リップル社が4月末に仮想通貨事業者協会と日本の銀行向けに講演を行いました

cc_banner_728x90

リップル社のCTOであるステファン・トーマス氏が4月27日と28日に仮想通貨事業者協会(JCCBA)と日本の複数の銀行に向けて、XRPと価値インターネットについての講演を行ったようです。

仮想通貨事業者協会は、正会員や準会員などを含めて現在61社が加盟しており、日本で最大規模の仮想通貨に関する協会となります。仮想通貨事業者協会への講演は4月27日に行われました。日本の暗号通貨業界に対してXRPについて正しく理解してもらう意図があったようです。参加者が取引所寄りの人が多いことから、XRPのポテンシャルに注目した内容だったのではないかと推測しています。

また上記のツイートの画像には、マイクロソフトなどの複数の企業や大学のロゴが載っており、意味深ですね(もし当日参加された方がいらっしゃいましたら、どのような内容か教えてください 笑)

また、リップル社の日本人従業員であるヨシカワ エミさんが当日の様子についてツイートされていますので、載せておきます。

また、翌日の28日には銀行向けに講演があったようで、銀行関係者が100人参加したとのことで、リップルネットワークで実現する「価値のインターネット」に注目した内容だったようです。


リップル社の弛まぬ努力により、日本の中でも今後はXRPのプレゼンスが更に高まっていくのではないかと予想されます。今後が楽しみですね!

 

以上となります。



cc_banner_728x90