはXRPであり、合理的な判断は「Chevron Deference」(シェブロン尊重)です。 投資契約は法律で正式に定義されていなかったので、裁判所は何が要件を満たすかのルールを作りました(Howeyテスト)。ここでのSECは、XRPが提供された方法は、他の多数の選択肢があるにもかかわらず、投資契約であると判断するために、そのChevron Deferenceを使用しています。 これは権力の乱用だと思います。

問題は、ウサギは猫ではなく、XRPは(実際のものか黙示のものかを問わず)投資契約で提供されたものではないということです。 はい、2つの間には類似点がありますが、類似点は十分ではありません。

追伸:はい、私は弁護士がそれが過度に単純化されているとして、これに多くの間違いを見つけるだろうことを知っています。

Chevron Deferenceとは:
アメリカでは、行政機関が一部の法的な問題に対する判決を行うことができる場合があります。この権限は、「Chevron Deference」(シェブロン尊重)と呼ばれ、1984年の『Chevron U.S.A., Inc. v. Natural Resources Defense Council, Inc.』における最高裁判決に由来します。この裁判は、米国最高裁が、行政機関が管理する法令の解釈を尊重するかどうかを判断するための法的テストを定めた画期的な事件となりました。米国行政法における最も重要な判決の一つであり、1984年に発表されて以来、何千ものケースで引用されています。

 

SECはどうしてこのようなことができるのか

大勢の人が「SECはどのようにして私にこのようなことをすることができるのですか?」または「SECはどのようにして暗号通貨にHoweyテストを適用することができますか?」と私に尋ねてきました

それに答えるためには、まず35年前にさかのぼって、有名なシェブロン事件を説明する必要があります。

Chevron, USA, Inc. v. Nat. Res Def Council, Inc.

最高裁判所は、法令解釈における行政機関(SECは行政機関)の裁量権に関する判決を出す際に、裁判所はまず、「議会は問題となっている正確な質問に対して話したのか」と問うべきであると判断しました。Yesであれば、議会に従うべきです。もしNoであれば、「行政機関の解釈は法令の許容される解釈に基づいているか」がテストされます。さらに、裁判所は、その解釈が合理的なものであれば、行政機関の解釈を置き換えることはないと判断しました。要するに、シェブロン事件は、行政機関が尊重される結果となったのです。

リップル対SEC訴訟へのシェブロンの適用

SECは、取引所法と証券法に基づいて執行しています。両法の「証券」の定義には、オプション、債券、株式、投資契約など、証券として適格となり得る多数のデバイスが含まれています。どちらの法律にも、暗号通貨が証券であるとは書かれていません。どちらの法律にも、暗号通貨が証券ではないとは書かれていません。

これでシェブロンの話が出てきました。SECは、暗号通貨は投資契約として適格であるとのスタンスをとっています。ニューヨーク州東部地区の米国連邦裁判所は、暗号通貨は投資契約として適格であるとの結論を出しています(その分析が非常に事実に固有であるという、ディアリー判事からの重要な警告に注意することが重要です)。

シェブロン社のおかげで、SECはこの判断をすることができるようになりましたが、それは、SECが尊重を受けることを承知の上でのことです。これはSECが勝つという意味ではないことに注意することが重要ですが、だからこそSECはこの訴訟を起こすことができたのです。もし、シェブロン事件の最高裁が、行政機関は法律の文字に固執しなければならず、尊重を受けないという結論に達していたら、私たちは今日ここにはいなかったでしょう。

さて、あなたが私に私の意見を尋ねた場合、これはもっぱら個人的な意見であり、法的助言ではありませんが、私は暗号通貨が投資契約とみなすことができると思いますし、私はリップル社が地方裁判所レベルで負ける現実的な可能性があると思います(私は強いと言っているのではなく、私はただ現実的なことを言っています。私は別のブログ記事でこれに言及することを約束します)。しかし、もしこれが最高裁に持ち込まれた場合、リップル社が勝つと思うだけでなく、最高裁はシェブロンの適用可能性を制限するために「Major Questions Doctrine」(重要問題の原則)を使うかもしれないと考えています。

リップル社のためのより良い尊重 – The Major Questions Doctrine

この原則は、「行政機関が主要な経済的、政治的意義を持つ規制を通過させるには、議会からの明確な承認が必要である」と述べています。この原則は、最高裁判例のShaw v. Brown & Williamsonで作成されたもので、行政機関にChevron Deference(シェブロン尊重)を与える前に躊躇があるかもしれない特別なケースがあると述べています。

XRPを証券として指定することは、経済的および政治的に大きな意味を持つ可能性があるという議論は非常に簡単です。そして、これはリップル社が下級裁判所の裁判で勝つ可能性のある議論です。

原文:How Can The SEC Do This?

 

裁判より大事なこと:トークン分類法

この件については何度もツイートストームを行ってきた気がしますが、人々は未だにSEC対リップルの訴訟に注目しています。 このトピックに関する別のツイートストームを紹介します。私たちは訴訟に時間とリソースを無駄遣いしています。私たちは議会に目を向けるべきです。

始める前に、これがTLDRです:SEC対リップル訴訟のことは忘れて、議員に連絡を取り、トークン分類法(Token Taxonomy Act)を議会に提出しましょう。 さらに言えば、トークン分類法だけでなく、もっと規制を強化しましょう。

トークン分類法の条文を詳しく参照していきます。本文の条文はこちらです。

このスレッドは、XRPが投資契約として販売されたかどうかを判断するために、なぜ裁判所がSEC対リップル訴訟において適切な権限を持っているのかを検証することから始めましょう。裁判所の仕事は、法律を解釈することです。今回の訴訟では、「XRPが証券として販売された/または、されているかどうか」が問われています。

裁判所が必要とされる理由は、法律が不明確だからです。 1933/34年に議会は証券法と証券取引所法を制定し、証券の定義に含まれる多くの用語を定義しました。その中で、「投資契約」は定義しないことにしました。

そのため、何が投資契約で、何が投資契約でないかを判断するためには、裁判所が必要となり、それが「Howeyテスト」の由来となっています。つまり、繰り返しになりますが、裁判所が必要とされるのは、法律が実際に何を意味し、それが適用されるかどうかについての解釈が必要な場合のみです。

もし、デジタル資産が証券として分類される場合とされない場合を正確に定義するものがあったとしたら、と想像してみてください。

トークン分類法の導入

トークン分類法の条文は、33年の証券法と34年の証券取引所法を改正し、「デジタル・トークンを含まない」としています。 簡単に言えば、もし何かが「デジタル・トークン」であれば、それは証券ではなく、証券規制/訴訟の対象にはなり得ないということです。

では、「デジタル・トークン」とは何でしょうか? 私はこのスレッドで、何が適格であるかの写真を掲載しました。 これがXRPに適用されるかどうかについては、私は法的な意見を述べるつもりはなく、むしろ皆さんに判断していただきたいと思います。

(20) デジタルトークン。「デジタル・トークン」という用語は、以下のデジタル・ユニットを意味する
(A)次のように作成されるもの
(i) 提案された取引の検証または収集に応じて作成される
(ii) 単一の人物または共通のコントロール下にある人々によって変更できないデジタル・ユニットの作成および供給に関する規則に従って作成される、または
(iii) (i)または(ii)に基づいて作成されるデジタル・ユニットの初期割り当てとして作成される
(B) 以下のような取引履歴を持つもの
(i) 数学的に検証可能なプロセスによって合意が記録された、分散型デジタル台帳またはデジタルデータ構造に記録されている
(ii) 合意に達した後は、単一の人物または共通のコントロール下にある人々のグループによる変更または改ざんができない

では、トークン分類法を成立させることは何を意味するのでしょうか?それは、リップル社が勝とうが負けようが、その判決を覆すことができる法令があるということです。つまり、その裁判はリップル社にとってのみ大きな問題であり、XRPにとってはそうではないということになるかもしれません。ドラマの主人公のために、私は「かもしれない」と言いましたが、それでも訴訟が必要になる可能性はあるでしょうか? はい、もちろん、XRPがデジタル・トークンとして適格かどうかを判断するために必要になる可能性はあります。 しかし、正直なところ、XRPがこのトークン分類テストをクリアできないのであれば、そもそもXRPにはほとんど期待できません。(アメリカでは)

結論として、皆が自分を代表する国会議員が誰なのかを調べ、彼らが要点を理解するまで繰り返し連絡を取るべきです。デジタル資産、ブロックチェーン、クリプトには明確さが必要です。

 


※誤訳があるかもしれないので必ず原文をご確認ください。

コインチェック