【ビギナーシリーズ】第4回 暗号通貨XRPの値上がりが期待出来る理由

ビギナーシリーズ1)このビギナーシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしてますのでご了承下さい。 第4回の今回はリップルネットワークの暗号通貨XRPの値上がりが期待出来る理由ついて説明します。本記事はXRPの価値が絶対上がることを保障する内容ではないので、ご承知下さい。

実はほとんどの内容はビギナーシリーズの第三回で述べているのですが、表現などを変えながら再度説明していきたいと思います。また、難しい用語で詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

リンク:リップルのXRPが将来的に値上がりする(かもしれない)ワケとは?

私が考えているXRPの値上がりが期待される一番の理由を簡単に一言でまとめると、

「リップルネットワークが普及して、XRPを経由してお金(価値)を送る人が多くなればなるほど、常にXRPを持たなければいけない人が増えてくる。」

です。XRPは中間通貨を前提として作られており、  例えば、日本からアメリカに送金する時にJPY→USDを橋渡しをします。つまり、JPY→XRP→USDという流れになります。ちなみに、ここで良く「JPYからXRPに変えた次の瞬間にXRPをUSDに変えてるので、XRPは無価値なのではないか(買われた瞬間に売られてる)」という疑問を聞きます。なかなかややこしいので、そのような疑問を持つ気持ちは分かるのですが、常にJPY(もしくはUSD)とXRPを交換してくれる交換屋さんの存在を忘れてはいけません。この交換屋さんは、XRPをJPYやUSDと交換することで生計を立てていますが、最低でも交換に使うXRPを常に保有していなければいけないです。大事なことなので、もう一度言います。交換屋さんがXRPを持ち続けなければいけないのです。交換屋さんなのにXRPを品切れにちゃまずいですよね。

ちなみに、この交換屋さんをマーケットメーカーと呼ぶのですが、難しい用語は無しという(勝手な)お約束なので、興味があれば私のブログを漁ってみて下さい 笑。

「XRPを経由して送金する人が増える」、つまり「交換屋さんを利用する人が増える」と、交換屋さんは多くのXRPを在庫として持つので、XRPの需要が増えていくということです。JPY→USDのような直接ではなく、XRPを経由して送金したほうが良い理由に疑問を持つ人もいると思いますが、それはまたの機会に説明したいと思います。

ちなみにXRPが値上がる理由として「送金手数料にXRPが使われて、XRPの総量が徐々に減っていくから、値上がる」だと思われている方もいるかもしれませんが、私は違うと思います。リップル社は 「送金手数料に使われるXRPは、なるべくタダにしたい」と思っています。なぜかというと、リップル社は、LINEでメッセージを送り合う感覚で、お金を送り合える世の中を作ることを目標にしていますので。

理想論なので、実際上記のように動くのかは分かりませんが、皆様のご理解のお役に立てればと思います。

それでは、今日はこれにて。

出典・脚注   [ + ]

1. このビギナーシリーズでは、難しい事を正確にというよりは、分かりやすさを優先に書くようにしてますのでご了承下さい。