XRPブリッジング

BITPOINT

なぜブリッジ送金が必要か?

現在の最も広く利用されている国際送金はSWIFTを利用するやり方です。これは、コルレス銀行を通して米ドル・ユーロ等の主要通貨に一旦両替するものであり、コスト(数千円~)と送金時間(数日間)がかかるという問題があります。

これよりも低コストで両替可能な方法として、外国為替(FX)市場を送金に利用する方法が考えられます。例えば、JPYをAUDに替えたい場合、JPY / AUDペアを扱うFX取引所にJPYを入金しAUDを買う、というものです。これはSWIFTよりも低コストの為替送金が技術的に可能ですが問題点があります。それは、もし世界に100種類の通貨があったとすると、単純に全ての通貨ペアの組合せを考えると4,950通りにもなり、その全てにマーケット(市場)が必要になることです。この場合、市場に出回る資金が多くのペアに分散してしまうことで、特にマイナー通貨同士のペアでは流動性(取引量)が極端に不足しまいます。

Diagram7

図1.ブリッジ通貨としてのXRP

これを解決する方法としてブリッジ送金があります。ブリッジ送金とは2通貨間の為替送金を特定の中間通貨を媒介にして行う送金のことです。

法定通貨A ⇒ 中間通貨 ⇒ 法定通貨B

これのメリットは、たとえ通貨の種類が多くても必要な通貨ペアは法定通貨と中間通貨とのペアだけであり、ペア数を大幅に減らすことができるので、結果として各ペアの流動性を高めることができることです。もしこのように特定の通貨を中間通貨として利用してブリッジ送金を行うことができれば、仮に100種類の通貨があったとしても、必要な通貨ペアは 法定通貨 / 中間通貨ペアである100ペアだけとなり、これらのペアをもとにして全ての法定通貨ペアを合成することができます。全世界のFX市場規模の総額が一定だとすると、必要な通貨ペアの数は少ない方が XRP/法定通貨ペアの各市場の流動性は大きくなるため、より低コストの送金が可能になります。また、その中間通貨としてXRPのようなデジタル資産を利用すれば、ブリッジ送金を数秒で完了させることも可能になります。

 

ILPを使った送金

リップル社はXRPをブリッジ送金の中間通貨として利用してもらうことを推進しています。かつて進めていたブリッジング方法は、XRP Ledger内に各法定通貨のIOU (現Issuance)を発行し、XRPで各IOUを接続する、というものでした。

法定通貨A (IOU)XRP ⇒ 法定通貨B (IOU)

しかしこのブリッジング方法にはいくつかの問題がありリップル社は方針を転換しました。その結果がインターレジャー・プロトコル (ILP)の誕生となります。ILPはあらゆる台帳を相互接続するものであり、取引が中途半端な形で終了することなく完全な形で完了するような仕組みが実装されています。

ILPでの支払いは、送金元からILPレジャーの暗号エスクローを介したコネクターへの入金と、コネクターから暗号エスクローを介した受取人への出金の2つのステップで成り立ちます。

  1. 送金元 ⇒ 暗号エスクロー ⇒ コネクター
  2. コネクター ⇒ 暗号エスクロー ⇒ 受取人

1のステップで送金元から送られた資産は暗号エスクローに保管され、2のステップでコネクターが暗号エスクローに資産を移動しない限り、全体の資金移動が起こらない仕組みになっています。

次の図はボブからアリスへの送金の流れを表しています。

図2.ILP送金の流れ

Connector 1 は Bank B の USD Ledger上で Alice に USD を支払う代わりに、Bank A の JPY Ledger上で Bob から JPY を受け取ります。Connector 1 は送金を仲介する代わりに手数料を受け取ります。

しかし、世界各国への送金を行うためには、Connector 1(銀行)は全ての通貨ペアを取り扱う必要があり、このモデルは非現実的です。

 

XRPブリッジ送金

次の図は、XRPをブリッジ通貨として ILP で送金を行う流れを示しています。ILP を利用した送金では、ILP に準拠したレジャー(台帳)に実装された『暗号エスクロー』という機能を利用して次のような送金処理が行われます。

図3.ブリッジ通貨としてXRPを利用する場合

こうすることにより、Connector 1 は JPY/XRP 通貨ペアだけをサポートし、Connector 2 は XRP/USD 通貨ペアをサポートするだけで済みます。仮に Connctor 1 と Connector 2 が同一のコネクターの場合(例えば xRapid の場合)、コネクターは XRP Ledger を統合して XRP をブリッジ通貨として利用することで、取り扱う通貨ペア数を劇的に減らすことができます。

ここで2種類の通貨(例えば円とドル)の両替がどのように行われるかと言うと、xRapid は XRP を中間資産として『XRPブリッジング』と呼ばれる2つのオーダーブックの合成を行います。具体的には XRP/JPY と XRP/USD の板を合成して、内部的に USD/JPY の板を作って両替を行っていると思われます。(USD/JPYは一例です。XRPブリッジングは主に USD/MXN などのマイナー通貨ペアで利用される予定です。)

図4.ブリッジされたオーダーブック

つまり、双方向からの送金を XRP という中間資産を介してマッチングしているというのが私の予想です。簡単に言うと、双方向からの送金がXRPを購入する仕組みで両替が成り立っています。xRapidの本格的な稼働により、発行上限のある XRP に対して大量のマッチング依頼が常時流れ込めば、XRP価格が上昇するというわけです。更に送金経路が増えることで XRP は複数の取引所に送られて分散し、送金額の増加とは反対に1取引所あたりの XRP の数量は減少していきます。(もちろん私はこのようなことが実際に起こるとは断言できませんし、これは個人的な予想の1つでしかありません。)

リップル社のデイビッド・シュワルツは XRP を利用したブリッジ送金について2016年6月(xRapidの発表前)に次のように発言していました。

必ずオフ・レジャーで使わなければならないという特定の理由があるわけではありません。ただ単に期せずしてオフ・レジャーだったというだけです。(オフ・レジャーでのXRPの使われ方の)例としてPoloniex取引所がInterledger Protocol (ILP)を使ったXRPオートブリッジ機能を実装したと仮定しましょう。ここで、ある人が手持ちのBTCをETHに両替するという取引をILPで実行するとします。Poloniexはコネクタとなって、オートブリッジ機能により両替が行われます。この時、Poloniexの取引所の中で何が起こっているか説明すると次のようになります。その人はまず、XRPを保有する別のユーザーにBTCを売却し、その対価としてXRPを受け取る。次に、ETHを保有するまた別のユーザーにXRPを売却し、対価としてETHを受け取る、という流れです。以上の取引は全てPoloniex取引所に立てられたBTC/XRP売買板・ETH/XRP売買板を使って(自動的に)実行されます。Ripple Consensus Ledger上ではありません。

私は、上記のようなオフ・レジャーでのオートブリッジ機能が将来必ず実装される、と言ってもいないし、一般的になるとも言ってもいません。ただ単に一例として、人々がそれを望むなら、ILP取引上でもXRPをブリッジ資産(中間資産)にすることは可能だ、という例を示したまでです。

(XRPの使われ方は)ここに示したのが全てではありません。他にも使われ方があって、それはもっと面白いものです。ただ現時点では秘密なのでお話しできません。ごめんなさい。

出典:ripple.com(公式フォーラム)

そして、この発言から約1年後の2017年8月にリップル社から xRapid が発表されました。

 

xRapid

上述したILPを使ったブリッジ送金のメリットは、XRPを取り扱う取引所がILPに対応さえしていれば、世界中のどの取引所のどの法定通貨でも相互に接続してブリッジ送金できることです。リップル社はこのブリッジ送金を行うためのソフトウェア xRapid を開発しています。

図5.リップル社によるxRapidの説明 出典:XRPミートアップ東京

xRapid の送金の流れは次の3ステップです。

  1. 金融機関が法定通貨をXRPに変換される
  2. XRPが送付される
  3. XRPが受取側現地の法定通貨に変換される

送金業者が xRapid を使えば、各取引所の為替市場をシームレスに接続して、あたかも法定通貨同士の市場があるかのように送金することが可能になると考えられます。次の図は、私がリップル社の説明を元に描いた RippleNet の完成予想図です。この図では xCurrent、xRapid、xVia という3つの製品が統合された RippleNet の未来を予想しています。

 

図6.XRP Ledgerを統合した RippleNet の予想図

BITPOINT