国際送金の基礎知識

BITPOINT

取引、清算、決済

決済システムにおける決済の実行プロセスは、ペイメント(支払い・取引)、クリアリング(清算)、セトルメント(決済)の3つに分類されます。この一連のプロセスは、ペイメント=>クリアリング=>セトルメントの順番で行われます。

更に深く知りたい方は、以下の日本銀行による解説が丁寧で詳しいです。

セトルメント(決済)

お金(現金、預金残高)を実際に移動すること。例えばお店で現金の支払いをすると、お店にお金が移動します。これがセトルメント(決済)です。

ペイメント(支払い・取引)

ペイメントとは、お金(現金、預金残高)の移動が伴わない支払いのことです。例えばお店でツケ払いをすると、実際にはお金のやり取りをすることなく支払いが完了します。この一つの例がクレジットカードです。クレジットカードで支払いを受けたお店は、決済日までお金を受け取ることができません。

クリアリング(清算)

AさんとBさんが互いにツケ払い(ペイメント)を繰り返した場合、月末などのタイミングで決済(セトルメント)をする必要があります。決済のために帳簿上でお互いの支払い履歴から、実際に支払う差額を計算するプロセスをクリアリング(清算)と呼びます。

 

国内の送金

中央銀行を利用する決済

銀行間の決済では、支払いを行う当事者同士があらかじめ中央銀行にお金を預けておいて、中央銀行のシステム上でペイメント=>クリアリング=>セトルメントのプロセスが実行されます。

図1.決済システムのスキーム概要 出典:deloitte.com

仕向銀行・被仕向銀行

上の図で、仕向銀行(しむけぎんこう)被仕向銀行(ひしむけぎんこう)という言葉が出てきます。銀行を介した送金で、顧客(送金人)から送金や振込の依頼を受け資金を送付する銀行を仕向銀行、資金を受け取る銀行を被仕向銀行と呼びます。

 

国際送金

コルレス銀行

コルレス銀行は、外国に送金する際にその通貨の中継地点となる銀行です。銀行間の内国為替取引の場合には、銀行間の決済は両行が自国中央銀行に開設している当座預金勘定でそれぞれの銀行間の資金決済を行いますが、外国為替(国際間の取引)では日本銀行のような中央銀行がありません。そのため、銀行は海外の銀行との間で口座(コルレス口座)を開設しあい、その口座で資金を振り替えることによって決済を行います。コルレス銀行が最終の支払相手ではない場合、他行への口座の振替えは中央銀行を通じて決済が行われます。

図2.コルレス銀行

C銀行がA銀行とB銀行のデポ銀行の場合、C銀行内のA銀行口座とB銀行口座の資金振替をすることで資金の決済を行います。SWIFT加盟行のうち7,000行が合計130万件のコルレス関係をもっています。

為替

ここで為替(かわせ)という言葉が出てきました。為替は、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称です。為替には内国為替外国為替があり、証券決済に対してこの2つは資金決済に分類されます。

内国為替とは、国内の債権債務の決済や送金(資金移動)のことで、私たちが普段利用するものには振込や口座振替があります。

外国為替とは、国際間の債権債務の決済や送金(資金移動)および決済に伴う通貨の両替のことを言います。

日本の決済システム

日本の決済システムは、おおまかに資金決済(国内送金、国際送金)と証券決済に分かれています。国際送金においては、SWIFTがペイメント(支払い・取引)に利用され、セトルメント(決済)には CLS や外国為替円決済制度が利用されます。

図3.わが国の決済システムの概要 出典:金融庁

CLS銀行

CLS銀行は、外国為替決済において中央銀行のような役割を果たす、各国中央銀行に口座を持つCLS決済のための銀行です。CLSは、Continuous Linked Settlement(多通貨同時決済)の略です。CLS銀行は、2002年に世界の有力銀行によってニューヨークに設立され、2016年時点で18通貨(オーストラリア・ドル、カナダ・ドル、ユーロ、日本円、スイス・フラン、イギリス・ポンド、アメリカ・ドル、シンガポール・ドル、スウェーデン・クローナ、ノルウェー・クローネ、デンマーク・クローネ、香港ドル、韓国ウォン、ニュージーランド・ドル、南アフリカ・ランド、メキシコ・ペソ、イスラエル・シェケル、ハンガリー・フォリント)に対応します。

外国為替取引では、通貨の最終的な受渡しは決済日に通貨発行国で行われるため時差の分だけ受渡しにタイムラグが生じ、相手方の銀行が破綻する等により、通貨の引渡しは終えているのに交換する通貨を受け取れないという時差から生じる決済リスクがあります。このリスクは、1974年にヘルシュタット銀行(西ドイツ)が破綻(はたん)した際に顕在化したことからヘルシュタットリスクと呼ばれます。このリスクを回避するために、世界的に他通貨を同時に決済するためのCLS決済という仕組みが作られました。

現在、世界中の外国為替取引の過半がCLS銀行で決済されています。

外為ブローカー

外為ブローカーは銀行間外国為替取引市場(インターバンク)の仲介取引業者のことで、銀行が外国為替を取引する際には直接銀行同士が取引するのではなく、間に外為ブローカーが介在して外国為替市場で外国為替の取引が行われます。

 

小口決済と大口決済

ACH

ACH(Automated Cleaning House)は FRB(Federal Reserve Banks)と民間企業の TCH(The Clearing House)によって運営される米国の小口決済ネットワークです。米国における給与振込や、年金、公共料金の支払い、アマゾン等のオンラインショッピング決済や Paypal の決済、銀行から証券口座への送金などで広く利用されており、小切手に替わる小口決済の主要手段となっています。FRS(Federal Reserve System)が監督を行い、ACH の業界団体である NACHA が策定する業界ルールに基づき Fed と TCH が自社独自の内規を策定し、参加者との合意の基にサービスを提供しています。

図4.アメリカのACH

 

さまざまな規制

OFAC規制・SDNリスト

FATF勧告

FATF(金融活動作業部会)は、1989年に開催されたG7アルシュ・サミットでの経済宣言を受けて、マネー・ロンダリング(資金洗浄)対策における国際協調を推進するため設立された政府間会合で、OECD内に事務局が置かれています。1990年に資金洗浄防止のために各国が法執行、刑事法制、金融規制の各分野で採るべき措置を『資金洗浄に関する40の勧告』として提言、2001年にテロ資金対策のために『テロ資金供与に関する8の特別勧告』を策定、2012年に『資金洗浄に関する40の勧告』と『テロ資金供与に関する8の特別勧告』が統合された新しい勧告が策定されました。これはFATF勧告と呼ばれています。

尚、FATFは2015年6月に仮想通貨に対する規制の『ガイドライン(指針)』を公表し、このガイドラインを2019年6月までに加盟国の義務となる『スタンダード(基準)』に格上げすると発表しました。

米国愛国者法 第320条

アメリカは米国愛国者法(USA PATRIOT Act)の第320条において『外国犯罪の収益』について次のように規定しています。

政府は、規制薬物の製造・売却などを含む、米国で発見された外国に対する犯罪の収益に対して、没収手続を実施することができる。

出典:国立国会図書館

ドッド=フランク法 1073条

アメリカのドッド・フランク法(ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法)では、銀行がリスクのある取引を行うことへの規制(ボルカー・ルール)などが盛り込まれています。1073条では銀行が国際送金を行う際に、顧客にその費用の明細を明確にして説明することが義務付けられており、これが銀行が顧客に国際送金サービスを提供する際の高いハードルになっています。

バーゼル規制(BIS規制)

バーゼル規制は主要国の中央銀行が加盟するバーゼル銀行監督委員会によって1988年に初めて策定されました。2001年に銀行の顧客確認(KYC)の手続きに関する『銀行の顧客確認に関するガイダンス』を公表し、2010年に国際的な銀行の健全性を維持するための規制であるバーゼル3を公表しました。また、2014年には『マネー・ローンダリング・テロ資金供与リスクの適切な管理に係るガイドライン』を公表し、AML/CFT(Anti Money Laundering / Combating Finance of Terrorism)に対する規制を強化しました。

共通報告基準(CRS)

OECD(経済協力開発機構)は、各国の税務当局が国際間の脱税行為を防止するために G20 からの要請に応えて2014年に『課税における自動的な情報交換に関する基準 ( The Standard for Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax Matters)』を公表しました。ここで定められた共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)に基づき、各国の金融機関は口座保有者の居住者国を特定し、各金融機関の所在地国の税務当局に報告することが義務付けられ、各国の税務当局は収集した各国の居住者口座情報をその納税者の居住国の税務当局と自動的に情報交換を行います。

BITPOINT