XRPの買い方(購入・取引)

XRPを取引する3つの方法

暗号通貨取引所で取引する(簡単/安全)

XRPを取引する安全で簡単な方法は、ビットコインやアルトコインの取引が行える暗号通貨取引所で売買する方法です。基本的にはゲートウェイのウォレットを使うのと同じような感覚でXRPを購入できますが、暗号通貨の取引所のため他の暗号通貨の取引もできることが特徴です。XRPだけではなく、ビットコインや他の暗号通貨も売買したいというユーザーにはこちらの方法がお勧めです。デメリットとしては、売買できる通貨の種類が多いために取引が複雑になることです。基本的に暗号通貨取引所では、XRPを含むビットコイン以外の暗号通貨を取引するには、先に取引所内の基軸通貨となるビットコインに両替する必要があります。そのため、ビットコイン価格が下落した際には損失が出る可能性があるので注意が必要です。XRPが取引できる国内の取引所としては coincheck が有名です。

coincheck はリップル社と提携しており、XRPでの入出金に対応しているのが特徴です。

ゲートウェイのウォレットで取引する(簡単)

XRPを取引する方法で最も簡単なのは、ゲートウェイが提供するウォレットを使って取引する方法です。日本では Mr.Ripple が独自のウェブウォレットを提供しています。ウェブウォレットは、Google Chrome などのウェブブラウザから該当のURLにアクセスするだけで使えるため、初心者にとっては一番簡単な方法だと言えます。一方で、他のウェブサービスと同様に、外部からの攻撃によりアカウントを乗っ取られてしまうリスクもあるため、最低でも二要素認証 (2FA)を設定するなどの対策が必要です。XRPの売買をゲートウェイのウォレットで行い、購入したXRPを後ほど説明するデスクトップクライアントやコールドウォレットに入れて管理することも可能です。

実際の取引方法は、ゲートウェイから提供される説明を参考にしてください。

Mr.RippleでXRPを取引する方法はこちら

デスクトップクライアントで取引する(難しい/安全)

これは3つの方法の中で一番上級者向けの方法です。デスクトップクライアントを利用するメリットは、セキュリティに優れていることです。前述の2つの方法はどちらもウェブウォレットを利用しますが、デスクトップクライアントではローカルのパソコン上でシークレットキーなどのアカウント情報を管理するため、外部からの攻撃を受けにくいのが特徴です。デスクトップクライアントを使用する場合は、任意の複数のゲートウェイから入出金を行うことができます。また、デスクトップクライアントを使ってコールドウォレットを作ることもできます。

 

デスクトップクライアントで取引する方法

デスクトップクライアントをダウンロードする

まずは自分が利用するデスクトップクライアントをダウンロードしてパソコインにインストールします。残念なことに、リップル社の公式サイトでのデスクトップクライアントの配布は既に停止しているため、デスクトップクライアントを使う場合は公式版から派生したものを使うことになります。2016年7月現在、主に利用されているデスクトップクライアントの種類は こちら で説明しているので、よかったら参考にしてみてください。私が普段利用している yxxyun氏が作成したバージョン 1.1.32-bugfix-2 は、当ウェブサイトの ダウンロードページ からもダウンロードできます。

アカウントを作る

初めてデスクトップクライアントを起動したら、まずは自分のアカウントを作るために 新規アカウントを作成 をクリックします。

Desktop_Client1

次に表示される画面で 空のアカウントを作成 をクリックします。

Desktop_Client2

アカウントファイルの保存先と名前を指定してUSBメモリなどの安全な場所に保存します。ファイル名は何でも構いません。

Desktop_Client3

空のアカウントを作成 画面が表示されるので、任意のパスワードを指定して アカウントを暗号化 ボタンをクリックします。(ここで設定したパスワードを忘れるとアカウントファイルが開けなくなるので注意してください。)

Desktop_Client4

シークレットキーが生成されるので、シークレット・キーを表示 ボタンをクリックして表示し、シークレットキーを紙に印刷するなどして保管します。シークレットキーは第三者の目に付かないところ(金庫など)に厳重に保管してください。

Desktop_Client5

画面がアカウント情報に切り替わり、右上に送金に利用する自分のRippleアドレスが表示されます。後述するゲートウェイでのアカウントのアクティベートの際には、ここに表示されているRippleアドレスを使用します。アクティベートされるまでは、作成したアドレスはRippleネットワーク上で有効なアドレスではありません。

Desktop_Client6

アカウントをアクティベートする

取引を開始する前に作成したRippleアカウントをアクティベートする必要があります。Rippleアカウントは他のRippleアカウントから最低20XRPを受け取ることでアクティベートされます。東京JPY発行所などのゲートウェイでは、アクティベート用に少額のXRPを配布しています。ゲートウェイのウェブサイトから自分のRippleアドレスを登録することで、指定したアカウントにアクティベート用のXRPが送金されます。

<アクティベート用のXRPを配布しているゲートウェイ>
東京JPY発行所
Mr.Ripple

信頼できるゲートウェイを選ぶ

XRPを購入するにはゲートウェイでRippleネットワーク上の残高にあたる IOU(JPY,USDなど)を発行してもらう必要があります。IOUを発行してもらうためには、ゲートウェイに登録して身分証明書による個人認証(KYC)を済ませたうえで銀行口座から入金を行います。ゲートウェイにはカウンターパーティーリスクがあるので慎重に選びましょう。

<JPYを発行している主なゲートウェイ>
東京JPY発行所
Mr.Ripple

<その他のゲートウェイ>
Popular Gateways

ゲートウェイに接続する

ゲートウェイが発行するIOUを受け取るためには、対象のゲートウェイに接続(トラスト)する必要があります。デスクトップクライアントでゲートウェイに接続するには 資金 => Gateways => Connect gateway を選択し、接続したいゲートウェイのアドレスと与信枠、通貨(IOU)の種類を選択して保存します。日本のゲートウェイを利用する場合には通貨の種類には JPY を選択します。Rippleの使用を許可 のチェックボックスはリップリングを許可する設定なので、リップリングの使用方法がわからない初心者はチェックを入れないように気を付けましょう。

Desktop_Client8

<ゲートウェイのアドレス>
東京JPY発行所: r94s8px6kSw1uZ1MV98dhSRTvc6VMPoPcN
Mr.Ripple: rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS

確認画面が表示されるので、入力した内容が間違っていないことを確認して 確認 ボタンをクリックします。

Desktop_Client9

接続(トラスト)したゲートウェイの情報が画面に表示されます。

Desktop_Client10

指値注文でXRPを売買する

デスクトップクライアントには、成行注文に相当するSimpleと指値注文に相当するAdvancedの2種類の取引方法が用意されています。指値で注文を出すには 取引 => Advanced を選択すると取引画面が表示されます。取引を行いたい通貨ペアを選択して売買を行います。

Desktop_Client11

以上でXRPの取引に必要な基本的な準備は完了です。別の通貨ペアを取引したい場合には、次の説明を参考にして通貨ペアを追加してください。

通貨ペアを追加する

取引を行う通貨ペアを追加するには 取引 => Advanced => add pair を選択して次の項目を設定して Add ボタンを押します。

Base Currency: XRP
Counter Currency: JPY
Counter Gateway: ゲートウェイのアドレス

<ゲートウェイのアドレス>
東京JPY発行所: r94s8px6kSw1uZ1MV98dhSRTvc6VMPoPcN
Mr.Ripple: rB3gZey7VWHYRqJHLoHDEJXJ2pEPNieKiS

Desktop_Client12