XRP Ledgerと構成要素

XRP

出典: Ripple Labs, Inc.

出典: Ripple Labs, Inc.

XRPは XRP Ledger のネイティブな通貨です。ドルやユーロとは違い、XRPは生来の電子的な資産(Digital Asset)であり、Ripple内にのみ存在します。1000億XRPがXRP Ledger内にプログラムされ、Rippleプロトコルのルール上、それ以上は発行されることがありません。XRPはRipple内で唯一の資産となる通貨です。Ripple内の他の全ての通貨は残高として存在しており、これはゲートウェイの負債であることを意味します。この資産と負債の違いが数学に基づく通貨の一つの革命的な性質です。なぜならXRPは負債ではなく資産であるため、ユーザーは第三者のカウンターパーティーリスクを負うことを承諾することなく、USD残高を送金する代わりにXRPで価値の交換を行うことができるのです。

<総発行量と最小単位>
XRPの最小単位は1 XRPの100万分の1(0.000001)で、この最小単位を”drop”と呼びます。つまり 1 XRP = 1,000,000 drops です。総発行量の1000億という数字は人的要因により決定されました。dropsの64ビットの精度のうち1ビットをXRPフォーマットを表すフラグ、1ビットを符号、3ビットを未使用領域として合計5ビットがフラグとして割り当てられています。1000億XRPは100,000,000,000,000,000 dropsであり、これは64ビットから前述の5ビットを差し引いた59ビットの符号無し整数(unsigned integer)に収まります。

100,000,000,000,000,000 = 10^17 = 10^11 * 10^6
576,460,752,303,423,488 = 2^59

<手数料>
XRP Ledger にアクセスするには、微小な額ながらも、いくらかのXRPが必要となります。これらはトランザクションに対する手数料と永続性を維持するための担保として利用されます。この設計の目的は、攻撃者をすばやく破産させ、ネットワークがスムーズに機能し続けるようにすることです。XRP Ledger に対する攻撃はすぐに高価になりますが、一般ユーザーにとっての費用は実質的に「無料」のままであり続けるようになっています。詳しくは、『手数料(曖昧さ回避)』を参照してください。

<公式解説>
XRPポータル
リップルおよび「価値のインターネット」においてXRPが果たす役割
グローバルな銀行間決済にリップルとXRP使用した場合のROI

アドレス

Rippleの残高はアドレスに対応づけられて格納されます。アドレスは、アカウントの公開鍵暗号ペア(公開鍵と秘密鍵)から生成され、公開鍵側をリップルアドレス、秘密鍵側をシークレットキーと呼びます。

リップルアドレス
リップルアドレスは、アカウントの公開鍵のハッシュをBase58でエンコードした ‘r’ から始まるアルファニューメリックストリング(文字数字の列)で、アカウントを特定するための公開されたアドレスとして利用されます。リップルアドレスを用いて取引履歴や残高の確認を行うことができます。

シークレットキー
シークレットキーは、アカウントの秘密鍵から生成されたアルファニューメリックストリング(文字数字の列)で、リップルアドレスと似ていますが ‘r’ の代わりに’s’から始まります。シークレットキーを保持している限り、いつでもアカウント内にあるお金にアクセスできます。これはもし他の方法でアクセ スが出来ない場合、バックアップ方法として重要なことです。(例えば、あなたの電話が二要素認証のテキストを受信できない時)他のアクセス方法がない場合、シークレットキーがないと、ロックアウトされ、自分のアカウントを使用できません。シークレットキーは如何なる状況でも自分のアカウントにアクセスできる唯一の方法です。

ウォレット(財布)

RippleTradeウォレット(財布)はリップルアドレスとシークレットキーのペアです。また、それらを保管するソフトウェアや媒体(紙など)もウォレットと呼びます。

ホットウォレット
ホットウォレットはネットワークに接続されたソフトウェアウォレットで、代表的なホットウォレットはリップル社が提供するRippleTradeです。両替や送金が速やかにできるので利便性が高いが、ネットワークに接続されていることに起因するセキュリ ティ上のリスクがあります。

コールドウォレット
コールドウォレットはネットワークから切り離されたウォレットで、代表的なコールドウォレットは、紙にシークレットキーを書き込んだペーパーウォレットで す。クラッキングなどで秘密鍵が漏洩する危険性が無いため、シークレットキーの保管方法としては最も安全であると言われています。

ゲートウェイ

出典: Ripple Labs, Inc.

出典: Ripple Labs, Inc.

ゲートウェイは顧客から通貨の預金を引き受け、代わりに XRP Ledger の残高を発行するビジネスです。これは伝統的な銀行の役割にとても似ています。Ripple ネットワーク上でXRP以外の通貨による残高を保有するには、ゲートウェイに接続する必要があります。これは、「トラストラインの確立」としても知られています。XRPの残高の場合はゲートウェイに接続する必要はなく、XRPには発行者が存在しないことに注意してください。Rippleプロトコルの性質上、各送信につき少量のXRPが破壊され、Rippleアカウント間でXRPによる間接的な信用が築かれます。

IOU(イシュアンス)

IOU(イシュアンス)はゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行される借用証書です。(語源は英語のI owe you.) ゲートウェイから顧客に発行されるIOUの残高は、基本的に顧客から引き受けた預金の残高に基づきます。

Rippleユーザー同士はゲートウェイから発行されたIOUで支払いを行うことができます。この場合に必要なのは、IOUを保持するために支払いを行うユーザーが互いに共通のゲートウェイをトラストすることだけで、直接お互いをトラストする必要はありません。

また、Gold Bullion Internationalが発行するXAUのように、IOUは通貨以外の資産の価値記録にも利用することができます。

※ILPが統合されたRippleソリューションでは、イシュアンスをXRP Ledger上に発行しない方式に移行しました。