邦銀47行とSBIがRCクラウドを構築

cc_banner_728x90

ILPに基づく次世代送金システム

今週、金融業界に衝撃が走りました。SBIホールディングス傘下の SBI Ripple Asia が主導する『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加する47の国内銀行が、全銀協システムとSWIFTを置き換える次世代送金システム『RCクラウド』を構築したと発表しました。国内外の大手メディアは、このニュースを一斉に報じました。

主なニュースソース:

これにより、顧客は24時間365日のリアルタイム送金(海外送金を含む)が可能となるだけでなく、銀行間送金の手数料は10円程度になる可能性があります。

ILPとは

ILP(インターレジャー・プロトコル)は、米リップル社が開発する『Ripple』から派生した、世界中の台帳を接続するためのインターネット決済プロトコルです。このプロトコルを使うことにより、世界中の金融機関の台帳が相互に接続され、異なる帳簿間の振替を瞬時に行うことが可能になります。多くの方が従来のRippleとの違いを質問されますが、ILPではRipple Consensus Ledger(RCL)のような特定のレジャー(台帳)に依存せずにRippleと同様のことができるようになります。

各金融機関の固有の資産は、Ripple Connect(リップル社の製品)によって送り元のILPレジャー上の資産に変換され、コネクタ(流動性プロバイダー)を介して受取側のILPレジャー上の資産に両替されます。送り側の資産と受取側の資産を両替する過程で、ILPでは固有の取引通貨を利用することができます。これら一連の仕組みはプライベートなネットワーク上に構築することも、パブリックなネットワーク上に構築することも可能です。例えば、大口決済は巨大な金融機関が提供するプライベートなレジャー上の法定通貨に基づいた取引通貨で行い、小口決済はRCLなどのパブリックなレジャー上の中立な暗号通貨で行うといった使い分けができます。それぞれに信頼性と効率(コスト)のメリットがあります。RCクラウドで利用される Ripple Connect は、RCLとILPレジャーの両方に対応します。

RCクラウドに新たに5つの銀行が参加

昨年末時点で42の銀行がRCクラウドの採用を発表していましたが、今回の発表で参加行は47行になりました。新たに発表されたのは、次の5つの銀行です。

  • 大分銀行
  • スルガ銀行
  • 東京スター銀行
  • 百五銀行
  • 山口銀行

RCクラウドに参加する邦銀47行は次のとおりです。

  1. 青森銀行
  2. 足利銀行
  3. 阿波銀行
  4. イオン銀行
  5. 池田泉州銀行
  6. 伊予銀行
  7. 大分銀行
  8. オリックス銀行
  9. 群馬銀行
  10. 京葉銀行
  11. 山陰合同銀行
  12. 四国銀行
  13. 七十七銀行
  14. 清水銀行
  15. 十六銀行
  16. 信金中央金庫
  17. 新生銀行
  18. 住信SBIネット銀行
  19. スルガ銀行
  20. セブン銀行
  21. ソニー銀行
  22. 第四銀行
  23. 大和ネクスト銀行
  24. 千葉銀行
  25. 中国銀行
  26. 筑波銀行
  27. 東京スター銀行
  28. 東邦銀行
  29. 栃木銀行
  30. 西日本シティ銀行
  31. 野村信託銀行
  32. 八十二銀行
  33. 百五銀行
  34. 広島銀行
  35. 福井銀行
  36. 北洋銀行
  37. 北陸銀行
  38. みずほフィナンシャルグループ
  39. みちのく銀行
  40. 三井住友信託銀行
  41. 武蔵野銀行
  42. 八千代銀行
  43. 山形銀行
  44. 山口銀行
  45. 横浜銀行
  46. りそな銀行
  47. 琉球銀行

更に、SBIホールディングスの北尾社長によれば、三菱東京UFJ銀行がシンガポール中央銀行が主導する Ripple を利用した国際送金実験に参加しています。

今後の動向に注目

今回の発表では、構築されたRCクラウドを利用した海外送金サービスが年内に始まるとしています。テレビニュースでも説明されていたように、この仕組みを利用した送金は、相手側(受取側)も同じ仕組みを利用している必要があります。つまり、日本の銀行がRCクラウドで国際送金を始めるときには、海外の主要銀行も一斉に動き出すことを意味します。なにより重要なことは、いよいよ今年からインターレジャーが稼働し始めるということです。90年代にインターネットが一般に広がり始めたのと同様の現象が、これからインターレジャーでも見られるのかもしれません。そこで鍵となるのは、RCLのようなILPレジャーや中間通貨となるXRPのような暗号通貨であることは間違いありません。

 

cc_banner_728x90