XRPの購入・取引

XRPを取引できる仮想通貨取引所

コインチェック

コインチェックは国内で最初にXRPを取り扱いはじめた仮想通貨交換業者です。2017年までは国内最大手の BitFlyer に次ぐビットコイン取引量を誇る取引所で、テレビCMに出川哲郎さんを起用したことで話題になりました。2018年1月にハッカーによる NEM(XEM)の盗難の被害に遭い、仮想通貨の販売を一時的に停止したことでマスコミに大きく取り上げられました。その後、コインチェックはマネックスグループに買収され、2018年11月26日からXRPの取引を全面的に再開しました。


上の動画はコインチェックが公開しているXRPとリップルの紹介動画です。XRPはRippleNet(リップルネット)と呼ばれる金融機関向けの国際送金ネットワークの中でブリッジ資産として利用されます。

コインチェックには次のような特徴があります。

  • 初心者向けの取引ツール
  • スマホ専用アプリの提供
  • 東証1部上場のマネックスグループ傘下
  • 仮想通貨の入出金に対応
  • レバレッジ取引への対応
  • 貸仮想通貨サービスを提供
  • BTC以外は販売所モデル(板取引ではない)

コインチェックの魅力は何と言っても投資経験がない初心者でも使える簡単な取引ツールです。また、業界では珍しい貸仮想通貨サービスを提供しており、保有する仮想通貨を預けることで数パーセントの手数料を受け取ることができます。このような特徴から、コインチェックはXRPを簡単に購入したい投資初心者や貸仮想通貨サービスを利用して資産運用をしたい投資家向けの取引所と言えます。

盗難事件に関する補足説明:
盗難事件の犯人は友好的な人物を装ってコインチェックの従業員に接触し、メールアドレスを聞き出してウィルスを送付しました。従業員が信頼できる人物と思い込み、添付ファイルを開いたところ社内ネットワークがウィルスに感染し、犯人がコインチェックのネットワークに侵入したことが警察と専門家の調査で分かっています。そして、技術的な問題によりコールドウォレットに保管されていなかったNEM(XEM)が犯人により不正に出金されたようです。XRPを含む他の仮想通貨はコールドウォレットに保管されていたため無事でした。

金融庁は2019年1月11日にコインチェックを改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業者として正式に登録したことを発表しました。

 

ビットポイント

ビットポイントは東証2部上場のリミックスポイント傘下の仮想通貨取引所です。CMに本田圭佑選手を起用したことでも話題になっています。ビットポイントは主に次のサービスを提供しています。

  • 現物取引(仮想通貨交換)
  • レバレッジ取引
  • ビットポイントFX取引
  • BITPoint Pay(店舗決済アプリ)

ビットポイントは BITPoint Advance と呼ばれる優れた取引ツールを提供しています。また、スマホ向けには BITPoint Lite という現物取引や資産の参照ができるスマホアプリも提供されています。さらにビットポイントFX取引では、FXの取引で幅広く利用されている MetaTrader4(MT4)を利用することができます。そして取引所取引(板取引)モデルのため、販売所モデルの業者のようなノミ行為が事実上できません。

【画像1】BITPoint Advance の画面 出典:ビットポイント

ビットポイントが他の取引所よりも優れている点は次のとおりです。

  • 取引所取引に対応(販売所モデルではない)
  • 東証2部上場企業の子会社なので安心
  • 仮想通貨の入出金に対応
  • 取引ツールの充実
  • レバレッジ取引・FX取引への対応
  • フリーダイヤルの電話サポート窓口を設置
  • 資本金44億3000万円!
  • 初代金融庁長官が特別顧問
  • 損益の自動計算ツールを提供

【画像2】BITPoint のスマホアプリ

また、ビットポイントは情報セキュリティ格付会社のアイ・エス・レーティングより「A」評価を取得しています。「A」評価を与えられた主な事由は次のとおりです。

  • 定期的に第三者機関によるペネトレーションテストの実施
  • オフィスの情報セキュリティ端末を含む複層的な情報セキュリティ対策の実施
  • CISOにより情報セキュリティリスクを洗い出し、事前に対応を図る体制を構築
  • 不正防止を含む総合的セキュリティ態勢の構築
  • 苦情等への対処として沖縄にコールセンターを開設

以上のことから、ビットポイントXRP を売買してキャピタルゲインを得たい投資家に向いた取引所と言えます。

 

SBIバーチャルカレンシーズ

SBIバーチャルカレンシーズはリップル社の大株主としても知られるSBIグループ傘下の仮想通貨取引所です。SBIグループは仮想通貨の中でも特に XRP を評価しており、同グループで国際送金サービスを提供しているSBIレミットはRippleソリューションを統合した国際送金サービスを開始しています。

※ 2018年8月4日現在、SBIバーチャルカレンシーズは販売所モデルでの XRP の取引に対応しており、仮想通貨の入出金には対応していません。

SBIバーチャルカレンシーズの特徴を簡単にまとめると次の通りです。

  • 東証1部上場企業の子会社なので安心
  • 親会社がリップル社の大株主でXRP押し
  • 電話サポート窓口を設置
  • 仮想通貨の入出金に対応
  • KYC済みハードウェアウォレットを提供
  • 取引所取引には未対応(対応予定)

現時点では魅力に欠けるSBIバーチャルカレンシーズですが、ネット証券No.1のSBIグループ傘下ということもあり将来的な期待度はとても大きいと言えます。Cool X WalletというKYC済みのハードウェアウォレットを顧客に提供しており、とくに短期的な売買が目的ではないのであればセキュリティ(安全性)と将来性の観点からSBIバーチャルカレンシーズを選択するメリットは大きいと言えます。

 

GMOコイン

GMOコインは東証1部上場のGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨取引所です。あまり知られていませんが、GMOコインは XRP のFX取引を行うことができるのが特徴です。

GMOコインには次のような特徴があります。

  • 東証1部上場のGMOインターネットグループ傘下
  • XRPのFX取引サービスを提供(レバレッジ5倍まで)
  • 仮想通貨の入出金に対応(1日の出金制限あり)

【画像3】GMOコインのFX取引画面

注意が必要なところは、GMOコインでは1日あたりの最大売買数量(40,000 XRP/日)が設けられており、購入数量と売却数量が相殺された後のネット取引数量が40,000XRPを超えると新規の注文が出来なくなってしまいます。また、仮想通貨の入出金に関しても1日あたりの最大出金数量を超えて出金することが出来ません。そのため、不用意に他の取引所からGMOコインに仮想通貨を移動してしまうと出金が出来なくなって困る場合があります。

 

取引所を利用する際の注意事項

2段階認証を設定する

2段階認証とは、IDとパスワードに加えてセキュリティコードを確認することで、より安全にログインや取引を行うための仕組みです。仮にハッカーにIDとパスワードを盗まれてしまったとしても、ハッカーが2段階認証のセキュリティコードを知ることができなければログインや出金などの操作をすることは出来ません。

取引所のセキュリティを過信しない

取引所のセキュリティを過信して取引所に仮想通貨を置いたままにしておくと、マウントゴックスやコインチェックなどの事件のように、ハッカーに仮想通貨を盗まれてしまう可能性があります。仮想通貨の保管にはペーパーウォレットなどのコールドウォレット(ネットワークに繋がっていないウォレット)を利用するか、取引所に仮想通貨を保管する場合でも取引所が仮想通貨の保管にコールドウォレットを利用しているか確認しましょう。

cc_banner_728x90