mDuo13 の Crypto-condition に関する発言- 2016-03-24

 

和訳

ゲートウェイによって適切に実装されている場合、ILPは、RCLへの支払い(「入金」)とRCLから他のシステムへの支払い(「引き出し」)のための優れたセキュリティを提供します。

ILPを使用した場合、RCLへの入金は次のようになります。

1. RCLへの支払い(入金)を依頼し、RCL内であなたがイシュアンスを受け取ったことを証明する Crypto-condition を定義します。
2. あなたはnon-RCLの資金をエスクローに入れて、あなたの Crypto-condition が満たされたときに、それらがゲートウェイに支払われるようにします。*
3.ゲートウェイはRCL内であなたにお金を送り、Crypto-condition を満たします。それにより、エスクロー内の資金が解放され、ゲートウェイがあなたのお金を受け取れるようになります。

*ここでの問題点の1つは、従来のデジタル決済では、取り消し不可能なRCL支払いが発生した後であっても、後から支払いの取り消しまたはキャンセルが可能であることです。エスクローを処理するために使用するシステムは、どれも信頼できるものでなければなりません。

ILPを使用した場合、RCLからの引き出しは次のようになります。

1. RCLからの支払い(引き出し)を依頼します。ゲートウェイは、あなたがRCL外であなたのお金を受け取ったことを証明する Crypto-condition を定義します。
2.Crypto-condition が満たされたときに資金が解放されるように、あなたはエスクロー内でRipple支払いを行います。**
3.ゲートウェイはRCL外であなたにお金を転送し、Crypto-condition を満たします。それによって、エスクローされたリップル支払いが解放されるので、ゲートウェイはそれらのお金を受け取れるようになります。

**T8493の指摘は的を射ており、これが機能するにはRCL上にエスクローが必要です。そのため、私たちはRCLのSuspended Paymentに取り組んでいます。すでにTest NetでXRPのSusPayを試すことができます。イシュアンスのためのSusPayはまだ解決されていない問題です。

ここでの制限の1つは、ゲートウェイが信頼できなければならないことです。ゲートウェイが閉鎖してRCLのイシュアンスを引き受けない場合、それらのイシュアンスを保有している人々は不運です。ゲートウェイがRCL外で支払いをしない限り、RCL内の残高を維持することはできますが、RCL内の残高が無価値であればそれはあまり穏やかではありません。良いニュースは、現在のシステムに比べてこれがまだ改善していることです。ゲートウェイが依然としてイシュアンスを引き受けていても、RCL外で支払うことができない場合、あなたはレジャー内のそれらの資産を保有する代わりに、レジャー内のイシュアンスをTrade awayすることができます。また、ゲートウェイがドロンすることを決定したときに、それがより明白になることを意味します。Crypto-conditionが満たされる代わりに、RCL上の有効期限切れのSusPayの割合が突然大きくなるからです。

正直なところ、このシステムは発行通貨よりもXRPの方が上手く動きます。

 

補足

この説明では、ILPで Crypto-condition を利用する場合、RCLはエスクローをサポートしている必要があります。RCL上でエスクロー機能を提供する仕組みは、現状では XRP の SusPay だけです。IOUは SusPay をサポートしません。(サポートする予定もありません。)