3月19日:個人財務情報の開示請求についての審理【和訳】

ヤクブーツはやめろのSHOさんが仮想通貨投資をラップで解説!

2021年3月19日に行われたヒアリングの和訳です。


挨拶

ネットバーン判事:
皆さん、おはようございます。
こちらはネットバーン判事です。
準備は万端ですね。
本件はSEC対リップル・ラボ社
訴訟事件番号は「20 Civ. 10832」。
何人もの弁護士が待機していることは知っています。
発言を予定されている弁護士の方は、記録のためにお名前を述べていただきたいと思います。
それでは、SECの代理人、お願いします。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
おはようございます、ネットバーン判事。
こちらはSECの代理人のジョージ・テンレイロです。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。
そしてガーリングハウス被告の代理人、お願いします。


マシュー・ソロモン弁護士:
おはようございます、裁判長。
私はガーリングハウス氏の代理人のマシュー・ソロモンです。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。
そしてラーセン被告の代理人、お願いします。


マーティー・フルメンバウム弁護士:
裁判長、おはようございます。
Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrisonのマーティー・フルメンバウムです。
ラーセン氏の代理人です。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。
そしてリップル社の代理人、お願いします。


アンドリュー・セレスニー弁護士:
おはようございます、裁判長
リップル社の代理人を務めるDebevoise & Plimptonのアンドリュー・セレスニーです。


ネットバーン判事:
よろしくお願いします。
パンデミックの影響で、この電話に出ている皆さんが健康で安全であることを願っています。
この訴訟は電話によるリモートで行われています。
法廷レポーターが法廷速記者が待機しています。
記録を残すために、弁護士には毎回名前を言っていただきたいと思います。
発言を予定している弁護士に出てきてもうらうようにお願いしています。
もし、他の弁護士が発言したい場合は、その時に自分の姿をはっきりと表明していただきたいと思います。
私たちは今日、3月11日に提出され、3月17日にSECが回答したディスカバリ・レターについて話すためにここにいます。
これらは、SECが被告の個人的な財務記録や、被告の金融機関に提出された召喚状などの情報を得るためのものです。
それでは始めましょう。
私は誰が主導するのか分かりませんが、ソロモン氏、それとも被告の代理人の誰か他の方でしょうか。


 

 

ガーリングハウスの弁護士の答弁

マシュー・ソロモン弁護士:
私です、裁判長。
それでは始めさせていただきます。
おはようございます。
Cleary Gottlieb Steen & Hamiltonのマシュー・ソロモンです。
私はガーリングハウス氏とラーセン氏の代理人として弁論を行います。
裁判長、私は通常よりも少しだけ時間を取るかもしれません。
ラーセン氏の弁護人は、私の話が終わった後に話したいと思うでしょう。
しかし、彼は私の主張と同じことを繰り返すことはないでしょう。
彼のコメントは簡潔なものになると思います。
Cleary Gottlieb Steen & Hamiltonからは、Nowell Bamberger、Alex Janghorbani、Sam Levander、Lucas Hakkenbergが参加します。
裁判長、私たちは3月11日にガーリングハウス氏とラーセン氏のために書簡による申し立てを行いました。なぜなら、SECは記録の提出を求め、ガーリングハウス氏とラーセン氏の詳細な個人的な財務情報とその家族の情報を求める第三者の召喚状という形で、複数の証拠開示要求を行ったからです。
これらの要求は、訴訟の必要性とは不釣り合いな無関係の情報を求めています。
そして、彼らのプライバシーの利益を不適切に侵害しています。
裁判長、最初にはっきりさせておきたいことがあります。
これは、被告が財務記録を提出するのを嫌がっているケースではありません。
我々は何ヶ月も前に、リップル社に在籍していた時のXRP取引の詳細を含む多くの記録を提出しました。
つまり、これはSECが書簡で言っているような特定されていない自分で選んだ取引記録ではありません。
彼らはすでにXRPの取引記録を持っているのです。
だからこそ、彼らはこれらの取引のすべての販売を主張したのです。
しかし、SECは彼らの他の個人的な財務記録のすべてを要求しています。
裁判長、彼らには彼らが既に得ている、あるいは間もなく得るであろう以上のものを得る権利はありません。
理論を変えています。
私は裁判長が準備をしてきて、その書簡を読んだことを知っています。
そして、その理論は変えられています。
しかし、彼らはまだ関連性の理論の裏付けを示していませんし、できていません。
彼らには高い負担は課せられていません。
しかし、彼らは関連性を最優先で証明しなければならないのに、それができないのです。
彼らは、自分たちが知らない何かがあるかもしれないとプレッシャーをかけるために記録を手に入れたわけではありません。
動機を立証するために記録を手に入れることもできません。
XRPの販売については、彼らの訴状とあなたへの書簡に詳細に書かれているので、動機についてどんな議論をするにしても必要なものはすべて揃っているのです。
彼らは、個人がRippleを私的に宣伝したかもしれない方法を探るために記録を手に入れようとはしないでしょう。
彼らはそのような主張をしていません。
また、罰則を求めているからといって、記録を入手することもありません。
これは本当に奇妙な提案です。
もしこれが認められれば、罰則を求める訴訟を起こしただけで、すべての訴訟当事者が個人の財務記録をすべて開示されることになります。
これは法律ではありません。
裁判長、結論から言うと、ガーリングハウス氏とラーセン氏は、関連する可能性のあるすべての財務情報、すなわちXRPに関連する取引記録をすでに提出しており、今後も提出する予定です。
我々はこの件でSECと協力しようとしました。
我々がそれらの召喚状の撤回を要求すると、彼らは銀行に対して、私たちが求めているのと同じ情報を求める第三者による召喚状を発行しました。
我々が要求すると、彼らはそれらの召喚状を撤回した。
裁判長、想像してみてください。
銀行に電話したところ、彼らはこの問題を解決したいと思っています。
SECと対立したくないのです。
SECに召喚状の撤回を求めたところ、彼らは拒否し、裁判を起こすと言いました。
だから私たちは裁判所に訴えたのです。
法律は彼らをサポートしていないからです。
裁判長は既にご存知だと思いますが、彼らは新たな議論を展開し、個人が個人の財務記録に持つ明らかなプライバシーの利益を否定しています。
そして、ここが重要です。
これは詐欺事件の訴えではありません。
虚偽の陳述や市場操作などの厳格な責任を問うものではないと彼らは認めています。
それが彼らの分類なのです。
ですから、第三者の召喚状を破棄し、被告個人の財務記録に関する保護命令を認めていただきたいと思います。
裁判長、一歩下がって考えてみましょう。
私たちは初めてお目にかかるので、この件について長々と説明するつもりはありません。
しかし、この要求の一般的な背景と、なぜそれが不適切なのかを少し説明することは有益だと思います。
XRPはデジタル資産です。
ビットコインやイーサのようなものです。
何年も前から何の問題もなく取引されています。
何百万人ものXRP保有者、何十もの取引所やマーケットメーカーが、XRPは投資契約ではなく、したがって有価証券ではないという根拠のある信念のもとに運用されてきました。
これは詐欺的なICO(Initial Coin Offering)ではありません。
これは、SECが提訴するまでは、主要な顧客、主要な銀行の顧客、複数の世界的な金融機関を持つ、ビットコインとイーサに次ぐ第3位のデジタル資産だったのです。
そして、ガーリングハウス氏がCEOに就任した直後の2018年、SEC関係者はビットコインもイーサも証券ではないと公言しました。
実際、XRPを規制している他の政府機関は、XRPを証券ではなく通貨として規制しています。
そして実際にFinCENは、ガーリングハウス氏が始めた直後の2015年に、XRPが通貨であることを根拠に強制捜査を行いました。
そこで裁判長、長い調査を経て、SECは2020年12月に初めて公にXRPが投資契約であり、したがって証券であると主張して今回の訴訟を起こしたのだと思います。
これは、SECがこの分野の個人に対して、詐欺ではない訴訟を起こした初めてのケースです。
テレグラム社やキック社の話を聞くとき、それらが企業に対する第5条の訴訟であることを念頭に置いてください。
彼らは現在、会社と個人を訴えています。
基本的には2013年にさかのぼる行為に基づいています。
ガーリングハウス氏とラーセン氏は何をしたと主張しているのでしょうか?
SECによると、彼らは何年にもわたって、ある長い未登録の証券募集に参加していたそうです。
平然と行われていたその募集は、SECがその書簡の中で違法であると印象的に述べています。
裁判長、この計画は私のクライアントがリップル社やXRPを知る前から始まっていたと言われています。
そして、彼が1つのXRPを売る4年前からです。
SECとその79ページの修正された訴状によると、この長期の募集は証券法第5条に違反したとされています。
また、SECはラーセン氏とガーリングハウス氏に対して、彼らの個人的なXRPの販売と、リップル社の販売を幇助した疑いで、追加の請求を行っています。
念のために説明しますが、幇助の主張とは、ガーリングハウス氏とラーセン氏が意図的または無謀にリップル社の法律違反を助けたとSECが考えていることを意味します。
それが彼らが証明しなければならないことです。
彼らはそれを証明することはできないでしょう。
我々はこの告訴を却下します。
しかし、それは彼らが証明しなければならないことです。
それが今回の申し立ての理由です。
裁判長、背景を説明しましょう。
我々は何度も会って話し合いました・・・


ネットバーン判事:
ちょっと中断してもいいですか?
これはまさに今、リップル社がSECに対して提出した強制証拠開示の申し立ての中で説明されている問題ですね。
しかし、この違いについて、あなたの視点からもう一度話してもらえませんか?
私はさまざまな用語や資産について理解しようとしています。
あなたはXRPをビットコインやイーサとどのように区別しているのでしょうか。


マシュー・ソロモン弁護士:
はい、裁判長。
素晴らしい質問です。
私たちは、区別できるものとは考えていません。
ビットコインやイーサもデジタル資産です。
また、イニシャル・オファリングで誕生しました。
XRPのように、ビットコインやイーサのユースケースも開発されています。
また、リップルのように分散化されています。
リップルのように、ビットコインとイーサは、何年も前から取引されています。
そして、SECは明らかに、これらは有価証券ではなく、投資契約でもないと判断しました。
そして、これらはXRPと姉妹の資産です。
そして、SECは2018年にこの宣言をしました。
そして、当然のことながら、SECはそのような決定をしました。
SECの職員は、ビットコインとイーサは証券ではない、投資契約ではないと宣言しました。
そして当然、それらの企業は訴えられていませんし、その幹部も訴えられていません。
政府はビットコインの価格を確認することができます。
なかなかの走りっぷりです。
XRPは、正当な理由もなく別扱いされています。


ネットバーン判事:
繰り返しになりますが、これは今日の問題とは関係ないかもしれません。
しかし、私が理解するのに役立つことだけは確かです。
私の理解では、XRPには一種の通貨価値があるだけでなく、ユーティリティ(実用性)もあります。
そのユーティリティ(実用性)が、ビットコインやイーサとの違いだと思うのですが、それは正しいですか?


マシュー・ソロモン弁護士:
ビットコインやイーサにもユーティリティ(実用性)はあると思います。
また、用途もあります。
必ずしもどこでもビットコインを使えるわけではありませんが、例えば、コーヒーを買ったり、食料品を買ったりするのに使えます。
しかし、ビットコインには、ビットコインが開発したユースケースがあります。
イーサも同様で、例えば、イーサリアムのブロックチェーン上で行えるスマートコントラクトがあります。
XRPにも多くのユースケースがあります。
これらは非常に早い段階で始まっており、だからこそ、SECが2013年から現在までの長期にわたるこのスキームを提訴したことは非常に不可解なことなのです。
例えば、XRPにはODL(On-Demand Liquidity)と呼ばれる製品があり、これは金融機関が米国とメキシコなどの主要なコリドーでシームレスかつ低コストの取引を行うために使用されています。
デジタル資産であるXRPは、銀行がどちらか一方に独自のフィアット口座を持つ必要がなく、その資金をより効果的に他の場所に展開できるという点で有用です。
また、XRPはブリッジ通貨としても利用できます。
ガーリングハウス氏は、このような追加のユースケースを開発するためにリップル社に招かれました。
そして、彼らはそれらを開発しました。
彼らには主要な顧客がいます。
SECが現在までのこの長期にわたるスキームを告発している状況は本当に不可解なのです、裁判長。
彼らは現在もXRPが証券であると主張しています。
それは不条理です。
そして彼らはそれを証明することができないでしょう。
苛立たしいのは、彼らが個人を一括りにしていることです。
彼らは基本的に、これを1つの長い包括的な計画として告発しようとしています。
繰り返しになりますが、訴状の内容を理解するのは難しいです。
しかし、それが彼らの理論なのだと思います。
非常に早い段階でXRPの発行が行われました。
そして、リップル社とガーリングハウス氏とラーセン氏は、それぞれ別の時期に来て役割が違っているにも関わらず、両者がリップル社のためにXRPを販売したり、また、自分自身でもXRPを販売し、SECの登録要件に違反することを企てていたとしています。
しかし、これらはすべて、何年にもわたって彼らの目と鼻の先で公然と起きていたことなのです。
マーケットメーカーは、XRPは証券ではないと考えていました。
取引所はそれが証券ではないと考えていました。
何百万人もの個人投資家がそれは証券ではないと考えていました。
しかし、SECは2020年12月まで何もしませんでした。
イライラしてしまって申し訳ありません。
しかし、これは本当に陳腐化したくない状況の1つなのです。
特に個人を巻き込むのは、純粋な規制の行き過ぎです。
私のクライアントは、この会社の設立時にはいませんでした。
彼は2017年半ばまでXRPを1ユニットも販売していませんでしたが、そこには明らかにユースケースがありました。
裁判長、XRPはイーサに非常に似ています。
また、ビットコインにも似ています。
この訴訟の重要な点は、一体全体なぜそれらは投資契約ではないのか、それらは証券ではないが我々は証券なのか、というSECの考えを裏付けることができるかどうかです。
これがこの訴訟の重要な問題です。
裁判長がよろしければ、文脈を整理するために即席の動議に移らせていただきます。
SECは今、実際には持っていない前例を作ろうとしています。
この訴訟を起こしたのは、前例を持っていないからです。
我々はそれを証明するつもりです。
しかし、彼らは、まだ持っていない前例を構築しようと、今、猛烈な勢いで証拠開示を行っています。
そして、私はそれによってガーリングハウス氏やラーセン氏が不当に被害を受けないようにしたいのです。


ネットバーン判事:
それではディスカバリ(証拠開示)に進みましょう。


マシュー・ソロモン弁護士:
そうです。
だから、我々は会って話し合いを行いました。
私はそれが裁判長にとって正しいと思います。
彼らは、これらの個人が何らかの動機で見て見ぬふりをして法を犯したという考えられる議論をするために必要な文書をすでに持っています。
彼らは他の多くの人々と同様にXRPを販売して得たお金について詳しく説明しています。
彼らが求めるのは・・・


ジョージ・テンレイロ弁護士:
誰がこの会社に関連してXRPを売ったんだよ?


ネットバーン判事:
すみません。
彼らが既にこれを受け取っているというのがあまりピンとこないのですが。
あなたが作成したものが何なのか、平易な言葉で説明してください。
例えば、ラーセンが10万枚の追加販売をしたことを見て、彼らは何と言ったでしょうか?
正確には彼らは何を見たのでしょうか?


マシュー・ソロモン弁護士:
はい、それは良い質問です。
なぜなら、SECはこれをごまかしているからです。
彼らがガーリングハウス氏から見たものは以下の通りです。
そして、フルメンバウム氏がラーセン氏のために説明してくれます。
私が言いたいのは・・・
私は、調査中にすでに我々が提出した事実について、非常に正確であることをはっきりさせたいと思います。
ガーリングハウス氏が従業員報酬として得たXRPを示すすべての取引記録です。
ところで、彼は従業員報酬としてXRPを受け取っていましたが、当然ながらそれが授与されると彼はマネタイズしました。
XRPには様々な用途があり、15年、16年、17年当時もそうでしたが、XRPやビットコイン、イーサでは必ずしもコーヒー1杯を買うことはできません。
そこで彼は、さまざまな段階でXRPの授与を受けました。
彼らはその授与に関するすべての文書を保有しているのです。
そのXRPがいつ授与されたのかや、ガーリングハウス氏が自分のXRPを売却したことについて、彼らはすべての文書を持っています。
彼が自分で売ったもの、そしてマーケットメーカーを通して売ったこと、彼らはそのすべてを持っています。
すべての集計を持っているのです。
だからこそ、彼らは訴状をまとめることができたのです。
だからこそ、彼らは訴状をまとめることができたのです。
そして、判事は何度も何度も、「こいつらはこれだけのお金を稼いだんだ」と聞くことになるでしょう。
なぜなら、それが彼らが持つ唯一の事実だからです。
「彼らはお金を稼いだ」
もちろん、それだけでは訴訟では何の役にも立ちません。
しかし、彼らはそれを切り札にするでしょう。
彼らは書簡の中でそうしています。
彼らは取引記録を持っています。
彼らはガーリングハウス氏の授与契約を持っています。
そして、2020年の取引記録を入手しているところです。
彼らがそれを要求してきたので、我々はすぐに作成することになると思います。
また、ガーリングハウス氏のW2も渡しています。
だから、彼らはガーリングハウス氏がリップル社に在籍していた間にリップル社から受け取ったすべてのお金、すべてのXRPについての記録を手に入れることができるのです。
彼らはあなたのところに来て、「判事、我々は動機の議論ができないので、すべてを理解する必要がある」と言っています。
彼らは必要なものを手に入れたのです。
実際、私はW2について争うこともできましたが、そうしませんでした。
彼らは、ガーリングハウス氏がリップル社で2015年と2016年の初めにCOOを務め、2016年にはCEOに就任した後の資金とXRPに関する完全な財務状況を把握しています。
そして、私はテンレイロ氏が立ち上がってそうでないと言うことを明確にします。
彼らはそれらの記録を持っているのです。
だから、私は彼らが何を言っているのかも分かりません。
この新しい議論では、ブロックチェーン上であれこれ追跡することはできません。
彼らが自分たちの仕事をするには難しすぎると考えているのかもしれません。
しかし、彼らはガーリングハウス氏のために彼らが必要なものを手に入れているのです。


ネットバーン判事:
それは議論の1つになります。
私はSECの主張を理解しています。
そして、テンレイロ氏には聴聞の機会が与えられるでしょう。
あなたが辛抱強く待ってくれていることに感謝します。
私が理解しているSECの主張の1つは、これらの個人がどれだけのXRPを手に入れたのか、いつどのように売ったのか、どれだけ売ったのか、実際にはわからないということです。
そして、あなたが言いたいのは、「それは真実ではない。彼らは、報酬の一部として与えられたXRPの付与とW2の証拠をすべて受け取っている。そして各個人が行った全ての取引、受け取ったXRPの全ての販売についても受け取っている」ということなのでしょう。
これは正しいですか?


マシュー・ソロモン弁護士:
まさにその通りです、裁判長。
まさにその通りです。
そして、私にとっても筋が通ったことかもしれません。
彼らの最初の主張に触れておきましょう
なぜなら率直に言って、彼らが私たちが提供した情報を検証するために、ガーリングハウス氏の銀行記録が必要だと私たちに主張してきたのは初めてのことだからです。
この主張は他の書簡には書かれていません。
それは彼らが考えたことではないからです。
私が思うに、それは良い議論ではないからです。
彼らは今、普通の訴訟をしています。
SECは我々と同じルールに従わなければなりません。
基本的に彼らが言いたいのは、「判事、我々はガーリングハウス氏の財務記録から無関係な情報をすべて提出する権利があり、それによってガーリングハウス氏とラーセン氏が開示義務を果たしていることを確認できる」ということです。
しかし、それは民事の証拠開示のやり方ではありません。
SECは行政の場ではそのように振る舞えるかもしれません。
しかし、連邦裁判所ではそのようなことはできません。
規則ではそのようなことはできません。
それは、原告が被告のすべての電子メールにアクセスできるようにして、被告が原告の要求に応える電子メールを作成したことを原告が確認するようなものです。
彼らは、知りたいと思う証拠開示のリクエストを提出することができます。
例えば、「ガーリングハウス氏は個人的にリップル社に関連するプロジェクトに何らかの形で資金を提供しようと努力していましたか?」といったように。
彼らはそのようにはしていません。
漁夫の利を得るために全てを要求しています。
だから彼らの書簡の最初の主張は単に失敗しています。
率直に言って、彼らが引用している[???sky]対USのケースは脱税事件です。
これはIRSの行政召喚状の有効性を問うものでした。
IRSの脱税事件とは異なる基準です。
IRSはこのデータをすでに持っていないと言いました。
そして裁判所は。
「IRSは、犯罪者の脱税を知るために必要な情報をすべて提供したという個人の主張をそのまま受け入れる必要はない」と言いました。
異なる基準です。
ところで、この詐欺事件での行政上の召喚状は未発表です。
これらの記録に対する権利を主張するために彼らが引用した2つの主な事例です。
それは洗練されていない判決です。
SECは銀行の記録のために訴訟当事者から行政召喚状を受け取りました。
SECは行政上の召喚状の中で、その開示要求が合法的な法執行機関の調査に関連していることを証明すればよいのです。
そして裁判所は、訴訟当事者がすでにいくつかの記録を作成したと主張しても、SECの調査が違法であるとは言えないとしたのです。
これが彼らの主な主張です。
それが彼らのケースです。
そして、このケースでは、彼らが必要とするところに近づくことはできません。
彼らは検証することもできません。
彼らは、「この人たちは信用できない。だから我々に全部よこせ」とは言えないのです。
彼らは我々と同じように証拠開示ツールを使わなければなりません。
私たちは今後の協議でも議論していくつもりです。
また、今後の協議では、判事が関連する証拠を開示するより外科的な方法を試みると思います。
彼らはすべてを手に入れるわけではありません。
つまり、これが彼らの最初の主張です。
彼らの他の主張についても簡単に触れさせていただきます。
念のため確認しておきます。
彼らの書簡に書かれている2つ目の主張は、XRPがHoweyテストの下で投資契約であることを示すために、詳細な財務記録が必要だというものです。
最高裁が70年前に開発したこのテストは、様々な取り決めに適用されています。
ええ、そうです。
つまり、それは古いテストであり、デジタル資産のようなものに適用するのは明らかに難しいのです。
しかし、SECはここでそれをやろうとしています。
しかし、SECはそれを無原則な方法で行おうとしており、テストを原形をとどめないほど引き伸ばしています。
しかし、それはまた別の機会にします。


ネットバーン判事:
ここでは要素3と4に焦点を当てていると言っています。
私はそれを聞きたいと思います。
もちろん、すぐにSECに回答する機会を与えます。
この銀行の記録がどのようにその調査を促進するのでしょうか?


マシュー・ソロモン弁護士:
ええ、まさにその通りの質問です。
そして、彼らは書簡の中で「予想している」と言っています。
彼らは2つのことを言っています。
まず、これらの記録によって、個人の被告が個人的に資金を提供したかどうかがわかると予想しています。
そして、彼らは個人の被告が個人的に資金を提供した範囲についても述べています。
もし、その程度を聞いているのであれば、彼らが主張したとは思えません。
彼らは確かにガーリングハウス氏を知りませんでした。
彼らは、被告がリップル社の活動を促進するために、何らかの形で個人的なリソースを使用したかもしれないことを確認したいようです。
まず第一に、それは奇妙なことだと思います。
というのも、Howeyの下では、質問は…。
彼らはリップル社が発行者であると言っています。
彼らはリップル社のすべての記録を持っています。
彼らはリップル社が何をしたか、何をしなかったかを知っています。
だから、彼らはそのような主張をすることができるのです。
今度は、彼らの理論では引受人であると思われる個人の被告からの主張を求めています。
しかし、裁判長、それは私たちにとってここでは完全には明確ではありません。
あるいは、SECがもう少し明確に説明してくれるのを待っています。
しかし、罪状を考えると、ガーリングハウス氏とラーセン氏には論理的なつながりがありません。
また、彼らがリップル社に関連して私生活でどのようなことをしているかを推測することもできません。
それは筋が通りません。
SECの理論では、例えばガーリングハウス氏は、XRPを販売する際に誰かと投資契約を結び、XRPを宣伝することを約束し、自分の努力をしたとしています。
それは馬鹿げていると思います。
彼は自分が誰にXRPを売っているのかさえ知りませんでした。
その相手も知らなかったのです。
だから、知り合いでもない相手と契約したとは考えにくいです。
ですから、彼らはリップル社が個人と契約を結び、ガーリングハウス氏とラーセン氏は包括的なスキームの一部であると考えているのだと思います。
そう言っているのだと思います。
彼らが何を言おうと、彼らが個人として行ったかもしれない個人的な努力と、Howeyテストとの間の関連性を明示していません。
それでは筋が通りません。
繰り返しになりますが、もしSECが質問状を出したいのであれば、もしガーリングハウス氏の宣誓証言の中で質問したいのであれば
「企業のために個人の資金を使いましたか?」と聞けます。
我々は告発内容とは無関係だと反論するかもしれませんが、彼らはそれを聞くことができます。
しかし、彼と彼の子供たちの個人的な金銭事情にまで踏み込むことはできません。
彼らにはその権利がないのです。
そして、あなたはテンレイロ氏が立ち上がって、SEC対テレグラム社の話をするのを聞くことになるでしょう。
それは、彼がその事件を担当したからです。
それは南部地区の事件ですが、個人は提訴されませんでした。
SECはテレグラム社から銀行記録を入手しましたが、裁判所によれば、同社が投資家からの資金をどのように使用したかという問題に関連しており、想定される証券の購入者がHoweyの下での同社の努力に基づいて利益を得ることを合理的に期待していたかどうかを確認することができました。
また、ここでも繰り返しになりますが、これらは個人が対象です。
SECは、被告個人が投資家からの資金を個人の銀行口座で受け取ったとは主張していません。
そして、個人の財務記録を提出する負担は、いずれにしても、企業の銀行記録を提出する負担を明確に上回っています。
つまり、彼らはテレグラム社の議論をこのケースに当てはめようとしているのです。
しかし、それはうまくいきません。
主な理由は、彼らが個人だからです。
しかし、ブラッドとクリスが持っていると主張されているわけでもありません。
彼らは会社ではありません。
彼らは個人であり、幹部です。
ですから、この主張は通用しないと思います。
テンレイロ氏がどのように説明するかが興味深いです。
なぜなら、これはテレグラム社とは全く異なるからです。
しかし、これが彼らの2つ目の主張である「Howeyの主張」です。
そして裁判長、正直なところ、彼らが明確に説明していないので、私はそれを完全には理解していません。
しかし、たとえ彼らが明確にしたとしても、ラーセン氏やガーリングハウス氏が個人的な立場でリップル社を助けるために何かをしたかどうかという問題を解決するために、より負担の少ない手段が他にあると思います。
もしそれが関連していたとしてもです。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
私は関連していると疑っています。


マシュー・ソロモン弁護士:
彼らの主張はあと2つあります。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
簡単に触れておきたいと思います。
私は時間を気にしています。
お時間をいただきありがとうございました、裁判長。


マシュー・ソロモン弁護士:
3つ目の主張は、ガーリングハウス氏の個人的な財務状況の詳細な知識が、故意(scienter)に関連するというものです。
彼らは、ガーリングハウス氏の収入のうち、XRPの販売による収益がどの程度の割合を占めているかを知りたいのです。
ガーリングハウス氏は、自分の主要な収入源の1つを守るためにリップル社の不正行為の疑いを無視する動機を持っていたという彼らの理論(これが彼らの幇助理論)に基づいているようです。
彼らはこの言葉を南部地区の事件から引用しています。
しかし、彼らは間違った命題のためにこの事件を引用しています。
彼はここに関連する可能性のある収入源に関する財務記録を作成しています。
裁判長にも話したように、繰り返しになりますが、フルメンバウム氏がラーセン氏に代わって確認できます。
彼らはそれを持っています。
彼らはそれを主張しています。
あなたへの書簡の最初の段落に書いてあると思いますが、それが彼らの主張です。
それが彼らの主張です。
「こいつらは金を稼いだ。だから彼らに責任を取らせろ」と。
だから、彼らは収入源についての情報を持っています。
しかし、それらの売上が彼の利益にどれだけ貢献したかを知る権利はありません。
これは、ガーリングハウス氏が金儲けにインセンティブを与えられていることを示す別の言い方です。
これは、どの事件のどの被告についても言えることです。
だからこの事件との関連性の根拠にはなりません。
ところで裁判長、彼らがゴールドストーン事件から手を引いた理由はそこにあります。
彼らの初期の手紙を見ると、SEC対ゴールドストーンを引き合いに出して、彼らには記録を得る権利があると主張しています。
私たちは、ゴールドストーン事件は正反対の命題であると指摘しました。
ゴールドストーンの裁判所は、動機を主張するために被告個人が会社から得た収入の証拠のみを認めました。
そして、ときにこれは詐欺事件でした。
ここに出ていた弁護士の一人が訴訟を起こしました。
しかし、彼らはそれを放棄したのです。
彼らはその事件から完全に手を引いたのですが、それは彼らをサポートできないとわかったからです。
これは、彼らが破産するためにどんな理論でも手に入れようとしていることを象徴していると思います。
もちろん、彼らは破産を望んでいます。
もちろん、彼らはそれを望んでいます。
誰かの銀行記録から何を見つけようとしているのか分かるでしょうか?
2年前にマット・ソロモンが美顔術を受けていたことが分かるでしょう。
誰でも帽子を被らない権利があります。
それは彼らのビジネスではありません。
生理的に無理です。
このケースでは何の関係もありません。
裁判長、私はe-Smartのケースを引用します。
彼らはこの事件を引用しています。
DCのボースバーグ判事です。
彼は素晴らしい裁判官です。
私はこの事件のときSECにいました。
これは集中的な詐称に関する事件です。
第5条の事件ではありません。
被告は投資家から集めた資金を個人の口座に流用したとして訴えられました。
資金の流用です。
それが彼らが引用しているものです。
それはリンゴとオレンジで比較できないものです。
このアメリカのグロースファンディングのケースで
それはより市場に近いです。
それが良い判例でしょうか?
しかし、繰り返しになりますが、あなたが言っているのは、その企業が証券の販売から得た収益の割合が、裁判での全体の収益に関連しているということです。
その証拠は、故意による集中的な詐欺に関連していました。
これらの人々は、人々を騙して盗んだと非難されました。
しかし、これは第5条のケースなのです。
そして、彼らは既にどんな動機や論争でもすることが出来るだけの多くの財務情報を持っています。
そういうことです。
これこそが、彼らがお金を稼いだ個人に対する彼らの訴えなのです。
裁判長、彼らはLipkinも引用しています。
SEC対Lipkin、そしてUS対Lindsayです。
Lipkinは、被告が詐欺の収益を海外の銀行口座に隠していたケースです。
今回のケースとは関係ありません。
今回のケースとは関係無いのです。
ガーリングハウス氏が収益を隠したとは誰も言っていません。


ネットバーン判事:
私はこの点は理解できます。


マシュー・ソロモン弁護士:
はい、最後のポイントです。
最後のポイントです。
そして私は、彼らが脚注でこの議論を最終的に捨ててしまったことに終止符を打つつもりです。
それは彼らの反対意見の3ページ目のノート3にあります。


ネットバーン判事:
これは discord argument ですね。


マシュー・ソロモン弁護士:
その通りです。
そして、ペナルティの論争や懲罰的損害賠償の論争です。
ラジャラトナム事件を読めば、馬鹿げていると思います。私は昨夜読みました。
第2巡回区の事件で、インサイダー取引、並行して刑事訴訟が行われています。
裁判所が言ったのは、ラジャラトナム氏の財産を使って刑罰の額を決めることができるということでした。
民事訴訟の証拠開示の段階で被告の財務状況を徹底的に調査する権利があるとは言っていません。
これが彼らが引用したケースの1つなのです。
判事、彼らは実際にこれは独立した根拠で、この事実だけで証拠開示ができると言っているのです。
つまり、先ほど言ったように、いつでもSECが訴訟を起こしてペナルティを要求するということです。
この理論では、彼らは個人の銀行口座で流し釣りをできることになってしまいます。
それが法律であるはずがありません。
彼らはそれが法律ではないことを知っています。
私にはなぜ彼らがそれを主張しているのか分かりません。
判事、最後に2、3点この種の証拠開示を拒否した事例を紹介します。
Morelli事件、Reserve Solutions事件、Solow事件などです。
これらの事件は、もちろんプライバシーの保護利益があることを示しています。
政府が「プライバシーの保護利益はない」と言うのは衝撃的です。
もちろん、プライバシーの保護利益はあります。
我々は譲れないと言っているわけではありません。
もちろん、譲ることはできます。
しかし、これらの事例は、プライバシーの保護利益があるという命題に基づいています。
ところで判事、最後に私が言いたいのは、私たちはSECがこの書簡で言っていることへのアクセスを主張しているということです。
たとえもしこれらの文書が関連性があるとしても、我々は信じられません。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
あります。


マシュー・ソロモン弁護士:
彼らはそれを立証するようなケースを一つも証明していません。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
あります。


マシュー・ソロモン弁護士:
彼らの要求は非常に不釣り合いで、非常に負担が大きいものです。
ニーズに合わせた要求ではありません。
SECがやってきて、「じゃあ、1万ドル以上の小切手を全部出せ」と言われても困るのです。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
裁判長・・・。


マシュー・ソロモン弁護士:
彼らは3週間前にそれを言うべきでした。
そして、そのことについて対話をすることができたはずです。
しかし、彼らはそうしませんでした。
彼らが言ったのは、「それを渡せ」とか「銀行からもらう」とか「いや、君たちが降伏するまで銀行への召喚状は撤回しない」というものでした。
これは政府がとるべき行動ではありません。
これは民事訴訟者が取るべき行動でもありません。
それが我々がここにいる理由です。
裁判長、保護命令は、彼らが引用した26cのケースを助けません。
彼らはその文書を手に入れません。
保護命令についてではありません。
彼らはこれらのドキュメントを手に入れられないのです。
彼らにはその権利がありません。
彼らはたくさんの文書を持っています。
彼らは訴訟中です。
彼らは他の訴訟当事者と同じです。
彼らは連邦規則に従わなければなりません。
我々は彼らがそれをしているとは思いません。
実際、裁判長、彼らは基準を間違えています。
基準を間違えて、我々の負担だと言っているのです。
数日前のあなた自身のケース、あなたが書いた9/11ケースが
それが正しいバージョンです。
彼らには一応の証拠(PRIMA-FACIE)を作る義務があります。
その後の責任は我々に移ります。
彼らは基準を誤って述べています。
なぜなら、彼らはその基準を満たせないことを知っているからです。
裁判長、我々は彼らが行った財務記録の召喚をすべて取り消すことを要求します。
ガーリングハウス氏とラーセン氏への要求に対して保護命令を出してください。
これは嫌がらせです。
適切ではありません。
法律とは全く無縁の行為です。
延長時間を与えて頂き有り難うございました。
裁判長、有り難うございました。


 

 

ラーセンの弁護士の答弁

ネットバーン判事:
ソロモン氏、ありがとうございました。
フルメンバウム氏、あなたの個人のクライアントのために何か付け加えたいことはありませんか?
私は問題がもっと大きいと推測しています。


マーティー・フルメンバウム弁護士:
同じくです、裁判長。
ラーセン氏は、2012年末にリップル社の創業者の一人でした。
ガーリングハウス氏が就任する2016年末までリップル社のCEOを務めました。
ラーセン氏は、2017年からリップル社の会長を務めています。
私が強調したかったのは、ここに添付されている実際の要求に戻って、ラーセン氏への要求がどれほど幅広いかを話すことです。
彼らは8年間の詳細な財務情報を求めています。
小切手、郵便為替、預金通帳、引き出しなど、何の関連性もなく要求されています。
資産の定義には、価値のあるものなら何でも含まれていて、車や船も含まれています。
これらの要求には何の関連性もありません。
SECと交渉しようとすると、ソロモン氏が言ったように、彼らは銀行に対して第三者機関による同じ情報の召喚状を発行し、それを撤回しませんでした。
だからこそ、私たちはすぐにあなたのところへ来なければならなかったのです。
ですから、私たちはこれについて懸命に交渉しました。
現時点では、この情報は必要ありません。
この事件はまだ始まったばかりです。
もし何らかの理由で、我々の却下の申し立てがあった場合、それは審理される予定です。
それは6月初旬までに完全に説明されるでしょう。
リップル社、ラーセン氏、ガーリングハウス氏のいずれかが販売したXRPの量については、争いの余地はありません。
彼らはこれらの企業のすべての記録を持っています。
彼らは正確に知っています。
裁判長に指摘しておきますが、これらはXRPの総取引量の何分の一かに過ぎません。
2013年以来、海を越えて1兆ドルものXRPが取引されています。
ソロモン氏が言ったように、XRPは200以上の取引所で取引されています。
彼らは、我々が利用している取引所の口座記録の召喚状を提出しました。
そして、彼らはそれを入手する予定です。
これは、我々がすでに提供した財務情報を確認するのに十分すぎるほどの情報です。
ラーセン氏は、リップル社に在籍していたときに自分の口座を通じて行ったすべての売上を記載した税務情報を提出しています。
彼らはそのような情報をすべて持っています。
彼らはGSRに発行した召喚状によってそれを確認することができますが、私たちはそれに反対していません。
裁判長は、彼らが訴えているこれらの販売の事実上すべてが、外国の取引所で行われたことに気づくでしょう。
SECはこれらの販売を管轄しておらず、彼らもそれを知っています。
これがトーレス判事に提出した棄却申し立ての重要な論点の1つです。
SECがクライアントの個々の財務記録をすべて調査するような強権を与えられるような現実的な根拠とはならないのです。
私が付け加えたいのは、それだけです。
彼の書簡の中には、私が対処しなければならないと思うことがいくつかあります。
彼は、ラーセン氏が訴訟提起後にXRPを売却したことを示唆するある証拠についても言及しています。
彼らがどんな証拠を持っているのか、私にはわかりません。
しかし、私の理解では、提訴以降、ラーセン氏によるXRPの販売はありません。
また、仮に販売があったとしても、それは不適切ではないことを強調したいと思います。
SECは、リップル社やガーリングハウス氏、ラーセン氏がXRPを販売することを制限する予備的なリリースを求めていませんでした。
そして実際に、毎日、何万人ものXRPのユーザーが、世界中の海外の取引所や国内の取引所でこのデジタル資産を販売しています。
しかし、私が言いたいのは、SECによる暗示は本当に間違っており、いずれにしてもそれは無関係だということです。
また、仮差止命令を出さなかったことは、裁判長が考慮すべきことだと思います。
なぜなら、もしSECが自信を持っているのであれば、そのようにするはずだからです。
しかし、彼らはそうしなかったのです。


 

 

SECの弁護士の答弁

ネットバーン判事:
ありがとうございます。
また、SECが忍耐強く対応してくれたことにも感謝しています。
彼らはきっと舌を噛んでいたことでしょう。
では、SECに回答を求めてみましょう。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます、裁判長。
かさねて、おはようございます。
SECの代理人のジョージ・テンレイロです。
裁判長、これはある企業と少なくとも2人の個人が、他人のお金を使って、あるいは利益を期待して、あるいは約束して、スキームを考案したケースです。
私は今、最高裁の言葉、Howey, 328 U.S. at 299から直接引用しました。
彼らがここで行ったことは、まさにHoweyの範囲内です。
これもまた最高裁の文言を引用したものですが、この文言は、人々が他人から資金を調達するために考案する様々なスキームに適応できる柔軟な原則として起草されたものです。
当地の裁判所では、デジタル資産にHoweyを適用することに何の問題もありませんでした。
ソロモン氏は、XRPを他の資産と比較して、デジタル資産だと言っていますが、Howeyや他の判例で最高裁がラベルでは十分ではないと説明しているように、表面上は失敗しています。
なぜなら、これらの個人は、数百万のXRPを販売し、投資家の資金から少なくとも6億ドルを調達し、これらの販売だけでなく、XRPを販売するリップル社を設立して組み込んだことで、証券法第5条に違反したとしてSECから告発されているからです。
私たちが目にする銀行の記録や財務記録は、この訴訟で争われている中核的な問題に関わるものです。
基本的にSECは、発生したすべての販売を立証できる必要があり、彼らがすべての記録を作成したという言葉を鵜呑みにする必要はありません。
ソロモン氏は、私たちが書簡の中で引用した事例を区別しようとしています。
私たちの手紙では、IRSのケースや行政上の召喚状が関係しているという事実を指摘しています。
しかし、SEC対Garber事件では、SECは税金の記録を求めましたが、これはさらに高い負担を必要とし、さらに高い閾値を必要とします。
この事件、990F.Supp. 2d 462 の中でです。
この事件でフランシス判事は、SECは納税申告書の最初のページに頼る権利はなく、納税申告書全体を見て被告の主張の信頼性を検証する機会があったと説明しています。
今、私たちは納税申告書を求めているわけではありません。
裁判所もご存知のように、その基準はさらに高くなっています。


ネットバーン判事:
ちょっと待ってください。
今、あなたが引用したケースを確かに見てみます。
私はフランシス判事をとても尊敬しています。
しかし、税務申告書の最初のページとその裏付けとなる文書を区別することは一つのことです。
私がここで理解しているのは、あなたはリップル社や個人の被告から様々な報酬によって付与されたすべてのXRPや、それらの資産を売却した際のすべての取引情報の全体像を得ているということです。
つまり、半分の情報しか与えられていないということではありません。
すべての情報が与えられているのです。
あなたの主張は、私が理解しているところでは、「実際にすべての情報を提供しているかどうか、彼らが真実を語っているかどうかはわからない」というものです。
私の経験では、このような主張は当事者がよくするものです。
通常、私が求めるのは、隠している情報があるのではないかというあなたの疑念を裏付ける何らかの証拠です。
なぜなら、私たちは訴訟中の弁護士や裁判所の職員だからです。
そこには何らかの期待があります。
確かに、私は弁護士がその義務を果たしていると思っています。
ですから、私の質問は、「あなたがすでに受け取ったものが完全なものではないと信じる根拠、あるいは、あなたが知らされていない保留事項があると信じる根拠はありますか?」というものです。

訳注:
ネットバーン判事の意見:SECが全てのXRPの取引記録をすでに入手していると理解している。SECはそれが完全ではないと主張しているが、だったらそれが完全では無いと主張する根拠を示しなさい。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます、裁判長。
はい・・・。
答えは「はい」です。
ソロモン氏は、私たちが彼らの提供した記録に基づいてどのように訴状を作成したかを指摘しました。
それは正確ではありません。
私たちは彼らから不完全な記録を受け取っていました。
訴状を見て、ガーリングハウス氏のものと思われる他の売上を偽名のブロックチェーン取引で追跡しようとしなければなりませんでした。
私たちは民事訴訟中であるという裁判所の指摘には感謝しています。
また、単に確認のために文書を入手することはありません。
しかしこれは、ブロックチェーン上の取引は、定義上、追跡が困難であり、理解するのも難しいという意味で、少し異なっています。
私たちは、リップル社、ガーリングハウス、ラーセン、および彼らがXRPを販売するために利用していた別の事業体が、マーケットメーカーの1つとマーケットメーカーが利用していた取引所の1つを通じてXRPの販売を混同し、すべてのXRPをまとめて販売していたという証拠も得ています。
そのため、これらの販売に関する完全で明確な個別の記録を実際に入手できるかどうかは、私たちには明らかではありません。
また、ここでは販売だけではなく、XRPの取引や移動についても話しています。
なぜなら募集も問題になるからです。
だから、その特殊性から・・・


ネットバーン判事:
後者(XRPの取引や移動)は、あなたが求めているものの中にどのように現れてくるでしょうか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
その通りです・・・


マシュー・ソロモン弁護士:
その調査をしてください。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
私たちが求めているのは、銀行の記録だけでなく、取引記録の全体像を把握することですが、これまでに得られた記録はありません。
いくつかの取引記録を再構築する必要があります。
また、フルメンバウム氏が最後に述べた「これらの口座は外国のものである」という彼らの主張を理解するのに関連する、いくつかの取引口座の口座開設書類なども受け取っていません。
だからこそ、私たちは証拠を集めたのだと思います。
また、今回の問題が実施された時期に、XRPの一部が非ホスト型ウォレットと呼ばれるものに移動したという証拠も得られました。
XRPの一部が非ホスト型ウォレットと呼ばれるものに移動していました。
つまり、デジタル資産取引プラットフォームによって作成または管理されていないウォレットです。
そのため、自分のウォレットがすべてどこにあるのか、必ずしも把握できていない可能性があります。
個人が「この4つのデジタル取引プラットフォームに、この4つのアドレス、この4つのアカウントを持っています」と言うのは簡単かもしれません。
しかし、XRPはそのプラットフォームの外でも動くことができます。そのことを本人が知らなくても、その全体像を把握することができなくてもです。
銀行の記録は・・・


ネットバーン判事:
ちょっと中断させてください。
私の理解では、今日の紛争の範囲は被告の個人的な財務記録を本人か銀行から入手したいということです。
ここで単純に考えてみると、あなたはUBSの口座が必要ということでしょう?
そうでしょう?
今、あなたが求めているものの中で、まだ十分に受け取っていないと思われるものに、取引記録があります。
あなたがすべての取引記録を受け取っていないというのは、正しいかもしれません。
私はそれが今日の紛争の一部であるとは理解していません。
あなたが求めているのは彼らのUBSアカウントだと理解しています。
あなたが求めているのが彼らの取引記録であるかどうかはわかりません。
私はそれが仮説の彼らのUBS口座にあるとは思いません。
2つ目は、ウォレットは別のシステムになっていて、彼らは自分のお金がどこに流れているのかさえわからないかもしれない、という話です。
それもUBSの口座にあるわけではないでしょう。

訳注:
ネットバーン判事の意見:SECは渡されたXRPの取引記録が完全ではないと主張しているが、それは今日の紛争のテーマではなく、今日の紛争でSECが言ってるのはUBS口座の財務記録を出せということ。しかも、SECはブロックチェーン上の取引は追跡が困難であり、どこにお金が流れているかさえもわからないと主張しているが、その情報がUBS口座にあるわけがないでしょ?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
えーと、裁判長。
私は・・・
その通りです。


ネットバーン判事:
この仮定の銀行口座で、あなたは他では見ることのできない何を見ようとしていると考えているのですか?
あなたは私に対してあなたが何を見ようとしているのか説明する必要があります。

訳注:
ネットバーン判事の意見:SECがここで求めているのはXRPの取引記録じゃなくて、他の何かでしょ? だったら、それが何なのか説明する必要がありますよ。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
はい。
銀行口座は、売り上げの純利益を示すシンプルで最も信頼できる証拠です。
それらは変換しなければならないです、お分かりでしょうか。
最終的にはXRPを不換通貨に変換しなければなりません。なぜなら、彼らはXRPが通貨として広く受け入れられていないことを認識しているからです。
そして、彼らが個人的に受け取った純売上高は、彼らの銀行口座に反映されます。
そして、その・・・
そして、繰り返しになりますが、私が取引記録に言及したのは、なぜ取引記録では不十分なのかという裁判所の質問に答えるため、単に説明のためです。
そして、なぜ私たちが取引記録の全体像を把握していないと考えるのかを説明するためです。
最も簡単な方法は、彼らの銀行口座にどのようなお金が入るかを見ることです。
私の経験では、通常、資金の移動が見られます。
そこには「これは××取引所または××デジタルアセット取引プラットフォームから来た」と書かれています。
そして、日付と金額が表示されます。
そして、これにより、彼らの売上の全容と、彼らがXRPの販売から個人的に受け取った収益について、最も信頼性の高い包括的な説明が得られます。


ネットバーン判事:
なぜなら、あなたは彼らの仮定の銀行口座に(取引所?)から100万ドルの電信送金があると信じているからです。
誰からか知りませんが・・・

訳注:
ネットバーン判事の意見:SECはXRPの販売による収益がその銀行(UBS?)に入っているのだと主張しているけど、その根拠はなに? ただの仮定でしょ?そして、それはどこから入ってくるの?(それも仮定の話?)


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ここではコインベースと仮定しましょう。


ネットバーン判事:
すいません、何と言いましたか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
デジタル資産の取引プラットフォームであるコインベースを例に挙げてみましょう。


ネットバーン判事:
それでは、突然、コインベースからラーセン氏の口座に100万ドルが入ってくるわけですね?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
私は彼の取引記録を見たことがありません。
しかし、その情報を見つけられないのはショックです。
このスペースでは、このような仕組みになっています。
個人は、非ホスト型のウォレットか、コインベースのようなデジタル資産取引プラットフォームのウォレットを作成します。
しかし、これらのデジタル資産を米ドルで売却した後にマネタイズするには・・・
つまり、デジタル資産をマネタイズするために、例えばそのプラットフォームはデジタル資産を米ドルで販売します。
そして、その資金を使えるようにするためには、不換紙幣を扱う銀行口座に預ける必要があります。
例えば・・・、私はコインベースを非難しているわけではありませんよ。
KrakenやBitstampなど、彼らが使っているものなら何でもいいです。
いくつもの異なるプラットフォームがあります。
プレゼンテーションの最後にフルメンバウム氏が強調したように、これらのプラットフォームの多くは、実際には海外で法人化されていたり、オフィスを構えていたりします。
しかし、最終的には米国の銀行口座にお金が戻ってこないと、基本的には受け取ることができません。
つまり、彼らがXRPを売っても、最終的にはお金が戻ってくるのです。
そして、私はこのようなケースを数多く手がけてきました。
そして、銀行口座が今言ったようなことを示していないケースは見たことがないと言っていいでしょう。
コインベースで例示すると、「コインベース、××日、××額、などなど」。


ネットバーン判事:
そしてその取引は、台帳の反対側にあるビジネス記録にも掲載されません。
つまり、リップル社からも他の企業からも見ることができないということですよね?
繰り返しになりますが、被告は、すべての取引記録を提供すると言っています。
だから、彼らはこの日にあなたにそれを見せてくれるでしょう。

訳注:
ネットバーン判事の意見:だから何度も言うけど、結局、SECは「受け取ったXRPの取引記録が完全じゃないかもしれない」と言ってるだけでしょ? 被告は指定した日に全ての取引記録を提供すると言っているでしょ?


法廷記者:
すみません、判事。


ネットバーン判事:
はい?


法廷記者:
こちらは法廷記者です。
何が起こったのかわかりませんが、あなたは「リップル社からも他の企業からも・・・」の後に切断されました。


ネットバーン判事:
分かりました、やり直します。
私が言っていたことがきっと雄弁だったのでしょうw
そして、元の場所に戻れないのも確かです。
だから、自分がどこにいたか思い出せるかどうか確認させてください。
テンレイロ氏への質問は、「XRPの清算に関するこの情報は、被告がすでに提供を約束している業務記録や取引記録からも得られるのではないか?」というものです。

訳注:
ネットバーン判事の意見:私が正論すぎて切れちゃったみたい。ということで、XRPの販売による収益の記録は、被告が提供を約束している文書から全て得られますよね?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
だから、裁判長・・・
その・・・
だから、リップル社はこれらの取引記録を持っていることになりますね。
個人は自分に代わって取引を行うマーケットメーカーを持っています。
だからリップル社の記録には残りません。
しかし裁判所の質問に答えるとすれば、リップル社が提供している取引記録には一部の取引が含まれています。
しかし、先ほど述べたように、どの取引が誰のものであるかがはっきりしないような、資産が混在している取引や状況も確認しています。
そのため、これらの情報を得るための最も信頼できる完全な方法は、彼らの口座に振り込まれた金額を確認することです。
このように、ブロックチェーン上で定義上は偽名である取引を扱っているという、非常に特殊な事実関係があるのです。
銀行の記録は、収益の全容を知る上で、最も信頼性が高く、最も完全なものです。
そのため、すでに判明しているように、ビジネス記録を持つ企業がホストしていないXRPの資産の動きがあったとしても、その記録を入手することはできません。
つまり、例えばラーセン氏がXRPを持っていて、リップル社からXRPを入手しているとすると、彼がリップル社からどれだけのXRPを入手しているかは、リップル社の何らかのビジネス記録を見ればわかるということです。
これが第一段階です。
つまり、ラーセン氏には、これまで説明してきたように、問題となっている期間中に利用したいくつかの選択肢があることになります。
1つは、コインベースなどのデジタル資産取引プラットフォームを利用することです。繰り返しになりますが、私が彼らピックアップする理由はありません。
しかし、今回のように香港に本社を置くデジタル資産プラットフォームにアクセスすることもできます。
そして、仲介者を介してこれを行うことができます。
そして、「口座を開設したい。私のためにブロックチェーン上にアドレスを開設してください。リップル社からもらったXRPを送金します。さあ、私のためにこれをいくつか売ってください」と言うことができます。
ラーセン氏自身も、XRPを受け取ったブロックチェーンのアドレスから、コインベースがホストしていない他のブロックチェーンのアドレスに単純に転送することができます。
彼がXRPを仮名や匿名の、ホストされていない新しいアドレスに移動させ始めれば、それらは仮説上の香港の取引プラットフォームやKrakenなどにホストされていないことになります。
なぜなら、これらのアドレスはコインベースやKraken、あるいは仮想的に議論している取引所に属していないし、作られたものでもないからです。
その取引を提供できるビジネス記録はありません。
なぜなら、「このアドレスは誰のものですか?誰の代わりに取引しているのですか?」と尋ねることができるビジネスがないからです。
そして彼は、そのアドレスを通じてXRPを売ることができました。
しかし、最終的に収益がブロックチェーンからラーセン氏に戻ってくる方法は、彼が最終的に米ドルに換金することです。
彼は他の通貨に変換することもできたと思います。
しかし、我々の理解では、彼は米ドルに変換しました。
そのため、彼はそれをおそらく米国内の銀行口座に送り返さなければなりません。
アメリカの銀行口座は、これらの売上を完全に信頼できる形で把握する唯一の方法です。
なぜなら、最終的には彼の個人口座にお金が戻ってくるからです。
その間に起こることは、定義上、匿名であり、不完全で信頼性の低い取引になりがちです。
これは、これらの商品が取引されるプラットフォームの性質上、仕方のないことです。
ですから、相手から送られてくる小さな情報や電子メールをいちいち確認する権利がある、というのとは全く違うと思います。
ソロモン氏が言ったように、これは非常に特別なことです。
ソロモン氏がおっしゃったように、これは非常に特別なもので、最も信頼できる情報が銀行の記録から得られるという、非常に変わったタイプの資産です。
さて、それでは・・・


ネットバーン判事:
では、100万ドルの質問をさせてください。
それは「なぜこのことが重要なのか」です。
そうでしょう?
これは第5条の事件です。
被告がXRPを売っていくら儲けたか、という最も正確な答えがなぜ必要なのですか?
彼らが何百万XRPを受け取ったかは知っていますよね?
それがどの程度の価値なのか、一般的にはわかるでしょう。
それは大金です。
あなたはそれを知っています。
あなたはそれなりの数の取引記録を入手することになります。
もしかしたら、あなたは他にも得られていない取引があると思うかもしれません。
しかし、あなたは個人の被告の取引の収益性については、確実にかなりの部分を把握することができるでしょう。
仮にあなたがそれは完全ではないと思ったとしても、なぜここで正確性が必要なのか?
これは詐欺事件ではありません。
これは第5条の事件です。
それなのになぜですか?
なぜこれがそれほど重要なのですか?

訳注:
ネットバーン判事の意見:だから、SECは現時点でも被告のほぼ全てのXRPの取引記録を得ているわけでしょ? それが100%じゃないとしても、それはほぼ完全に近いと言えるでしょ? あと、これは詐欺事件じゃないですよ? 証券法第5条違反を争った民事訴訟ですよ? だったら、なぜそこまでの完全性が必要になるんですか? その理由は?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
わかりました、裁判長。
第5条の事件で、すべての販売記録が必要な理由は、私たちが書簡に書いたCabin事件で、第2巡回区が説明しているからです。
それぞれの販売は、登録届出書に基づいて行われていないか、免除を受ける資格がないと違反になります。
ですから、もしこれが単なる・・・
私はこの記録を必要とする他の理由については、許可があればすぐに説明します。
しかし、これは事件の核心です。
これらの違反は、私たちが請求している違反です。
私たちが、いつ、何回、これらの販売によって侵害されたのかを正確に立証する必要があることは分かっています。
つまり、これは第5条の主張の核心をなすものなのです。


ネットバーン判事:
「個人の被告は、彼らが販売するたびに第5条に違反していた」
では、XRPを売っている他のみんなのことは忘れてください。
これらの個人の被告は、彼らがそれを販売するたびに毎回第5条に違反したのですね?

訳注:
ネットバーン判事の意見:あなた「個別の販売」って言いましたね? 被告が毎回XRPを販売するたびに、毎回毎回そのたびに証券法第5条に違反したってことですね?(じゃあ、それも証明しないとね・・・)そして、被告の販売行為が証券法違反だと主張するなら、他の世界中の人々のXRPの販売のことは忘れてくださいね。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
えーと、裁判長・・・
すみません。
質問は何だったでしょうか?
売っていた他の個人ですか?


ネットバーン判事:
おそらくこの理論では、あなたがたった今言ったことに基づけば、世界中でXRPを販売しているすべての個人が第5条違反を犯していることになります。

訳注:
ネットバーン判事の意見:だって、あなたの言ったことに基づけば、世界中の人達のXRPの販売はすべて証券法第5条違反になっちゃうでしょ?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
裁判長、それは正確ではありません。
1933年証券法には、第5条の登録条項と第4条の免除条項があります。
大まかに言えば、第4条の免除規定は非常に一般的なものだと思います。
市場の人々による取引であれば、法律によって免除されています。
しかし、第5条では、今回のケースに関連して、発行者と発行者の関係者に焦点を当てています。
つまり、ラーセン氏とガーリングハウス氏、CEO、または役員の誰かだけです。
発行体の関係者は、法令によって把握されています。
具体的には、裁判所は、他のすべての人々が市場でXRPを売買するという仮定の下で、これらの取引を免除しています。
だから裁判長、私はそれに当てはまるとは思いません。


ネットバーン判事:
では、あなたは具体的な主張を持っていますね。
質問したことを謝罪します。私はその答えを知っておくべきだったかもしれません。
しかし、あなたは被告2人に対して、彼らがこれらの違反行為を行ったと主張しています。
私はてっきりリップル社への幇助を主張しているのかと思っていました。
しかし、彼らが個別に違反行為を行ったという主張もあるのですね?

訳注:
ネットバーン判事の意見:なるほど。じゃあ、あなたはリップル社とその関係者以外は証券法第5条違反は行っていないという具体的な主張を持っていたわけですね。そして、SECは個人の被告がリップル社の違反の幇助をしたと言っているだけではなく、それぞれが個別に証券法第5条違反をしたと主張してるわけですね?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
はい、そうです。
私たちは、この個人が自らの販売で第5条に違反したと主張しています。
なぜなら、彼らは販売しているときにリップル社の関係者だったからです。
そして、私たちに免責を提示しない限り、彼らが毎回販売するたびに登録に失敗しています。
彼らは、リップル社の違反とは関係なく、個別に第5条に違反しています。
ですから、その通りです。
我々は彼らに対して第5条の主張をしています。
また、私たちは彼らに対してリップル社の幇助の主張をしています。


ネットバーン判事:
わかりました。
その説明は助かります。

訳注:
ネットバーン判事の意見:なるほど、個人の被告が(リップル社の関係者だから)それぞれ証券法第5条違反をしていたという主張は分かりました。それに加えて幇助もしているわけですね?(つまり、故意にやっていたという主張だね?)


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます、裁判長。
では、財務情報が関連する他の理由に移らせていただきます。
これは第5条のポイントにもつながります。
ソロモン氏はプレゼンテーションの中で、彼のクライアントを含むあらゆる種類の個人が、確か善意の信念というか、言い換えれば「心の中に何かを持っている」というような状況で活動していると述べました。
それが自分の行動を信じさせるようなことを言っていました。
また、彼らが述べたように、彼らは棄却を求めています。
彼らは、自分たちの行為が不正であることを知っていたという主張に非常に強い異議を唱えています。
さて、裁判長、この非常に重要な問題について、事実に基づく法的なポイントをいくつか挙げてみたいと思います。
1つ目は、私たちが訴状で主張しているように、ラーセン氏とリップル社は2012年に弁護士から意見書を受け取り、その弁護士が言うとおりにXRPの販売を一度も開始しませんでした。
そして、繰り返しですが、これは私たちの主張ではありません。
その弁護士は、「いいですか、これらの商品を販売すれば、証券を販売することになる可能性がある状況があります。何かをする前にSECに相談したほうがいいでしょう」と言ったのです。
私たちが主張しているように、リップル社もラーセンも、そして後のガーリングハウスも、この種の販売を行う前にSECに相談していないことに、彼らが異議を唱えるとは思えません。
そして、ここでの私たちの論点は、彼らが何をしようとしたかということであり、Howeyの論点についても少し触れたいと思います。
しかし、彼らがここでやろうとしていることは、自分たちをSECの何らかの理由による無実の犠牲者に仕立て直すことです。
私たちが指摘した事実は、実際にはまったく逆のことを示しているのです。
ここで、銀行の記録に話を戻します、裁判長。
今、彼らは、詐欺を伴うケースを区別しようとしています。
しかし、私には、なぜそれが重要なのか理解できません。
幇助の場合、我々は故意(scienter)を証明しなければなりません。
そして、彼らは故意の意味するところの基準を上げようとしています。
私たちの立場はこれまでもずっと変わらず、彼らへの書簡でも一貫しています。
我々の立場は常に一貫しています。
そして、それが「 scienter」の意味です。
我々が幇助の故意または詐欺を目的とした故意の話をしているからといって、単純に「scienter」の定義が変わるとは思えません。
私が理解している法令では、 「scienter」は「scienter」です。
自分がやっていることを知っていなければならないという文脈では、異なる意味になるかもしれません。
それは別の問題です。
しかし、私たちが証明しなければならないのは、常に知っていて無謀な行為です。
たくさんの事例があります。
私たちの書簡にも多くの事例が掲載されていますが、裁判所は、故意を証明する方法の1つとして次のように述べています。
裁判では通常、個人の心の中までは理解できないとしています。
つまり、状況証拠によって故意を証明するのが一般的です。
私たちが引用した判例は、AGF事件やTelegram事件を区別しようとする際の原則を示しています。
これらは企業が関係しているからです。
それはあまりうまくいきません。
ところで、この2つの事件は、個人が完全に所有する完全所有法人を対象としています。
AGF事件では、個人も裁判にかけられていました。
ソロモン氏が言及したゴールドストーン事件にも通じる、非常に論理的な原則を、彼らはどのように認識しているのでしょうか。
個人の生活がその行為に大きく依存している場合、その個人には反対をするインセンティブがあります。
すべての企業のインサイダーが持っている、企業の株価を上げようとする一般的なインセンティブの話ではありません。
非常に特殊な個人のインセンティブの話をしているのです。
ラーセン氏は、この手に評判の良い法律事務所からの「これはSECとトラブルになる可能性があります。そんなことをする前に彼らに連絡すべきだ」という意見書を持っている間に、販売から少なくとも4億5千万ドルの利益を得ました。
問題は、なぜ彼が意見書を持っていながら、このような販売を行ったのかということです。
陪審員に対して、彼がこのリスクを負うにはあまりにも価値がありすぎたと主張するのは、かなり公平な議論だと思います。
そして、彼は自分の行為が証券取引法に違反する可能性があること、自分が幇助した行為が証券取引法に違反する可能性があることを、無謀にも無視したのです。
彼らは、「我々は無実だ。陪審員に主張する権利があると思う」と言っているのです。
この人は8年間、これが唯一の収入源です。
他にやることがないのです。
しかし、彼には他に収入がないのです。
ガーリングハウス氏も同様です。
しかし、もしそうであれば、私たちはその議論をする権利があります。
この点について、ソロモン氏はe-Smart事件を取り上げました。
e-Smart事件では、SECが「これらの資金のすべてを追跡することはできない。どこにあるのかわからないのです。彼女の銀行口座にあるかもしれません。実際に銀行口座にあったという記録があるとも言っていない」と述べました。
その事件の判事は、「もし銀行口座にあれば、彼女が資金を変換したことになるので、利子を証明できるかもしれません。もし銀行口座になければ、彼女が無実であることを証明する助けになるかもしれません」と言ったのです。
これと全く同じような状況なんです。
銀行の記録に何が書いてあるのかわからない、ということですね。
つまり、知らないものを探そうとしているように聞こえるのです。
しかし、このケースでは故意が非常に重要であるため、銀行の記録が関連しているのです。
彼らは、詐欺事件の場合の故意と、幇助の場合の故意の基準を区別しようとしていますが、私は失敗だと思います。
なぜなら、「sienter」は「scienter」だからです。
テレグラム事件では…
テレグラム事件では,判事は銀行記録の提出を強制しました。
それは第5条の事件に過ぎませんでした。
そしてそこでは、単純に、この故意の点は必要ないとされました。
単に、これらの資金に何が起こったのか、これらの売上はどこに行ったのか、資金はどこに行ったのか、資金に何が起こったのかを知る必要があったのです。
そして、テレグラム事件では、Howeyについても指摘しました。
これが次に私が取り上げたい点です、裁判長。
ソロモン氏は、Howeyテストについて混乱したテストを述べていると思います。
そして私は、もし裁判所がまだそうしていないのであれば、Howeyを見るようにポイントを促します。
私は関連する文章を引用しました。
まず最初に私が言いたいのは、Howeyの最高裁自体が、契約でも取引でもスキームでもよいと述べていることです。
ですから、契約が必要だという考えは単純には正しくありません。
しかし,Howeyに関する第2巡回区の代表的な判例は,Aqua-SonicとGlen-Arden Commoditiesという2つの判例です。
私は裁判所にこのサイトを喜んで提供します。
裁判所は、この2つの判例が文脈を整理するのに役立つと考えるでしょう。
この紛争の本質を簡単に説明しましょう。
Glen-Ardenは493 F.2d 1027で、Aqua-Sonicは・・・


ネットバーン判事:
本当に申し訳ありません。
すみません。
すみません。
本当に申し訳ありません。
Glen-Ardenの引用を繰り返して頂けますか?そして、少しだけスピードを落としていただけますか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ええ、すみません。
Glen-Ardenは493 F.2d 1027で、Aqua-Sonicは687 F.2d 577です。
裁判長、私はこの話をすぐに銀行の記録に戻そうと思います。
しかし、これらの判例でHoweyが投資契約であるかどうかを立証するためのテストと言っていることの背景を説明することは重要だと思います。
ソロモン氏は、我々はデジタル資産なので、ビットコインやイーサと変わらないと言おうとしました。
これらのケースは一様に明確です。
私たちは何か別のもので正しいと言うことはできません。
我々はデジタル資産であり、ラベルの上で終わっています。
我々は、発起人が行った約束や声明、取引の経済的現実を見なければなりません。
リップル社自身の弁護士が彼らに「あなた方は中央集権的な存在なので、ビットコインとは違います。あなた方は、これらの資産を作り、それを販売している1つの団体です」言ったようにです。
それはビットコインの状況とは根本的に異なります。
そして、このテーマはリップル社の存続期間中に繰り返されました。
ガーリングハウス氏や ・・・
我々の訴状には、リップル社の被告が2015年にファンドと例えばXRPについて議論しているという主張があります。
彼らは、リップルのエコシステムが、XRPの唯一最大の保有者であるリップルラボ社の努力に依存していることで、他の仮想通貨と比較して、XRPが証券とみなされる可能性があるという大きなリスクを生み出しているとしています。
繰り返しになりますが、ビットコインとイーサリアムとの主な違いは、資産を市場に販売し、人々に「我々は価値を創造するつもりだ」と語る人々のグループが存在することです。
裁判長、裁判所はXRPのユーティリティ(実用性)に言及しましたが、そのユーティリティが実際に存在するかどうかについては争いがあります。
しかし重要なのは、たとえそれが存在したとしても、リップル社と被告がXRPの用途を開発するために努力し、約束したことが、XRPを有価証券にしているということです。
これこそが、Howeyテストや私が引用した判例の下で何かを証券にするものの核心です。
リップル社と今日の被告は、いかにXRPを無差別に販売したかという点を指摘しました。
確かにその通りです。
そして、裁判所は、私が挙げた第2巡回区の判例を見れば、それらの判例の中でそのことを発見すると信じています。
第2巡回区は、「ちょっと待ってくれ、もし君がこの商品を売るというなら、それを実用的に使うかもしれない人たちだ。しかし、実際にはそのような人たちに販売を制限していないのではないか。私はあなたの実用性の議論を支持するつもりはありません」と言いました。
Grenadine事件では、プロモーターは、ウイスキーを飲むことに興味のない人にウイスキーの棺を売っていました。
また、Aqua-Sonicのケースでは、歯科医ではない人や、このライセンスを使う可能性のある人に歯科医のライセンスを売っていました。
ここでは、被告のリップル社が、XRPには銀行送金に影響を与えるような有用性がある、あるいはあるだろうと主張していました。
しかし、彼らがやったことは、それを私やあなたのような個人に、誰にでも無差別に販売したことです。
では、なぜ彼らはそんなことをしたのでしょうか?
それは、リップル社と被告人の最初の、そして最も重要な基本的目標が、できるだけ多くのXRP取引を市場に投入することだったからです。
彼らは、この資産に流動性を持たせることで価格が上昇し、さらには将来的に一部の銀行にとって実用性のある魅力的な資産になると考えたのです。
ここで指摘したいのは、ソロモン氏は、私たちの訴状の第336段落で、彼の顧客が入社した2015年からリップルに実用性があると捉えていたと述べていることです。
私たちは、2018年にガーリングハウス氏が公開演説で、その日の時点では誰もXRPを使ってクロスボーダー決済に影響を与えていないと説明し、代わりに「今年はもしかしたらユーティリティのユースケースがようやくできるかもしれないと期待している」と述べたことを主張します。
しかし、その点はさておき、裁判長、私が先ほど言ったことに戻ります。
リップル社の第一の目標は、できるだけ多くのXRP取引を市場に投入することでした。
そして、これらの努力は多方面に及んでいました。
彼らは様々な努力をし、リップル社が行ったプロジェクトに参加しました。
その一つが、ラーセン氏が自分のXRPを使って出資したリップルワークスという財団の設立です。
このように、これは単なる釣りや理論の捏造ではありません。
これらの人々には、リップル社のためにこの所謂「ユーティリティ」を開発しようとする非常に具体的な個人的理由がありました。
彼らは、このユーティリティの目的のためだけに資産を売却した場合、それがHoweyテストの基準から外れる可能性があることをよく理解していると思います。
そこで彼らは、そのユーティリティを開発するために多くの努力をしました。
このような努力には、リップル社のCEOとしての個人的な努力だけでなく、少なくともラーセン氏については個人的な資金も利用していました。
このことは訴状に記載されています。
ですから、彼らが実際に私が「Howeyの努力」と呼ぶものに従事したことを主張していないという説明は正しくありません。
ラーセン氏は確かに「Howeyの努力」に従事していました。
なぜなら、リップルワークスはその後、一転して、確か数億ユニットのXRPを販売したからです。これはリップル社の目標や、リップル社、ラーセン氏、ガーリングハウス氏が行っていた努力の種類に直接結びついています。
ですから、彼らがある種の仲介団体を使っているという事実は、Howey分析には関係ありません。
彼らは、トークンがより多く採用され、普及していくように、さまざまな方法で「Howeyの努力」をしていました。
これが、記録を必要とする理由のひとつです。
記録があれば、「Howeyの努力」の程度がわかるからです。
これは、カステル判事が受け入れた、あるいはテレグラムの事件でカステル判事が受け入れたと思われる議論です。
なぜなら、そもそも彼らはこの資産が証券であることに強く反論しているからです。
彼らがある種の「Howeyの努力」をしたとしても、それはビットコインやイーサリアムのように、指摘できるような中央集権的なアクターがいない状況とは全く異なります。
これは、3つの異なる特徴を満たすものです。
ビットコインやイーサリアムのように、中央集権的なアクターがいない状況とは大きく異なります。
そして、最終的には実際にこれらの努力を行ったのです。
訴状の主張は、リップル社がこのような発言をしたということだけではなく、ラーセンとガーリングハウスがこのような発言をしたということです。
ラーセンとガーリングハウスはこれらの販売を行い、ラーセンとガーリングハウスは自分の個人的な財務を含めてこれらの努力をしました。
これが記録が必要な理由です、裁判長。
そして、私は「scienter」(故意)に触れました。
その中心的な論点を再び強調するつもりはありません。
しかし、私が言いたいのは、彼らが無実の罪で行動したという考えに基づいてテーブルを叩いている限り、彼らの財務処理の方法は、「これはトラブルになるかもしれない」と言う弁護士の意見を持っていても、それに反して実行してしまうということです。
裁判長、彼らの財務処理の方法は、故意に非常に関連していると思います。
なぜなら、彼らが実際に自分が無実であると信じていたかどうかを証明するかどうかに関わるからです。
最後にもう1点だけ申し上げます。
彼らは、受け取ったXRPに関する記録を権利確定として話しています。
それは、権利確定付与と呼ばれています。
つまり、彼らはそれを株として扱っているのです。
会社は株式として扱っているのに、一転して裁判所に、自分たちは無実の行為をしていて、これはすべてSECのせいだと言っているのです。
裁判長、私たちはその理論を検証し、彼らが受けた明確な警告を無視しなければならなかった理由を指摘することで、その理論に反論する権利があると思います。
今、私は彼らが弁護士から受け取った意見に注目しました。
しかし、私たちの手紙では、彼らが受けた他の多くの警告を裁判所に紹介しています。その中には、ラーセン氏とガーリングハウス氏が個別に、彼らの行為が証券法に抵触すると警告している、修正された訴状の第395段落から始まるものも含まれています。
今、彼らは「我々は無実の罪で行動した」と言っています。
取引記録もその点を考慮したものだと思います。
裁判長、いくつかの点についてお答えしますと、フルメンバウム氏は私たちの販売に関する手紙の中で、私たちが記録を間違えていると言及しています。
これは、この問題を明確に示すものです。
繰り返しになりますが、この情報の最も信頼できるソースは銀行の記録です。
そして、事実上すべてが海外の取引所で発生したことを強調していることは、私たちがなぜ米国内の銀行の記録を調べようとしているのかを反映していると思います。
裁判長、フルメンバウム氏は、この事件は始まったばかりだとも述べています。
具体的な特別な浪費はありません。
裁判長、トーレス判事の予定表には明確に書かれています。却下の申し立てがあったからといって、証拠開示を遅らせる理由にはなりません。
個々の被告は証拠開示の停止を要求していますが、協議では彼らのクライアントの証言を一度だけしか得られないと言っています。
我々はかなり積極的なディスカバリ・スケジュールを組みましたが、今のところほとんど何も受け取っていません。
被告の3者からはほとんど書類を受け取っていません。
この問題を先延ばしにすることは、この事件の解決には役立たないと思います。
もう1つのポイントは、例えば自己選択のポイントですが、今朝、ラーセン氏から、デジタル資産取引プラットフォームのある口座での取引を反映した取引記録を受け取りました。
その口座では、XRPだけでなく、彼らが「我々はその2つの資産と同じだ」と主張するであろう他の2つの資産の取引を見せてくれています。
ですから、私はプライバシーに関する懸念を否定しているわけではありません。
私が懸念しているのは、被告が自分たちの主張を通すために見せたいものを見せ、私たちの主張を通すための全体像を隠していることです。
そのため、ラーセン氏によるXRPやビットコイン、イーサリアムでの取引が記載されたデジタル資産取引プラットフォームの声明を見ると、「ほら、我々はイーサリアムやビットコインと同じだ」という弁護人の声がすでに聞こえてきます。
裁判長、私はそうではない理由を説明してきました。
しかし、それらの理論に対応するためには、最も信頼性の高い銀行の記録を含む、彼らが実際に行ったことの全体像を把握できるようにすべきです。
他の質問があれば、喜んでお答えします。


ネットバーン判事:
今は特に何も質問はありません。
とても参考になりました。

訳注:
ネットバーン判事の意見:個人の被告がリップル社の幇助を「故意に」していたという主張に関しては何も質問はありません。とても参考になりました。(頑張って「故意」を証明してね)


 

 

ガーリングハウスの弁護士の答弁

マーティー・フルメンバウム弁護士:
裁判長、フルメンバウムです。
私はここでいくつかの点を反証します。


マシュー・ソロモン弁護士:
マーティー、私もいくつかあります。
私にも反証をさせてください。
ただ順番にということです。
すみません。
法廷の時間を気にしているだけです。
裁判長の忍耐力を試すことになるかもしれません。
申し訳ありません。
2つあります。


ネットバーン判事:
正確な記録を残すために、これがソロモン氏の発言であることを確認させてください。


マシュー・ソロモン弁護士:
そうです、裁判長。
申し訳ありません。


ネットバーン判事:
わかりました。
次に、テンレイロ氏が主張した、あなたのクライアントによる各販売が第5条違反であるという議論について、まず回答していただけますか?
動機に関する問題はさておき、少なくとも私の意見では、SECの書面による回答の要点のようなものだと思います。
できれば、この第5条の議論に焦点を当てていただきたいと思います。


マシュー・ソロモン弁護士:
同意です。
つまり判事、この理論では国内での各販売はすべて違反になる可能性があります。
そしてそれは、テンレイロ氏の発言に反して、リップル社の関係者だけでなく、リテイルホルダーや、さらに証券を配布する意図がある場合には、いかなる当事者も含むことになります。
ですから、XRPのエコシステム全体に潜在的な責任がないというのは正しくありません。
彼らはリップル社に焦点を当て、ラーセン氏とガーリングハウス氏に戦略的に焦点を当てています。
しかし、他にもXRPを大量に保有している人がいて、何らかの理由で(検察の裁量の問題かもしれませんが)、彼らは告発を選択しませんでしたが、理論的には、免除の対象とならない未登録販売はすべて対象となります。
ところで、これらのリテイル取引のための免除制度について少し触れておきます。
しかし判事、ここにそのポイントの皮肉があります。
彼らは最初の訴状を修正しなければなりませんでした。なぜならば、被告側の国内取引を一つも主張していないからです。
彼らは訴状を修正しなければならなかったのです。
つまり、彼らは詳細な財務データについての情報が必要だと言っています。
しかし、これらの個人を連邦裁判所に提訴する前に、彼らはいかなる取引、販売、提供も国内で行われたことを立証できませんでした。
現在、彼らは訴状を修正しましたが、訴状にはまだそれが書かれていません。
そして、我々は棄却を申し入れました。
裁判長、ガーリングハウス氏が提出したパブリックレターをご覧になってください。
これは非常に明確で、説得力のある説明だと思います。
確かに、厳格な責任の問題として、未登録の証券を販売すると、リップル社に限らず、個人に限らず、誰でもSECに起訴される可能性があります。
それは、テンレイロ氏が「これはHoweyの単純な応用です。皆さん、何も問題はありません。明らかに契約がある。約束がある」と言うのがとても大胆な理由です。
それを理解するために、いったい全体なぜ8年もかかってしまったのでしょうか?
その理由は、Howeyの下では、XRPが証券である、あるいは証券であったとしても、実行可能な主張がないからです。
だからこそ、こんなに時間がかかったのです。
そして、皆が2020年後半にドアから出て行くときに、この訴訟が起こされたのはそのためです。
しかし、事実に戻りましょう。
私は、ここで何が起こっているのかを考えます。
テンレイロ氏は最初の数分で、なぜ完全な取引記録を埋め戻す必要があるのかを必死に語っているのでしょうか?
それらは完全なのです。
彼は私に不完全であると言ったことはありません。
一度もそう言っていません。
たったの一度も。
だから、それは私にとってはニュースです。
もしそれら不完全であれば、そんなことはありませんが、我々は喜んで修正させていただきます。
彼らは欲しいものを手に入れることができます。
私はガーリングハウス氏のXRPの売り上げを賭けます。
ただ、彼らがこれまでに尋ねなかったことを尋ねるだけです。
これは彼らが提起した全く新しい問題です。
しかし裁判長、SECでは訴訟を起こす人と調査する人が違うのです。
テンレイロ氏は、この調査の間、テレグラムの訴訟で忙しかったのです。
彼らは必要な書類を手に入れることができなかったのでしょう。
確かに個人の財務情報は得られませんでした。
そして、彼らは今、「クリティカル」(重要)だと主張しています。
それが彼らが訴訟の中で使う「クリティカル」という言葉です。
彼らはそれなしで訴訟を起こしたのです。
ガーリングハウス氏の国内販売に関する情報は得られませんでした。
95%は海外での販売です!
彼らはあなたにそれを言いませんでした。
彼らはそれをネットバーン判事にも言わなかったのです。
それが事実です。
そして、そして、彼らは国内の取引を主張することさえしませんでした。
そして彼らは未だにそれをしていません。
ガーリングハウス氏やラーセン氏に対して第5条に基づいて実行可能な主張をするために必要なものさえ主張していないのに、テンレイロ氏がここに来て「あなたの金融生活のあらゆる側面の詳細が必要です」と言っているのを聞くのは、ちょっと大胆です。
この点については明確にしておきたいと思います。
そして率直に言って、Howeyは・・・
Howeyの話はもういいでしょう。
テンレイロ氏の立場もわかります。
彼は30ヶ月の調査で配られたカードに対処しています。
それがSECの仕事です。
彼らは調査官から訴訟担当者に事件を引き渡し、訴訟担当者はそれに対処し、最善の議論を行います。
彼は立派な敵です。
彼には議論があります。
我々の方が優れていますが。
しかし、あなたはそれを聞いたようなものです。
あなたは議論の一部を聞いたようなものです。
しかし、財務記録については、私は彼自身の権限によるものだと思います。
彼らにはその権利がありません。
あなたが彼が言ったと聞いたことは、私がここに書き留めたいくつかのことです。
それはキツい。
キツすぎます。
取引記録を見ていない?
それは真実ではありません。
それはショートカットです。
それが一番簡単なのです。
単に記録があるかもしれないというだけかもしれません。
彼独自の権限では、彼は何も持っていません。
彼は我々の成果物の欠陥については何も話しませんでした。
しかし、フルメンバウム氏自身もあなたの前に現れて・・・


法廷記者:
失礼します、裁判長。
レイチェルです。
法廷記者の接続が切れました。
彼女は再接続する必要があります。


ネットバーン判事:
わかりました。
ソロモン氏、ちょっと待ってください。


マシュー・ソロモン弁護士:
了解しました。
すみません、一旦停止します、そしてあまり長引かせないようにします、判事。
約束します。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。
おそらく、法廷記者が私たちにシグナルを送っていると思います。


法廷記者:
なぜか切断されてしまいました。
ありがとうございます。
どういうわけか切断されてしまいました。
一番最後に聞いたのは「財務記録については、私は彼自身の権限によるものだと思います」で、それで止まってしまいました。


ネットバーン判事:
ソロモン氏、そこからお願いできますか?


マシュー・ソロモン弁護士:
もちろんです。
Cleary Gottliebのマット・ソロモンです。
私はテイレイロ氏自身の権限によるものだと思います。
彼は個人の財務情報を得ることと本件の法的必要性を結びつけるような情報は持っていません。
私はそれは彼らが欲しいものを手に入れるための簡単な方法だと思います。
裁判長、繰り返しになりますが、これは証拠開示のやり方ではありません。
だからこそ、第三者による召喚状を大量に発行しているのです。
そして我々にも大量の召喚状が送られてきました。
我々は情報をまとめるのが大変だから文句を言っているわけではありません。
我々はできる限りのことをしているのです。
彼らも同じルールに従えばいいのです。
これは彼らにとって都合のいい問題ではありません。
彼らは今、規制当局ではありません。
彼らは普通の訴訟当事者なのです。
また、口座開設書類についても、幻想がありました。
彼らはガーリングハウス氏の口座開設書類すら持っていません。
彼らはそれを入手しようとしており、彼らはそれを知っています。
私はSECに、個人から書類を入手していることを知っていて、今日も提出したというのに、我々が1枚も書類を出していないなどと言わないでもらいたいのです。
しかし、私たちは裁判長に事実だけを伝えようとしています。
私は本当に信頼性を維持したいのです。
そして、SECにも同じことをしてほしいと思っています。
私たちは懸命に戦っていますが、これはゲームではありません。
私はここに座っていて、立ち上がるたびに裁判長の前で訂正しなければならないようなことはしたくありません。
しかし、訂正といえば、ガーリングハウス氏の大きな切手記録には出金欄があります。
テンレイロ氏がそれらに出金欄があると言っていることもさえも聞いていません。
彼はXRPが売られた後に出て行ったお金を知っています。
彼はそれらの記録を持っているのです。
おそらく、自分が調査しなかったから、彼はそれを見ていないのかもしれません。
しかし、訴訟になった以上、法廷に出る前に証拠に精通していなければなりません。
それに裁判長、彼らは今までにないケースを提起して・・・


ネットバーン判事:
ソロモン氏、ちょっとだけ座ってください。
あなたの発言には感謝しますが、事実に焦点を当てましょう。
テンレイロ氏がこの事件を引き継いだ役割で何をしたか、何をしなかったかについては考えないようにしましょう。
それは生産的ではないと思います。


マシュー・ソロモン弁護士:
同意します、裁判長。
同意します。
要するに長い調査の後に、彼らが一度も求めなかったとても基本的な情報があるということです。
法廷に出てきて、提供していない、文書を隠していると言い、弁護人である私やガーリングハウス氏を信頼できないと、何の裏付けもなく言いがかりをつけているのです。
それは不適切だと思います。
しかし、裁判長、前に進みましょう。
テンレイロ氏が、パズルが「故意」の決定的な基準であることを認めてくれたことを嬉しく思います。
彼の書簡では、この点について若干の混乱がありましたが、テンレイロ氏はまだ誤解しており、「意図的または無謀な行為」と言っています。
それは、人がやっている違法なことを助けるために、合法的な企業を助けることを知りながら、無謀な行為をしたということです。
裁判長、私のクライアントは彼が話した法的アドバイスを見ていません。
あなたはその書簡でXRPが証券であると判断される可能性は低いと結論づけられているのを見ることができます。
このケースでは、XRPを売ることを知っていたのか、無謀だったのか、あるいは市場に出回っているすべてのものを考慮してリップル社がXRPを売るのを助けたのか、ということが幇助のすべてです。
私は、SECが「これは有価証券である」と判断しない方向性を示すすべての要因について、ビットコインやイーサはもちろんのこと、その他の事実も含めて議論を展開したと思います。
つまり、我々は犯罪者が無罪を主張するような言葉は使っていないのです。
それは役に立ちません。
私たちが示さなければならないのは、ガーリングハウス氏やラーセン氏がリップル社の販売に関わっていたことが、意図的でも無謀でもないということです。
そして、明らかにそうではありませんでした。
繰り返しになりますが、8年間SECは何のアクションも起こしていませんし、その他様々な事実があります。
私たちはこの点について記録を整理しておきたかったのです。
経済的な現実という点では、私は「ラベルの問題だ」などとは言っていないことをはっきりさせておきたいと思います。
実際、私はイーサ、ビットコイン、XRPの類似点をいくつか挙げていきました。
そして、私は我々がこの問題に加わったことを嬉しく思います。
というのも、私たちはSECに対して、ビットコインとイーサが証券ではないと判断した方法や、上官を通じてビットコインとイーサが証券ではないと判断して明確にした事柄について、証拠開示を求めていくつもりだからです。
これは明らかにこの訴訟のクリティカル(重要)な部分です。
もしSECがこれらのデジタル資産が著しく異なるものであるという見解に自信を持っているのであれば、それを裁判所と共有し、一般の人々と共有することに問題はないはずです。
これはクリティカルです、判事。
そして、テンレイロ氏はまさにその通りです。
これは「ラベルの問題」ではありません。
これは機能テストなのです。
ですから、この命題をテストできるようにしなければなりません。
なぜなら、SECは市場の重要なアクターだからです。
裁判長、我々はこの件についてあなたの前に戻ってきます・・・


ネットバーン判事:
わかりました。
それでは表に出て戦いましょう。
それは次の申し立てです。


マシュー・ソロモン弁護士:
その通りです。
まさにそれが次の申し立てです。
SECは自分の仕事をしています。
一生懸命戦っています。
ただ、繰り返しになりますが、彼らはスーパー訴訟者ではありません。
特に個人に関連して、このような探索的な証拠開示を認めた判例は一つもありません。
詐欺事件ではありません。
ここでの違いは、詐欺だけではなく、個人も対象としていることです。
詐欺事件であれば、資産隠しや脱税についての現金の話をしているので、文書を入手するやむを得ない必要性があることを理解しやすいでしょう。
しかし、今回のケースはそうではありません。
ですから、裁判長には、追加の証拠開示を許可していただきたいと思います。
なぜなら、我々はここでは何も必要ないと思うからです。
我々はXRPについてSECが何を言うかはわかります。
私は彼らが何を言っているのかは知りません。
彼らが私にそれを指摘したことはありません。
フルメンバウム氏にも聞いていないと思います。
今回の話は皆さんの時間を無駄にしたかもしれません。そして、それについては私は申し訳ないと思っています。
私たちは、ラーセン氏とガーリングハウス氏がリップル社に在籍していた期間のXRP情報を喜んで提供し、彼らが望む議論をすることができるからです。
動機についての事実認定者にです。
我々はすでにそれを行ったと信じています。
しかし、テンレイロ氏はそうは考えていないようです。
私たちは、その問題に参加できることを願っています。
しかし、XRP以外の財務情報については、今日、彼らはその権利を全く示していないと思います。
この情報は、彼らが手に入れたいと思っているものであり、権利があるものではないことが明らかになりました。
ありがとうございました、裁判長。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。


 

 

ラーセンの弁護士の答弁

マーティー・フルメンバウム弁護士:
裁判長、フルメンバウムです。
ソロモン氏はいつも私が言いたいことを言ってくれているので、私は非常に簡潔に説明したいと思います。
テンレイロ氏の主張には、裁判長に提出された特定のRFPや、特定の第三者が被告の個人口座があるシティバンクやシリコンバレーバンクのような銀行に行うことを正当化するものは何もありませんでした。
彼らはそれらの口座からXRPについて何も学ぶことはありません。
そして、彼らはただ押し入りたいだけだとわかっています。
そして、この2人の個人に嫌がらせをしているのです。
テンレイロ氏がこの2012年の記事を引用したのは失言でした。
そして、私は法的見解の日付を強調しました。
これはリップル社が実際に設立される前のことです。
そして、その運営が始まる前です。
そのため、証券であると判断される可能性は低かったのです。
だからこそ、その法的見解が証拠となるのです。
なぜなら、それが実用化されていたからです。
それはSECに提出されました。
だからSECはこの文書を長い間持っていたのです。
これが1つ目です。
2つ目、このテンレイロが無視していることですが、リップル社が事業を開始した後の2015年に、彼らは司法省および財務省との間でリップル社が送金組織であると判断される契約を締結しました。
通貨規則やマネーロンダリング防止規則の対象となります。
そして、2015年以降、このように規制されています。
また、ニューヨークの金融サービス局も同じようにリップルを規制しています。
つまり、そこには大きな違いがあるのです。
また、XRPに関しては、これを裁判長が知ることは重要なことかもしれませんが、XRPはじつは存在していたのです。
XRPの全量が、リップル社が誕生する前から存在していました。
ですから、これはリップル社が作って、それを売り払ったという状況ではありません。
XRPは事前に存在していて、それが2015年から適切な用途に利用されたのです。
ソロモン氏が言ったように、それを利用するためのゲートウェイがあったのです。
そして、今では世界中で卓越した送金手段の一つとなっています。
そして、2013年以降、少なくとも1億4,000万件の決済取引が行われています。
約1兆3,000億ユニットのXRPがその分散型台帳上を移動しました。
そして、少なくともSECが訴訟を起こすまでの間、XRPの価格がリップル社の声明や行為に従わずに他の仮想通貨と一緒に動いていることを、ビットコインやイーサとの関連で示すことができます。
リップル社には、会社に資金を提供した株主がいます。
そして彼らは株を売っています。
それはXRPのデジタル資産とは別のものです。
そして、我々はXRPがビットコインやイーサと似ていることを証明します。
以上が、テンレイロ氏の発言に対する私の回答です。
しかし、テンレイロ氏の発言は、彼らが求めている広範な証拠開示に関連するものではありません。
もし彼が取引を特定するのに問題があったり、ここに仲介者がいると思うなら、私たちはそれに対処できます。
これまでに彼が我々にそのような問題を指摘したことはありません。
それが本当に重要なのです。
私たちがこの問題を議論しているときに、彼が第三者である銀行からこれらの文書を入手しようとしたことは全く不適切でした。
もし彼が理解できない取引に関する問題があれば、私たちは喜んで説明します。
彼らには、XRPの取引に関するすべての情報を提供する用意があると伝えています。
彼らはその数を正確に知ることができます。
なぜ彼は、1,000回の取引をしたかどうかを今知る必要があるのでしょうか?
彼はもしかしたら1,001回の取引を見つけるかもしれません。
私にはその関連性は全然わかりません。
しかし、いずれにしても、我々はテンレイロ氏の市場に関する知識に喜んで対応したいと思います。


ネットバーン判事:
結構です。


 

 

SECの弁護士の答弁

ジョージ・テンレイロ弁護士:
簡潔にお答えしてもよろしいでしょうか?
SECの代理人のジョージ・テンレイロです。


ネットバーン判事:
テンレイロ氏ですか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
そうです。
お答えしてもよろしいでしょうか?


ネットバーン判事:
わかりました。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます。
裁判長、裁判所は、各販売が法令違反であるかどうかに焦点を当てる質問をしています。
私は被告がこの質問に答えていないと思います。
そして、彼らが通常行っているのと同じような道筋を辿っていることはご存知の通りです。
そして、私はSECを裁判にかけるようなことには、緊急に抵抗したいと思います。
そして、私は明らかに私自身の訴訟スケジュールを裁判にかけることになりそうです。
私たちは証拠を必要としないほど明らかにしました(PRIMA-FACIE case)。
では、なぜこれらの文書を止めなければならないのでしょうか、裁判長?
被告は、これらの販売のいくつかは、販売がどこで行われたかが重要であるため、SECの手の届かないところにあると主張しています。
繰り返しになりますが、売上の全容を把握し、売上がどこから来たのか、売上の収益がどこから来たのかを理解するには、銀行の記録が必要です。
私たちは・・・


ネットバーン判事:
そうですね。
しかし、テンレイロ氏、ソロモン氏はガーリングハウス氏の販売の95%は海外で起こったと言っています。
つまり、これらの販売は第5条違反とは言えないかもしれません。
それが本当かどうか、みんなで争う意味がよくわかりません。
しかし、もし我々が彼の売上の95%が海外であったかどうかという意味を受け入れ、もし我々がこの主張を受け入れるならば、海外での特定の販売はあなたの主張の対象とはならないでしょう。
ある取引によって仮定の銀行口座にお金が入ってくるのを見ることが、なぜ必然的にあなたの主張を証明することになるのか、私にはまだ明らかではありません。

訳注:
ネットバーン判事の意見:ガーリングハウスのXRPの販売のうち本当に95%が海外で行われていたなら、それは証券法第5条違反とはならないでしょう。それで、なぜ銀行口座にお金が入ったのを見るのが大事なんですか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
はい、裁判長。
ソロモン氏はこの点について、裁判所に書簡を見るように促しました。
私も裁判所に同じように、私たちの書簡を見ていただきたいと思います。
前提が間違っています。
我々は販売の一部が海外のプラットフォームで行われたという事実を受け入れることはできます。
しかし、被告が指摘しているように、これは第5条の事件です。
また、モリソンに基づく彼らの主張は正しくありません。
モリソンは詐欺を扱ったものです。
そこで被告は、「詐欺事件であるモリソンを見よ」と言っているのですが、これは間違いです。
レギュレーションSは第5条の下で発行され、どのような取引が国内取引とみなされるかを扱っていますが、私たちは書簡の中でこれを指摘しました。
SECが公布したレギュレーションSでは、基本的に海外のコンジットを経由して米国に戻ることで、その法令を免除することができるのです。
そうでなければ、証券法の登録義務を回避する最も簡単な方法は、単にすべての有価証券を・・・


ネットバーン判事:
はい、テンレイロ氏がいなくなりました。
テンレイロ氏はもう店じまいしたようです。
しかし、彼が戻ってこないまま審理を終わらせるのは適切ではないと思います。
だから、私は気前よく続けようと思います。
もう少しだけ我慢します。
出来ればテンレイロ氏には戻ってもらいましょう。
そして、最後にまとめます。

訳注:
ネットバーン判事の意見:モリソンに基づく主張がおかしいとかレギュレーションSの話してたね・・・。じゃあ、そろそろお開きにしますか。


マシュー・ソロモン弁護士:
ありがとうございます。
彼が何を言おうと私たちはこれ以上何も言わないことをお約束します、判事。
今日はお付き合いいただきありがとうございました。


ネットバーン判事:
どういたしまして。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
裁判長、ジョージ・テンレイロです。
申し訳ありません。
電話が切れてしまったようです。


ネットバーン判事:
ええ、私たちはそれが起こったときに聞きました。
だから、あなたに考えを終える機会を与えます。
そして、今日の審理を終了します。


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます、裁判長。
モリソンの下では、被告が主張するように、レギュレーションSが販売や募集が国内であるかどうかをコントロールするという点で、モリソンは適用されません。
レギュレーションSでは、書簡で説明したように、米国に戻ってくる証券には何の制限もありません。
除外されないのは、裁判所が想像するように、第5条の登録義務を回避するには、単に海外で株式を売却し、米国内で転売するのが最も簡単な方法だからです。
つまり、何が国内での販売にあたるのかという点で、非常に根本的な問題があるのです。
また、個人の取引が重要な理由でもあります。
また、裁判所には協定に抵抗することを強く求めます。
個人の被告は、すべての販売が法令違反の可能性があるという点について何も答えていないように思えます。
今は、「では、戻って読み合わせをしましょう」と言って避難したいのです。
裁判所には、手紙の記録を見ていただきたいと思います。
我々は2月26日に彼らに書簡を送りました。
彼らはそれに回答しませんでした。
我々は3月3日にメールでフォローアップすることになりました。
その後、ミーティング協議を行いました。
すると彼らは、「召喚状を撤回しないならば、我々はあなたと会って協議するつもりはない」と言ってきました。
再度、私たちは彼らと会って協議しようとしました。
フルメンバウム氏は裁判長のためにRFPに言及しました。
RFPは絞り込まれています。
私たちは、彼らへの手紙や裁判所への手紙で述べたように、RFPを絞り込みました。
私たちは、これらの記録がSECの主張と被告の抗弁の両方にとって重要かつ不可欠である理由を示す「PRIMA-FACIE case」を満たしていると考えています。
また、ソロモン氏が正しいとは聞いていません。
我々にはその根拠を示す責任がありますが、それは果たしました。
彼らは、なぜ自分たちに負担がかかるのか、あるいは要求が不適切なのかを裁判所に説明しなければなりません。
私たちは、彼らがそうしていないことを敬意を表して裁判所に提起します。
ありがとうございました。


ネットバーン判事:
結構です。
皆さん、ありがとうございました。
判決を下す前に、皆さんのアドバイスを参考にして、いくつかのケースを読み直し、いくつかの手紙に目を通してみるつもりです。
ですから、今回は判決を出すのを控えさせていただきます。
ただ、一部、審理を中断する必要があります。
別の審理があるからです。
ただ、今後の申し立てについてだけ、テンレイロ氏に確認しておきたいです。
私は3月15日に行われた強制証拠開示の申し立てに対して、あなたが何日までに回答するかが分かりません。

訳注:
ネットバーン判事の意見:はいはい、わかりました。それじゃ、お開き。判決は後で出しますね。ところで、SECはリップル社からの証拠開示の申し立てへの回答はいつするつもりなの?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
月曜日です。


ネットバーン判事:
月曜日に提出するのですか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
そうです。


ネットバーン判事:
OK、わかりました。
それでは、月曜日までに提出されたこれらの申し立てを見て、これらの申し立てについて口頭弁論が適切かどうかを判断します。
もしそうであれば、命令を出します。
よろしいでしょうか。
皆さんに感謝します。

訳注:
ネットバーン判事の意見:はい、じゃあ月曜日に出してくださいね。(ほんでもってリップル社と戦ってくださいなと・・・)


ジョージ・テンレイロ弁護士:
ありがとうございます
裁判長に補足しておきますが、もし私が・・・


ネットバーン判事:
テンレイロさんですか?


ジョージ・テンレイロ弁護士:
そうです。
これは念のためですが。
ありがとうございます、裁判長。
SEC対キック社事件については言及し忘れましたが、裁判所はHowey問題を検討しています。
テレグラム事件では銀行の記録がありますが、SEC対キック社事件、SEC対テレグラム事件のいずれも南部地区の事件で、Howeyテストのデジタル資産を適用した実質的な判決が出ています。
これは裁判所にとっても参考になると思いますので、よろしければどうぞ。


ネットバーン判事:
ありがとうございます。
この2つの事件は、あなたの手紙に書かれていると思います。


マシュー・ソロモン弁護士:
テレグラムだけだと思います。
そして、テレグラムは銀行取引記録の判決を引用しているだけです。
しかし、キック社事件の訴訟記録番号は 19 Civ. の確か 5433 でした。
これは私の事件ではありませんが、ヘラースタイン判事以前の事件です。
彼の意見は、Westlawに関するものだったと思います。


ネットバーン判事:
素晴らしい。
わかりました。


マシュー・ソロモン弁護士:
私たちに新しい権限はありません、判事。
私たちは、すでに書簡で述べた権限に従います。
そして今日はお時間をいただき、ありがとうございました。


 

コインチェック