XRP に関するリップル社のビジョン(David Schwartz氏) – 2017-05-25

David Schwartz による XRP に関するリップル社のビジョンの説明

Posted

Here’s how I’ve been explaining it recently:

1) There’s a business that Ripple has providing transaction processing software to banks. It can work without XRP and without any blockchain tech. It improves international payments because it uses end to end messaging to track payment progress, ensure all necessary compliance information is in the transaction in the first place, precisely knows the fees ahead of time, and provides prompt, reliable confirmation of delivery. This is a big enough improvement that banks will use it even if the actual money moves the same way it does now.

2) Ripple has built a public blockchain with a native asset. It has various nice features — a distributed exchange, good governance, fast transactions, high transaction volume, native multisign, key rotation, payment channels, and so on.

3) The hard part about getting banks to use a blockchain isn’t the blockchain, it’s everything else. It’s governance, compliance, integration with banking systems, and so on. our software does all that stuff, so if routing a payment through XRP is a penny cheaper, the bank can take it. Then we have to make XRP cheaper somewhere that matters.

4) We don’t target the biggest corridors like USD->EUR because they’re efficient. We target an inefficient, but fairly high volume, corridor. For example, EUR->INR. Market makers have very small profit margins, so even a small incentive to place good EUR<->XRP and XRP<->INR offers can beat what banks are getting now through the correspondent banking system.

5) Once we get one corridor, we hang other countries off each end of the corridor, expanding the reach of XRP.

6) Now, say you’re a company like Seagate that pays out money all over the globe. If you have to make payments to five countries in our corridors, you’d rather hold one pile of XRP than five piles of different currencies. That increases demand.

7) Now, say you’re a company like Apple with a huge pile of cash. If you want to snap up other assets cheap, you’ll need to hold the asset the people selling want. If they’re going into any of our corridors, they’ll want XRP, so you would want to hold it.

8) If that succeeds, it should massively increase the price of XRP.

9) Ripple holds a huge pile of XRP and will be the dominant XRP holder for the foreseeable future. But we’re primarily VC financed and we get revenue from selling software to banks. We don’t use our XRP as a bank account but as a strategic weapon. (Though we do sell some for revenue, we just don’t need to for salaries or to keep the lights on.)

10) Anyone who gets XRP from us as part of some deal with a lockup has their incentives aligned with ours. They want the long-term price of XRP to go up too.

I think that pretty much covers our vision. There is, of course, no guarantee of success. This is a pretty crazy thing we’re trying to do. But we have 160 full time employees and have raised tens of millions of dollars. We’ve hired many amazing people, and our track record speaks for itself.

XRP CHATより

 

和訳

(XRPの価値と想定シナリオについて)最近の私は以下のように説明しています。

1) Ripple社には銀行に取引処理ソフトウェアを提供するというビジネスがある。これはXRPや他のブロックチェーン技術が無くても利用できる物であり、国際決済を改善することができる。なぜならば、このソフトウェアは決済の進捗状況を追跡する双方メッセージングを利用しており、これを使えば必要な全てのコンプライアンス情報や手数料を取引開始時点で正確に知ることができ、かつ素早くて信頼性の高い送金完了確認ができるからである。ここまででも十分に大きな改善であり、たとえ現金が同じ経路で動いた場合でも、銀行はそのソフトウェアを使うことになるだろう。

2) Ripple社はネイティブ通貨を持つパブリック・ブロックチェーンを構築した。これには様々な利点がある。例えば、分散技術を使った為替取引、優れたガバナンス、高速な取引、大きな取引処理能力、ネイティブ実装されたmulti-sign、key rotation、payment channelなどである。

3) ブロックチェーンを銀行に実際に使ってもらう際に直面する困難は何か?それはブロックチェーン技術それ自体ではなく、それ以外の物全てである。つまり、ガバナンス、コンプライアンス、銀行システムへの統合といったものである。我々のソフトウェアはこれら全てを扱っており、もしXRPを介した決済ルートが他より安い場合、銀行はこのソフトウェアを使うことでXRPの決済ルートを利用できるようになる。そのためには、問題が生じている所でXRPを使ったルートによってコストを下げていく必要がある。

4) 我々はUSD⇒EURのような最大規模の通貨ペアをターゲットにはしていない。なぜなら、そのような通貨ペアの取引はすでに十分効率的だからである。我々がターゲットとするのは、まだ効率は良くないものの、取引額がかなり大きい通貨ペアである。例えば、ユーロ⇒インドルピーがそれにあたる。マーケットメーカーはとても小さなマージンしかとれていないので、仮にユーロ⇔XRPおよびXRP⇔インドルピーも注文を出すインセンティブが小さかったとしても、コルレス銀行を通す今のやり方と比較すれば優位に立つことができる。

5) (このような形で)XRPを介した取引ルートが1個でも出来上がれば、あとはそのペアの片方の通貨を別の通貨に入れ替えていくだけで(新しい通貨ペアが出来上がるので)XRPのルートを増やしていくことができる。

6) そして、例えばあなたが世界中にお金を支払うSeagateのような会社だったとする。もしあなたが我々の構築したXRPを介する取引ルートを使って5つの国に支払いをすることになった場合、5種類の異なる通貨を保有しておくよりもXRP 1種類だけを保有しておいた方が良いと思うことだろう。これはXRPの需要を増加させる。

7) 次に、例えばあなたが大量のキャッシュを持つAppleのような会社だったとする。もしあなたが他の資産を安く手に入れようと思った場合、その資産を譲ってくれる人々が欲しがるような物(資産)をあらかじめ保有しておく必要がある。ここで、もしその人々が我々の構築した取引ルートに参入しているならば、彼らはXRPを欲しがるだろう。その結果、あなたもXRPを保有したいと思うようになるだろう。(これもXRPの需要を促す。)

8) もしこのような戦略が成功すると、XRP価格は著しく上昇するはずだ。

9) Ripple社は現在大量のXRPを保有しており、遠くない将来までの間、圧倒的な量の保有者となるだろう。しかし、我々はもともと出資を受けているし、銀行へのソフトウェア販売から収入も得ている。我々はXRPを、銀行に預けた預金のように切り崩していく物としてではなく、戦略上の武器として使っていく。(我々はXRPを一部売って利益を上げるかもしれない。しかし、それは決して社員に給料を支払うためでもないし、会社を存続させるためでもない。)

10) 我々がロックアップ(資産凍結)したXRPの一部を購入する人には我々と共通のインセンティブがある。つまり彼らも長期的なXRPの価格上昇を期待しているということである。

以上の説明は、我々のヴィジョンを十分に示したものだと考えている。もちろん成功の保証はない。我々が目指しているものは突拍子もないことである。しかし、我々には160人ものフルタイム従業員がおり、数千万ドルの出資を受けている。我々が素晴らしい人材を数多く雇ってきたことは我々の実績を見れば明らかである。


※和訳はてにったーさんから寄稿して頂きました。