ゲイリー・ゲンスラー:アスペン・セキュリティ・フォーラムでの講演【和訳】

ヤクブーツはやめろのSHOさんが仮想通貨投資をラップで解説!

以下は、SEC公式サイトに掲載された『Remarks Before the Aspen Security Forum』を個人的に和訳したものです。誤訳があるかもしれないので、あわせて原文を確認することをお勧めします。


丁寧な紹介をありがとうございます。アスペン・セキュリティ・フォーラムに参加できてうれしいです。

恒例のことですが、私の見解は私個人のものであり、委員会やSECスタッフを代表して発言しているわけではないことをお断りしておきます。

疑問に思う人もいるかもしれません。SECは暗号通貨と何の関係があるのか?

また、なぜ私がアスペン・セキュリティ・フォーラムのような組織から、暗号通貨と国家安全保障の関係についての講演を依頼されたのでしょうか?

まず、最初から説明します。

2008年のハロウィーンの夜、金融危機の真っ只中に、サトシ・ナカモトが1992年から暗号研究者が運営していたサイファーパンクのメーリングリストに8ページの論文を発表しました。

ナカモトは、「私は、完全にピア・ツー・ピアで、信頼できる第三者が存在しない新しい電子通貨システムを研究してきた」と書いていますが、それが誰なのかはいまだにわかっていません。

ナカモトは、数十年にわたって暗号学者や技術者たちを悩ませてきた2つの謎を解き明かしたのです。1つは、中央の仲介者を介さずにインターネット上で価値あるものを移動させる方法、もう1つは、その価値あるデジタルトークンの「二重支払い」を防ぐ方法です。

その後、彼のイノベーションは、暗号資産とその基盤となるブロックチェーン技術の開発に拍車をかけました。

ナカモトのイノベーションに基づき、約十数年後、暗号資産クラスは膨れ上がりました。月曜日の時点で、この資産クラスは約1.6兆ドルの価値があると言われており、それぞれ10億ドル以上の価値があるトークンが77個、時価総額が100万ドル以上のものが1,600個あります。

SECに入社する前、私はマサチューセッツ工科大学で金融とテクノロジーの融合について研究、執筆、指導を行っていました。その中には、クリプトファイナンス、ブロックチェーン技術、お金に関する講座も含まれていました。

その中で私は、暗号通貨の分野では現実を装った多くの誇大広告が見られましたが、ナカモトのイノベーションは本物だと考えるようになりました。さらに、それは金融やお金の分野に変化をもたらす触媒となってきたし、今後もそうあり得ると考えています。

ナカモトは、中央銀行や商業銀行のような中央の仲介者を介さない、私的なお金の形を作ろうとしていたのが核心です。

私たちはすでに、ドル、ユーロ、ポンド、円、人民元といったデジタルパブリックマネーの時代に生きています。パンデミック以前には明らかではなかったとしても、昨年からはオンラインでの取引が増えていることからも明らかになっています。

このような公的な不換紙幣は、価値の保存、勘定の単位、交換の媒体という貨幣の3つの機能を満たしています。

しかし、1つの暗号資産で、お金の機能をすべて満たすものはありません。

主に、暗号資産は、投機的な投資のためのデジタルで希少な手段を提供します。その意味で、非常に投機的な価値の貯蔵庫と言えるでしょう。

これらの資産は、会計単位としてはあまり使われていません。

また、暗号通貨が交換手段として使われることもあまりありません。使われるとすれば、アンチマネーロンダリング、制裁、徴税など、我々の法律を回避するために使われることが多いようです。また、最近のコロニアル・パイプラインのように、ランサムウェアを使った恐喝も可能です。

数十年前にインターネット時代が到来し、物理的なお金からデジタルマネーへと移行したことで、世界中の国々は、デジタル・パブリック・マネーシステムにさまざまな公共政策の目標を重ねてきました。

政策問題として、私は技術的には中立です。

個人的には、テクノロジーによって金融へのアクセスが拡大し、経済成長に貢献することに興味がなければ、私はMITには行っていないでしょう。

しかし、私は公共政策に中立ではありません。新しいテクノロジーが登場しても、中核となる公共政策の目標が達成されているかどうかを確認する必要があります。

金融分野では、投資家や消費者を保護し、不正行為を防止し、金融の安定性を確保することが求められます。

このような状況の中で、SECはどのような役割を担っているのでしょうか?

SECは、投資家を保護し、資本形成を促進し、その間にある公正で秩序ある効率的な市場を維持するという3つのミッションを掲げています。また、金融安定性にも重点を置いています。しかし、基本的には投資家の保護を目的としています。

デジタルで希少性が高く、投機的な価値を持つものに投資したいという方は、それで構いません。善意の行動者たちは、何千年もの間、金や銀の価値に投機してきました。

しかし、今のところ、暗号通貨の投資家保護は十分ではありません。率直に言って、現時点では西部開拓時代のようなものです。

この資産クラスは、特定の用途において、詐欺や不正行為が蔓延しています。暗号資産の仕組みについては、多くの誇大広告や偏見があります。多くの場合、投資家は厳密でバランスのとれた完全な情報を得ることができません。

これらの問題に対処しなければ、多くの人が傷つくことになると思います。

まず、これらのトークンの多くは有価証券として提供・販売されています。

この点については、実際に多くのことが明らかになっています。1930年代、米国議会は有価証券の定義を定め、株式、債券、手形など約20種類のアイテムが含まれていました。その中には、投資契約も含まれています。

翌10年には、最高裁が投資契約の定義を取り上げました。この判例では、「ある人が自分の資金を共同事業に投資し、発起人または第三者の努力のみによって利益を期待させられる場合」に投資契約が存在するとしました。最高裁は、このHoweyテストを繰り返し再確認しています。

さらに、これはトークンが連邦証券法を遵守しなければならないかどうかを判断する数多くの方法のうちの1つに過ぎません。

私はジェイ・クレイトン元SEC委員長が2018年に証言したときに、名言を述べたと思います。「イニシャル・コイン・オファリングまたはICOのようなデジタル資産は証券です。そして、私がこれまでに見たすべてのICOは有価証券であり、私たちには管轄権があり、連邦証券法が適用されると私は考えています」。

私はクレイトン委員長に同意しています。一般的に、これらのトークンを購入する人々は利益を期待していますし、少数の起業家や技術者が立ち上がり、プロジェクトを育てています。現在の暗号通貨市場では、多くのトークンが未登録の有価証券である可能性があり、必要な情報開示や市場監視が行われていないと思います。

これでは、価格が操作される可能性があります。これでは、投資家は無防備になってしまいます。

長年にわたり、SECはこの分野で数十件の訴訟を提起してきましたが、詐欺やその他の投資家への重大な損害を伴うトークン関連の訴訟を優先してきました。我々はいまだに敗訴したことはありません。

さらに、多くのプラットフォームが、証券の価値とは異なる価格で、デリバティブのように動作する暗号トークンやその他の商品を提供する取り組みを行っています。

間違ってはいけないのは、それが株式トークンであろうと、証券に裏付けられた安定した価値を持つトークンであろうと、基礎となる証券への合成された投資家リスクを提供するその他の仮想商品であろうと関係ないということです。これらの商品は証券法の対象であり、証券制度の中で機能しなければなりません。

私はスタッフに、未登録での証券販売が行われた場合にも、投資家を保護することを強く求めています。

次に、暗号通貨取引プラットフォーム、レンディング・プラットフォーム、その他の「分散型金融」(DeFi)プラットフォームについて説明したいと思います。

現在、クリプト・ファイナンスの世界では、トークンを取引できるプラットフォームや、トークンを貸すことができる場があります。これらのプラットフォームは、証券取引法に抵触するだけでなく、商品取引法や銀行法に抵触するプラットフォームもあると思います。

典型的な取引プラットフォームには、50以上のトークンがあります。実際には100以上のトークンがあるものも少なくありません。各トークンの法的地位はそれぞれの事実と状況に依存しますが、50や100のトークンがあって、あるプラットフォームが全く証券を持っていない可能性は極めて低いと言えます。

また、ニューヨーク証券取引所のように投資家が仲介者を介して取引を行う他の取引市場とは異なり、暗号通貨取引プラットフォームでは世界中から24時間365日、仲介者を介さずに取引を行うことができます。

さらに、海外のプラットフォームの多くは米国の投資家を許可していないとしていますが、一部の規制されていない海外の取引所では、バーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)を使用している米国のトレーダーの取引を促進しているという疑惑もあります。

米国の一般市民は、これらの取引、貸付、DeFiプラットフォームで暗号通貨の売買や貸付を行っていますが、投資家保護には大きなギャップがあります。

間違ってはいけません。これらの取引プラットフォームに証券が存在する場合、わが国の法律では、免除を受けない限り、証券取引委員会に登録しなければなりません。

また、レンディング・プラットフォームが証券を提供している場合は、SECの管轄となります。

次に、安定した価値を持つコインについて説明します。安定した価値を持つコインとは、フィアット・カレンシーの価値に固定またはリンクされた暗号トークンのことです。

FacebookがDiem(旧称Libra)というステーブルコインを立ち上げようとしていることをご存知の方も多いと思います。

Facebookのプラットフォームが世界的に普及していることもあり、中央銀行や規制当局からも注目されています。これは、暗号通貨に関する一般的な政策や懸念だけでなく、Diemが金融政策、銀行政策、金融安定性に影響を与える可能性があるためです。

しかし、あまり知られていないかもしれませんが、既存のステーブルコイン市場には1,130億ドルの価値があり、4つの大規模なステーブルコインが存在します。中には7年前から存在するものもあります。

これらのステーブルコインは、暗号化された取引や融資のプラットフォームに組み込まれています。

暗号通貨同士の取引はどのように行うのでしょうか?通常、誰かがステーブルコインを使います。

7月には、すべての暗号通貨取引プラットフォームにおける取引の4分の3近くが、ステーブルコインと他のトークンとの間で行われました。

そのため、これらのプラットフォームでステーブルコインを使用すると、アンチマネーロンダリング、税務コンプライアンス、制裁など、伝統的な銀行・金融システムに関連する多くの公共政策の目標を回避しようとする者を助長する可能性があります。これは、国家の安全保障にも影響します。

さらに、これらのステーブルコインは、証券や投資会社である可能性もあります。その場合には、投資会社法やその他の連邦証券法による投資家保護が完全に適用されます。

私は、金融市場に関する大統領のワーキンググループの同僚と協力して、これらの問題に取り組んでいきたいと思います。

次に、暗号資産への投資家リスクを提供する金融商品について説明したいと思います。このような金融商品はすでに存在しており、その中でも最大のものは8年前から存在し、200億ドル以上の価値があります。また、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物に投資するミューチュアル・ファンドも数多く存在します。

私は投資会社法(’40年法)の下で上場投資信託(ETF)に関する届出が行われることを期待しています。’40年法は、他の連邦証券法と合わせて、投資家を大きく保護する法律です。

これらの重要な保護を考えると、特にCMEで取引されているビットコイン先物に限定されている場合には、スタッフがそのような提出物を審査することを期待しています。

最後の政策分野は、暗号資産の保管に関連するものです。SECは、ブローカーディーラーによる暗号化されたカストディの取り決めや、投資アドバイザーに関連するものについてコメントを求めています。カストディの保護は、投資家の資産の盗難を防ぐための重要な要素であり、私たちはこの分野の規制による保護を最大限に高めることを目指します。

最後に、私たちはこれまでも、そしてこれからも、当局の権限を最大限に活用していくことを申し上げます。

暗号資産に関連する特定の規則はよく知られています。暗号資産が証券であるかどうかを判断するテストは明確です。

しかし、この分野にはいくつかのギャップがあります。取引、製品、プラットフォームが規制の隙間に入り込むのを防ぐために、議会の追加権限が必要です。また、この成長著しい不安定な分野の投資家を保護するためには、より多くのリソースが必要です。

私たちは、これらのギャップを解消するために、米国議会、米国政府、他の規制当局、そして世界中のパートナーと緊密に協力する用意があります。

私の考えでは、立法上の優先事項は、暗号通貨取引、貸付、およびDeFiプラットフォームを中心に据えるべきです。規制当局には、暗号通貨取引や貸付に関する規則を作成したり、保護措置を講じたりするための権限が与えられるとよいでしょう。

現在、暗号通貨の分野の大部分は、投資家や消費者の保護、不正行為の防止、金融安定性の確保、さらには国家安全保障を守るための規制フレームワークの中ではなく、その上に跨がっている状態です。

傍観することは、持続可能な場所ではありません。暗号通貨技術の革新を奨励したいと考えている方には、歴史上の金融技術の革新は、公共政策の枠組みの外では長続きしないことを指摘したいと思います。

金融の中心にあるのは信頼です。そして、市場への信頼の中心にあるのは、投資家の保護です。この分野が継続していくためには、あるいは変化のきっかけとなる可能性を少しでも引き出すためには、公共政策の枠組みの中に入れた方がいいと思います。

ありがとうございました。皆様のご質問をお待ちしております。

コインチェック