Coilとは

BITPOINT

Coilとは

Coil(コイル)は ILP の考案者で元リップル社CTOのステファン・トーマスイヴァン・シュワルツ、リップル社共同創業者のクリス・ラーセン等によって設立された会社です。同社はリップル社が設立した XRP Ledger を積極的に活用するスタートアップへの支援を行う Xpringコンソーシアムのメンバーであり、ILP で XRP Ledger を活用するためのシステム開発を行っています。Coil にはCobaltアルゴリズムの考案者のイーサン・マクブローベン・シャラファン等も参画しています。彼らは XRP Ledger と ILP の他に、Codius(コーディアス)と呼ばれるオープンソーススマートコントラクトの技術開発にも携わっています。

Coil はウェブ・マネタイゼーションのプラットフォームで、Coil を利用することで YouTube や Twitch のユーザーだけでなく Wikipedia や archive.org への寄付ができるようになります。寄付に対応するサービスは今後も増えていく予定です。この仕組みには ILP が利用されており、寄付をする人がウェブサイトを訪問している間、Coil を導入しているウェブサイトやユーザーにストリーミングペイメントが行われます。例えば、あなたが YouTube の動画を閲覧している間、動画を配信しているユーザーに小額の寄付が行われます。この仕組みを利用することで、従来の広告に頼ることなくクリエイターはウェブ上でサービスを提供することが可能になります。

Coil に関するより詳しい情報は公式サイトの FAQ を参照してください。

 

Coil と XRP TipBot を利用したマネタイズサイトを作る方法

Coil と XRP TipBot を利用して ILP の Web Monetization に対応したウェブサイトを作ることが出来ます。

1.XRP TipBotにツイッターアカウントでログインする

ツイッターにログインした状態で XRP TipBot のログインページにアクセスして、ツイッターIDでログインします。

2.XRP TipBotの”Deposit”ページに移動して ILP を選択します

すると ILP Payment Pointer が取得できます

<参考>XRP Tip Bot – Payment Pointer

3.Coil のウェブサイトでアカウントを作成します

Coil のウェブサイトにアクセスしてサインアップページからアカウントを作成します。

アカウントを作成するとクレジットカード番号を入力する画面が表示されます。Coil を利用して寄付をする場合は Payment Handler を取得するためにクレジットカード情報を登録します。クレジットカード情報を登録すると毎月末に5ドルの利用料が請求されます。Payment Handlerを取得すると、アクセス先のウェブサイトに1秒間に 100 drops(100マイクロXRP)が ILP のストリーミングペイメントで寄付されます。2018年9月16日現在、YouTube や Twitch のユーザーや Wikipedia、archive.org に XRP の寄付を行うことが出来ます。Coil をサポートするウェブサイトは今後も増える予定です。(Ripple総合まとめも Coil をサポートしています。)

※クレジットカード情報の登録は寄付を行う場合に必要なもので、ウェブサイトで XRP の寄付を受けるクリエイターはクレジットカード情報の登録は必須ではありません。

登録が完了すると上図のように Waitlist(待ちリスト)に登録されたというメッセージが表示されるので、登録したメールアドレスに後日 Invite Code(招待コード)が送られてくるのを待ちます。

4.Coil のアカウントに Payment Pointer を設定する

Coil のアカウント設定から XRP TipBot で取得した ILP Payment Pointer を設定します。

Payment Pointerを設定すると、同じ画面の Web Monetized Sites に JavaScript が生成されます。

5.生成されたJavaScriptをブログのヘッダーに挿入する

最後に先ほど生成した Java Script を WordPress などのブログのヘッダーに挿入します。

コードはエディターや WordPress のプラグインで<head></head>タグの間に挿入してください。

BITPOINT