Rippleコンセンサスが価値のインターネットを生活にもたらす

Shutterstock

Ripple Continues to Bring Internet of Value to Life: New Features Increase Transaction Throughput to Same Level as Visa を和訳しました。

著者: Miguel Vias


今日の時代遅れのクロスボーダー決済システムの問題に直面したとき、完了に3~5日を要する原因となる取引量の対処に苦しんでいる銀行にとって、私たちはしばしばスケーラビリティの問題に焦点を当てます。世界中の誰かに瞬時にテキストメッセージを送ることができる時代には、永遠のように思える日数です。リップルの希望は、これらの日々を待つのではなく価値のインターネット(IoV)を作り出すことで、私たちが現在情報を動かすのと同じ方法でお金を動かすことが出来るようにすることです。しかし、フィンテック企業が成長するにつれて、スケーラビリティとパフォーマンスが懸念されるようになっています。VisaやAmerican Expressなどの企業のレベルまでトランザクション・スループット(1秒あたりのトランザクション数で測定)を向上させてこれらの問題を解決できない者は置き去りにされるでしょう。

私たちは、価値のインターネット(IoV)を生活にもたらすRipple Consensus Ledger(RCL)とインターレジャープロトコル(ILP)を改善するいくつかの新機能を発表することに非常に興奮しています。ILPは今、全世界の台帳上の価値と相互接続できる一つのネットワークを構築し、デジタル資産、従来の支払い、および従来の金融界のニーズを満たすためにRCLと通信することができます。世界のすべての価値を元帳に相互接続できるネットワークを構築します。リップルは今、これを達成するための最適なネットワークになりました。

RCLのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させる2つの新機能、EscrowとPayment Channelは、今日すべてのユーザーにとってアクティブになりました。Escrowを使用すると、RCLとILPは、割り当てられた時間、または特定の条件が満たされるまで、XRPを保護するために通信することができます。これは、サービスが完了するまで、または誕生日などの瞬間まで資金を保持するために使用できます。エスクローの利点は2つあります:1)仲介者を信頼することなく、この作業を安全に完了します。そして2)資金をホールドする機関が1つもありません。伝統的に銀行は金庫を使用することでこれを行ってきましたが、これはデジタル資産のためにこれを手助けする初めての簡単に利用可能なその種の機能です。

デジタル資産が普及するにつれ、多くの人々は、これらの技術が高水準のボリュームを処理するように設計されておらず、結果としてトランザクションが数秒から数日に減速していることに気付きました。この問題を解決するため、Rippleは、RCLに固有のデジタル資産であるXRP用に特別に設計された独自のPayment Channelを構築しました。XRP Payment Channelにより、トランザクションのスループットは1秒間に数万トランザクションに増加し、Visaと同レベルのスケーラビリティを実現します。XRP Payment Channelは、クレジットカード決済と同じくらい速く送金できるため、人々が送金する方法や支払い業界全体を変えることができます。

これらの新機能は企業がRCLとILPを採用することを可能にし、その技術を使用する企業はXRPによる利益を受け取り、クロスボーダー決済のためのより迅速で安価なエクスペリエンスを提供します。XRPは特に流動性が悪く銀行インフラストラクチャが古い、または存在しない新興市場で、流動性が向上し利便性が向上するため、流動性の最適な選択肢になります。このマイルストーンは、ILPと共にXRPの強みを強調します。

Rippleの長期的な目標は、価値のインターネット(IoV)を実現にすることです。これを達成するには、適切なインフラストラクチャが整備されている必要があります。新しい機能の実装により、ILPとRCLは必要なインフラストラクチャを提供し、価値のインターネット(IoV)を実現するための未来を切り開きます。毎秒数万件のトランザクションを送信する能力は、IoVに向けた大きなステップであるだけでなく、グローバル決済のカテゴリリーダーとしてのRippleの発展を支援し続けます。私たちは、Rippleが金融業界を価値の移転の新しい定義に導く New World Order を楽しみにしています。


以上、これからリップルを始められる方々がRCL、ILP、そしてXRPについて誤解されないように、リップル社の責任者による説明を和訳しました。