インターレジャーの概要

インターレジャー

インターレジャーは、異なるレジャー間で支払いを送信するためのオープンなプロトコルスイートです。インターネット上のルーターと同様に、インターレジャーのコネクターは独立した支払いネットワークを横断して、お金のパケットを中継します。オープンアーキテクチャと最小限のプロトコルは、あらゆる価値移転システムの相互運用を可能にします。インターレジャーは、いずれの会社、ブロックチェーン、通貨に縛られることはありません。

Interledger Architecture Layers

図1 インターレジャーのプロトコルスイート

コネクター

コネクターは、異なるレジャー間で資産を移動(振替)する際に、エスクローの役割を果たします。エスクローとは、互いに信用ができない2者間で取引が行われる際に、取引の橋渡しを行う仲介人です。(例えば Yahoo!オークションでは、出品者と落札者との代金のやりとりを安全に行なうためのエスクローサービスが提供されています。これにより、商品を送ったのに入金されない、入金したのに商品が送られてこないといったトラブルを防いでいます。)インターレジャーでは、エスクローを実現するために暗号エスクローという技術を利用します。同じシステムがレジャーとコネクターの両方として機能することがあります。

インターレジャー・プロトコル(ILP)

インターレジャーでは、送金リクエストについてコネクターと通信するためにインターレジャー・プロトコル(ILP)を使用します。ILPは、インターレジャー層で定義されたプロトコルで、レジャー、アカウント、金額を参照するための標準的な方法を提供します。ILPは、異なるコネクターが相互運用可能であり、相互に連携して取引を中継できることを保証します。

暗号エスクロー

銀行Aから銀行Bに送金を行う場合に、従来のシステムではエスクローとしてコルレス銀行を利用していました。しかし、従来のエスクローを利用した仕組みでは、エスクローが資産を盗んでしまうことができる問題がありました。コルレス銀行がコネクターを担う場合にはそれほど大きな問題にはなりませんが、インターレジャーでは、その他の第三者機関がコネクターの役割を担う前提であるため、安全にエスクローを実現するために暗号エスクローと呼ばれる技術を利用します。

送金の流れ

インターレジャーでの支払いは、暗号エスクローを介した送金元からコネクターへの入金と、コネクターから受取人への出金の2つのステップで成り立ちます。

  1. 送金元=>暗号エスクロー=>コネクター
  2. コネクター=>暗号エスクロー=>受取人

1のステップで送金元から送られた資産は暗号エスクローに保管され、2のステップでコネクターが暗号エスクローに資産を移動しない限り、全体の資金移動が起こらない仕組みになっています。

このステップを組み合わせて、複数のコネクターとレジャーを経由して目的の相手に資産を送り届けるのがインターレジャーの送金の仕組みです。

ilp-connectors


参考資料

リップルとは(ビケルマンさんの漫画シリーズ)
漫画で誰でも簡単に Ripple/ILP を理解できます。