ILP と RCL/XRP の関係 その2(David Schwartz) – 2017-04-30

David Schwartz の ILP と RCL/XRP の関係についての発言

Posted

RippleConnect works with both RCL and ILP. RCL is an ILP connector.

We don’t generally promote using any asset other than XRP on RCL anymore. We don’t discourage it. If other people find that it meets their use cases, they should definitely use them. But we haven’t found FIs that want that. The advantages of that configuration don’t really apples to FIs and the disadvantages bother them.

When we first started, using XRP for much of anything was impossible. There just wasn’t enough liquidity and volatility was way too high. We didn’t have ILP yet, so we promoted using non-XRP assets on RCL. Some FI’s liked that but most didn’t. Their objections included being forced to transact on a public ledger, being forced to hold and use XRP, having to gateway between their own ledger and RCL, and so on. This didn’t work very well as a way to get us to XRP bridging, which we already knew was what we wanted.

Enter ILP. This resolves all the FI’s objections, still lets us sell them payment software, and still allows XRP to bridge any payment where it has sufficient liquidity to do so. So that’s what we promote now.

I’ve explained already how we plan to transition from banks using RC/ILP without XRP to XRP bridging payments. The short version is to set it up so that the technical obstacles are solved and then target optimal corridors with XRP liquidity. Incentivizing low spreads will help encourage MMs to cut spreads as well.

One change is that FIs are generally more receptive to using crypto-currencies now.

XRP CHATより

和訳

RippleConnect は、RCL と ILP の両方で動きます。RCL は ILPコネクターです。

私たちは、もはや一般にRCL上で XRP 以外の資産を利用することを勧めてはいません。私たちはそれを妨げもしません。他の人々が彼らに合致するユースケースを見つけるならば、彼らは間違いなくそれらを利用すべきでしょう。しかし、私たちはそうしたい金融機関を見つけることができませんでした。その構成の利点は金融機関にとっては上手くいかず、その欠点が彼らを悩ませました。

私たちが最初に始めたころは、殆どのことに XRP を利用することが不可能でした。流動性が不十分でボラティリティーがあまりにも高すぎました。私たちはまだ ILP を持っていませんでしたから、RCL上の非XRP資産を利用することを勧めました。いくつかの金融機関はそれを好みましたが、殆どの金融機関はそうではありませんでした。彼らの異議は、パブリックレジャー上での取引を強要されること、XRP の保有と利用を強要されること、彼ら自身のレジャーと RCL との間にゲートウェイが必要なことなどでした。これは、私たちが既に知り望んでいたXRPブリッジングをする方法としては上手く機能しませんでした。

ILPに話を移します。これはすべての金融機関の異議を解消し、私たちは依然として決済ソフトウェアを彼らに販売し、そして十分な流動性があるところならどこでもXRPが支払いをブリッジすることが可能になりました。従って、私たちは現在これを推し進めています。

私は、私たちがXRPを使わない RC/ILP を利用する金融機関をどのようにXRPブリッジング決済に移行させる計画かをすでに説明しました。手短に言うと、技術的な障害を解決するためにそれをセットアップし、XRPの流動性がある最適なルートをターゲッティングすることです。更に、低いスプレッドへのインセンティブはスプレッドを縮小するマーケットメーカーへの動機づけにもなります。

一つ変わったことは、現在は金融機関が一般に暗号通貨を使用することに対してより寛容になったことです。