Rippleの概要

Ripple(リップル)は、2004年に Ryan Fugger によって考案された決済プロトコルです。ビットコイン取引所の Mt.Gox の創業者として知られる Jed McCaleb は、2011年にビットコインの仕組みを応用した Consensus Ledger を考案し、eDonkey の開発者である David Schwartz、Arthur Britto と共に Consensus Ledger の実装を開始しました。2012年にフィンテック業界のイノベーターとして知られる Chris Larsen が Jed McCaleb 等のチームに合流、そして Ryan Fugger との話し合いの結果、Rippleプロジェクトの指揮権が Chris Larsen 等のチームに譲渡され、Rippleプロトコルと Consensus Ledger の統合が行われました。その後、ビットコイン・コミュニティのリーダーの一人である Stefan Thomas により改良が加えられ、現在の Ripple の原型である Ripple Consensus Ledger(RCL)が誕生しました。

公式動画(日本語字幕あり)

Rippleでは、二重支払いの防止を Satoshi Nakamoto によって考案された Proof-of-Work(PoW)ではなく、新たに開発されたコンセンサス・アルゴリズムによって行うため、ビットコインの致命的な弱点であるスケーラビリティや消費電力といった問題を克服しています。また、ビットコインと比較して決済が高速(数秒)であり、現在のところセキュリティホールは発見されていません。Ripple は、ビットコインのようにドルや円といった法定通貨に取って代わる電子マネーを生み出すことを目的とせず、Rippleネットワーク上で金融機関が発行する『Issuance』と呼ばれる電子的な手形を交換することで国際送金を実現します。こうした功績から、開発元のリップル社は、2015年に世界経済フォーラムテクノロジーパイオニア賞を受賞しました。

世界経済フォーラム テクノロジーパイオニア

2015年には、リップル社のCTOである Stefan Thomas 等がブロックチェーンなどの異なる台帳同士を接続するためのプロトコルであるインターレジャー・プロトコルを開発し、ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム(W3C)によって標準化のための作業が行われています。このインターレジャー・プロトコルは、Ripple から派生した決済プロトコルで、2017年3月に Ripple Consensus Ledger に統合されました。これに伴い、Ripple Consensus Ledger は XRP Ledger へと改称されました。また、米国FRBが主導する Faster Payments Task Force では、Ripple は米国の次世代決済システムの有力な候補として取り上げられており、リップル社の Ryan Zagone は同委員会の運営委員を務めています。

FRB による Ripple の紹介

国内では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行を含む大手金融機関が2016年から続々と Ripple の採用を表明し、金融機関向けエンタープライズ製品への Ripple の統合が進められています。2017年8月19日現在、61の国内金融機関が Ripple を利用した送金インフラの構築を行うための『内外為替一元化コンソーシアム』に参加しています。

RCクラウド – 内外為替一元化コンソーシアム

リップル社ロンドン支部のジェネラルマネージャーを務める Marcus Treacher(元SWIFT取締役)によれば、SWIFT(国際銀行間通信協会)も自社のラボで Ripple の試験を行っており、同氏は2016年9月に英国 CHAPS の取締役に就任しました。また、リップル社の会長を務める Chris Larsen は、2017年3月に IMF のアドバイザーに就任しました。


関連項目